小説の技術を向上させる話

読了目安時間:1分以内

エピソード:4 / 20

キャラの作り方 1

キャラを作る際には次の重要な設定があります。 * キャラの目標 * 目標を達成できなかったときの代償(世界の破滅など) * キャラの、始まりから終わりにかけての変化(弱点の克服、パワーアップなど) これらがキャラを動かし物語を進めます。 目標は早い段階で読者に伝えることで「達成できるかな?」という興味を産みます。 代償がキャラにとって大きいと話全体の緊張感が高まり、読者を引き付けます。 キャラの変化は、読み終わったときに感じる満足感になります。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 物書きの備忘録

    間違えやすい言葉を書き残していきます

    497,605

    2,002


    2022年8月16日更新

    異字同訓、重言、誤字誤用は自覚しているよりも沢山あったりします。 自分が良く間違えたり、ややこしいと思う言葉の備忘録。 自戒の為に書き留めておきます。 【サブタイの★に関して】 特に普段使いで間違えてそうなモノに付けておく事にします。 【更新情報】 月曜~金曜、朝と夜の二回更新

    読了目安時間:3時間52分

    この作品を読む

  • くるみあるくは来る、見る、歩く

    沖縄ってこんなところです(まじか)

    68,450

    320


    2022年8月16日更新

    こんにちはー。 フォロワーのすきづきんさんから「沖縄についてのエッセイみたいなの書くといいかもしれない」というようなお話があったので書きます。どこまで読者さまの期待に沿えるか、よくわかりません。ご要望をコメントなどに書いていただけたら、あるいはお答えできるかもしれません。 最高位 総合日間14位 ジャンル別日間1位(ありがとうございます♪)週間2位、月間3位。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 世界の平和より自分の平和

    神の子(超不器用)と愉快(?)な仲間たち

    333,450

    930


    2022年8月13日更新

    (物理的に)不器用な神様の子とその周囲の人々がわちゃわちゃする、90年代ライトノベル風味の現代ダークファンタジー。 スプラッタや、稀に同性愛表現が含まれます。 ****** 人間の両親と聖獣“朱雀”のミトコンドリア置換で生まれた『試験管ベイビー』の主人公、翔。そんな彼は不器用で、能力の扱いはイマイチ。痛覚が鈍く、しかし痛いのが大好きで、自傷癖持ち。一番の友だちは、百舌鳥の寒太。 ふわふわの薄栗色の髪の毛には太いアホ毛。とても目立つワインレッドの眼は、いつも眠そう。顔付きは可愛くもなければ、男前でもない。 特性だらけのモブ。 成り行きで婚約者となった未来の嫁は魔女らしく、超絶美人な日本×ドイツのハーフ。その嫁の使い魔は、自分が殺してしまった父親。 だが、翔は婚約者がどうも苦手だったりする。 そんな彼らに忍び寄る、他組織の影。 時に爆発を起こし、時に自分を刺したりしながら、家庭内や、自らが所属している組織内でマイペースに成長していく。……のかもしれない。そんな話。 ================ ☆小説家になろうからの転載 ☆週1~2回更新 ☆ブックマーク、感想、スタンプなど頂けると踊って喜びます!(ただし、作者はおぼろ豆腐のようなメンタルの持ち主です) ☆挿し絵も自作 『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』(完結済)の、ちょうど二年前の話(『ウサギ印』の親的なお話)になります。 (連載開始は『ウサギ印』より早かったのです……) キャラ多過ぎ! をコンセプトに書いてるお祭り小説なので、キャラが多いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間45分

    この作品を読む

  • 第三のローマ ~ テルティウス=ローマ

    アンカラの戦いをめぐる物語

    16,300

    101


    2022年8月16日更新

    時は十五世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の『稲妻』とも称されるスルタンバヤジットと、暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムールの対決。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む