恋愛/ラブコメ 短編集 連載中

140字小説まとめ

作者からの一言コメント

気に入ってるものやいいねが多いものだけ

読了目安時間:1分

140字で完結する物語です!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 140字小説まとめ
作者名 ソメイヨシノ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 男主人公 日常 百合 恋愛 140字
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年4月15日 19時45分
最終投稿日 2021年8月24日 9時00分
完結日 -
文字数 699文字
読了目安時間 1分
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 10件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • かっこかわいいが逆な2人

    サイバーチックな世界のお話です

    700

    0


    2021年9月29日更新

    現実世界から落ちてくるデータで形成される世界『デジタル』 人とよく似た生命、デジタルヒューマンは落ちてくるデータを利用し、独自の発展を遂げた。 デジタルヒューマンにはゼロとイチと呼ばれる運命の相手が存在し、互いの思考は手に取るようにわかり、趣味や好きなものは同じという理想的なパートナーが、生まれた瞬間に決定される。代わりにゼロとイチを失った者は下層へと落とされ、物好きがいなければ下層で消えるのを待つ生活を強いられる。 デジタルは白い簡素な四角い建物のみで構成された円形の街が上層と下層に分かれ、エレベーターで繋がれている。上層はゼロとイチのいる者が住み、下層はゼロとイチを失った者が住む。上層は毎日が晴れ、下層は毎日雨が降る。 主人公カペルはゼロとイチを失った。2年経つ間も、失ってしまったゼロとイチの思い出を考えては後悔と悲嘆に暮れる日々。 いつものように雨の中、散歩をしていたある日、燕尾服を着た麗人、ヴィネガと出会う。 話を聞くとどうやら探している人がいるらしく、ひょんなことから手伝うことになったカペル。 カワイイと言われ顔をしかめるも、傘を忘れずぶ濡れのヴィネガを放っておくこともできず、家に上げることに。 詳しい話を聞いてみると、探している人はヴィネガのゼロとイチらしく ? かっこいいと言われたいカワイイ男性カペルと、カワイイと言われたいかっこいい女性ヴィネガのちょっと変わったサイバーチック世界恋愛。

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 恋愛マスターになってしまいました。

    恋愛ラブコメの皮を被った“何か”

    114,000

    330


    2021年9月29日更新

    恋愛経験ゼロなのに、いつの間にか校内中で「恋愛マスター」として有名になってしまっていた。 そして恋愛相談に来る生徒が次々に。 俺だってそんな青春を送りたいのにッ! こうなったら崩壊・破滅狙いでひどいアドバイスをしてやる! のはずがどうしてか毎回成功してしまうのであった。なんでだよ。 更には助手志望の美少女まで現れて……。 何故か異常なまでの慕い方にちょっとドキッとしてしまったり? 何故か無条件で慕ってくる無口な美少女助手と、訪れる恋愛相談を破滅へ導こうとする主人公の、凸凹コンビが繰り広げる歪んだラブコメ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間54分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋に恋せよ恋愛探偵!

    ドタバタ恋愛ミステリー開幕

    1,600

    0


    2021年9月28日更新

    県内一の生徒数を誇る超マンモス高校、私立晴嵐学園。 基本拘束は自由! 髪型も服装も自由。学園長が入学式の挨拶で「法に触れなければ何してもいいよ」とのたまうほど自由が売りの学園。しかしそんな晴嵐学園にも唯一厳格な校則が存在する。 それは生徒の「無断恋愛禁止」 世にも珍しい恋愛許可性の学園で、人様の恋愛ごとに首を突っ込むのが大好きな学園一の変人と呼ばれる残念美少女、桐花 咲。 そしてそんな彼女に巻き込まれた学園一の不良と呼ばれる主人公、吉岡アツシ。 「恋の悩みは全て、この恋愛探偵桐花咲にお任せあれです!」 今日も今日とて2人は学園を駆け回る。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 才能〜才なき者非ず〜

    よろしくお願いします

    3,500

    0


    2021年9月6日更新

    才能が無い人は本当にいるのか、あくまで、適正の問題では無いのか。 そんなことを思い作りました。 以下あらすじ ただただ平和な退屈な日常、これがずっと続くと思っていた、とある事件が起きるまでは。 主人公を取り巻く環境が平和な日常から徐々に変わっていき、それに伴い分かってくる主人公の持つ才能、そしてそれを利用する人々。 更に他の才能を持つ者達、主人公の才能が起爆剤として目まぐるしく変わる状況、才能とは何なのかそれを考える物語。

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む