エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

なぜ小説なのか - Why the novel

作者からの一言コメント

自分と向き合ったテキスト。

なんで小説を書くのだろうね。 どうして小説なんだろうね。 自分の中でそんな疑問が、身を焼くように煮えたぎる。 このため、書いた次第です。 どうぞ、いかようにも。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 なぜ小説なのか - Why the novel
作者名 真里谷
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ノベプラオンリー エッセイ 随筆 思うがままに
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月18日 21時55分
最終投稿日 2020年5月18日 21時56分
文字数 1,228文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 古代巫女巫女活劇!

    ♡3,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・150話・787,812字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    ――こんな筈じゃなかったのに。 初仕事を終えた娘は守護霊の説教を頭に浴びつつ、破れた服を縫いながらぼやいた。 彼女は元は温かな隠れ里で家族と共に里を切り盛りする優しく働き者の娘だった。 ところがある日、里は黒い衣を纏った術師集団に襲われ、滅ぼされてしまう。 唯一人生き残った娘は、里の守護霊に巫女としての天才的な才能を見いだされ、里を滅ぼした者達への復讐を命じられる。 巫女と成った娘は持ち前の優しさを振り撒き、旅の道中に村々を助けながら、守護霊と共に復讐を目指す漂泊の旅を行う。 出逢い別れる巫覡や神々。そして、鬼。彼等と時に分かり合い、時に術を向け合いながら運命の糸を紡いでゆく。 神が佑(サキ)わい、巫覡(フゲキ)寿(コトホ)ぐ時代。 古代日本を舞台とした神と巫女の活劇物語。 果たして彼女は、己の生に本当の安らぎを取り戻す事が出来るのであろうか?

  • 更新の報告や日記みたいな……。

    ♡2,600

    〇0

    ブログ/活動報告・連載中・10話・2,157字 衣川小町(きぬがわ・こまち)

    2020年11月28日更新

    更新の報告や日記みたいなことを書いていきたいです。

    タグ:

    ほのぼの

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る