詩/短歌 短編集 連載中

色の詩集

作者からの一言コメント

色に感動した時にぼちぼち書いていきます

読了目安時間:1分以内

五感の中で脳に一番情報を与えると言われている「視覚」。その中でも「色」については実に様々に感じるものがあると私は思っています。 「色」を詩に落とし込むことで感覚が研ぎ澄まされ、いろいろな「色」を見ることがもっと楽しくなる。日本人の感じる「色」の感覚の面白さをもっと知れる。そんな詩を書いていけたらいいなと。

前へ

次へ

  • 知っている色
  • 投稿日2021/1/26 20:17 文字数109文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 色の詩集
作者名 森の子犬
ジャンル 詩/短歌
タグ 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月26日 20時17分
最終投稿日 2021年1月26日 20時18分
完結日 -
文字数 109文字
読了目安時間 1分以内
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • じぃじのめがね

    ほっこりしてもらえたら…

    8,600

    0


    2021年5月15日更新

    絵本の原稿として構想していたものです。 めがねの目線でご主人様との絆を描きました。 1分で読める短編です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る