恋愛/ラブコメ 長編 連載中

彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよ

作者からの一言コメント

捨てられた君を僕がずっと愛してあげるよ

彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよの表紙

「貴様のような下賤な魔女が、のうのうと我が妻の座を狙い画策するなど! 恥を知れ」  味方のない夜会で、婚約者に罵られた少女は涙を零す。その予想を覆し、彼女は毅然と顔をあげた。残虐皇帝の名で知られるエリクはその横顔に見惚れる。  欲しい――理性ではなく感情で心が埋め尽くされた。愚かな王太子からこの子を奪って、傷ついた心を癒したい。僕だけを見て、僕の声だけ聞いて、僕への愛だけ口にしてくれたら……。  僕は君が溺れるほど愛し、僕なしで生きられないようにしたい。  明かされた暗い過去も痛みも思い出も、僕がすべて癒してあげよう。さあ、この手に堕ちておいで。  脅すように連れ去られたトリシャが魔女と呼ばれる理由――溺愛される少女は徐々に心を開いていく。愛しいエリク、残酷で無慈悲だけど私だけに優しいあなた……手を離さないで。  ヤンデレに愛される魔女は幸せを掴む。 【表紙イラスト】しょうが様(https://www.pixiv.net/users/291264) ※メリバ展開はありません。ハッピーエンド確定です。 【同時掲載】アルファポリス、小説家になろう、エブリスタ、カクヨム、ノベルアップ+、ノベルバ

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよ
作者名 綾雅(りょうが)
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ HJ大賞2020後期 男主人公 ハッピーエンド ざまぁ要素あり 溺愛 ヤンデレ 魔女
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月20日 0時09分
最終投稿日 2021年2月27日 21時18分
完結日 -
文字数 58,148文字
ブックマーク登録 11件
コメント 0件
スタンプ 24件
ビビッと 0件
応援ポイント 55,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年2月28日更新

    「あの、もう少しだけ、お願いします……」 朝宮万莉(あさみやまり)は、頭を撫でて欲しいと、高校入学後、目立たないように過ごしていた竹居卓也(たけいたくや)に願った。 彼女はハーフアップの似合うお嬢様で、人を寄せ付けない冷たい性格をしていると、学校内でもっぱらの噂だ。 朝宮は生徒たちからクールなお嬢様と称されているはずだが……。 彼女は動揺したり天然や甘える様子は竹居にだけ見せる。 竹居は過去にテレビに出たことがあるほど才能があるサックスの奏者だった。 楽器を二人でやっていく上で、竹居の幼なじみの暁星恵利(あけぼしえり)も他校から練習に参加するようになる。 お嬢様との出会いが、竹居の世界を変えていく……。

  • 付き合ってる?いいえ、付き合ってません。

    ♡15,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・90話・68,817字 尿路結石

    2021年2月28日更新

    鳥谷部オウカ:高校二年、男子。フツメン。そこそこモテる。 花野木アスカ:高校二年、女子。美少女。めっちゃモテる。オウカに限り下ネタOK。 二人は家もお隣同士の、幼稚園からの幼馴染である。 「ねぇ、オウカ」 「なんだ、アスカ」 「私、今日告白された」 「マジで? 誰にさ?」 「サッカー部の野田先輩。主将やってる」 「なに、告白って? お前の靴を隠したのは実は俺なんだとか言われたの?」 「なんでそうなるのよ。愛の告白よ。好きだって言われたの」 「愛してるじゃなくて好きなら、好意の告白では?」 「あげ足とらないでよ。どうしよっかなって。付き合おうかな?」 「好きなの?」 「別に好きじゃないけど、男子と付き合ったこと無いし」 「なら止めとけば? 評判悪いよあの先輩」 「どう悪いの?」 「……イケメン」 「それ良い評判じゃないの?」 「あとはほら、サッカーが上手いとか」 「それも誉め言葉じゃん」 「……」 「嫌なの? 私が先輩と付き合うの?」 「……別に」 「そう、じゃあ付き合うの止めるわ」 「……俺は別に」 「あーあー、いつになったらオウカは幼馴染離れしてくれるのかしらねー」 「……アスカこそ、いつになったら放課後に直で俺の部屋来るの止めるんだよ」 「来なかったら、寂しい癖に」 「そっちこそ」 ……これは、どう見ても付き合ってるのに付き合ってないと言い張る幼馴染男女の、傍から見たらイチャついているだけの日常会話を、ただただ記す物語である。 ※カクヨム様、小説家になろう様にも掲載してます