連載中 短編集

超能力系女子のそれなりな日常

作者からの一言コメント

超能力系女子がてきとーに過ごします

超能力を使える系の女の子達が超能力を使ったり使わなかったりしながらのんびり暮らしています。 あんまり重たくないすっきり爽やか系のお話を目指したいと思います。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 超能力系女子のそれなりな日常
作者名 すすき
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの アクション/バトル コメディ 女主人公 現代日本 学園 日常 異能 ノベプラオンリー 百合 ヒロイン多数
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月8日 5時50分
最終投稿日 2020年7月3日 6時10分
文字数 111,266文字
ブックマーク登録 59件
コメント/スタンプ 474件
応援ポイント 117,857pt
ノベラポイント 493pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少年レンは異世界生活を楽しむ!

    ♡93,501

    〇11,450

    異世界ファンタジー・連載中・44話 ネコカレー

    2020年7月1日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる。 転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムの「レム」メイドの「ミュウ」ギルドマスターの「セレナ」と共にギルド結成 レンはレベルアップして召喚石で召喚獣の「ライ」と「アンジュ」をサモン!そしてなんとスキルで人の姿に変身!? この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! ジャンル異世界ファンタジーランキング 2位を獲得しました!

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡374,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 毎週金曜日投稿予定です!

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 ぽてち

    2020年7月3日更新

    音の色が見えたり、物の形が音でわかるという特殊能力を持った少年、共村覚は同じく特殊能力を持った少女、川面百合と出会い、特殊能力を持った者達が集まる謎の集団へと加入させられてしまう。

  • 彼女が泣いた。泣かせたのは世界だ

    ♡1,800

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話 不適合作家エコー

    2020年7月3日更新

    魔王の従者ー本編 魔物化という病から差別された彼女を想い彼のとった行動は? 主題歌ーTwitter固定にてあり。 @echo_novel HP……工事中。執筆済み範囲公開後に表示予定です。 魔物化とは? 人体の一部が人間大の他生物に置き換わる謎の病。 感染するという風評がある。魔物化した者は人間である頃の性格や理性を保つが頭部が魔物化した場合、魔物化した他生物の行動を行ってしまい、人口の密集した施設で突然起きた頭部の魔物化によって死傷者が出る事件も発生、そういった凄惨な事件が主な原因となり魔物化した者は人外として扱われるに至った。 魔物化被害者とは? 魔物化被害者達が提示した魔物化した人間の呼び名だが、あまり浸透はしていない。 魔物化被害者は感染の風評から強い差別を受け、様々な思惑もあり人外とみなされる。 勇者とは? 魔物化被害者の駆除を名乗り出た人間の総称。 魔物化被害者は人外の為、魔物化被害者の殺害は罪とならないが、武器の使用は銃刀法に該当しない範疇とされる。基本収益は駆除依頼料、個人への募金によって活動する者も多く、人気取りの為の外見をした者も多い。