Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

テンプレバスター!ー異世界転生? 悪役令嬢? 聖女召喚? もう慣れた。クラス転移も俺(私)がどうにかして見せます!

読了目安時間:22分

第3話 樹ー通学路とキャラ紹介とクラス転移

朝の通学路。 夢で大冒険をするにしても、俺と由依は中学生。 学生さんなのだ。 「でさ、やっぱり憑依が一番楽なわけよ。無茶出来るし。」 「まあ、わからなくもない。最近になると、もう俺は自分自身が主人公だと物語の攻略に本気になれない」 「あ、それわかるかも。私は他人のハッピーエンド見るの好き」 一般人には全然わからない話をしながら、2人で登校するのは、毎日の日課だ。 「あ、俊平ちゃんだ!」 「ん? 本当だ。後ろからこっそり佐之助が近づいてるが?」 そんな通学路で、身の丈に合わない学生服を着て、学生カバンをえっちらおっちらと重そうに両手で抱えて歩いている男の子。 彼は同じクラスの緑川俊平。 中学生にもなって、あろうことかクラスメイトの誰よりも身長が小さい学校のマスコット。 そして、その後ろから、なにやらイタズラをしようとしている佐之助。佐之助は樹と由依に気づいたようだが、唇に人差し指を立ててジェスチャーする。 いいだろう。俺と由依もこっそりと俊平の背後につく。 「俊平!」  ひょいっ 「ぴゃ―――!!」  突然、腋から手を突っ込まれて持ち上げられ、俊平は情けない悲鳴を上げる  おそるおそる振り返ると、そこにいたのは 「佐之助! 樹くんと由依ちゃんも!」 「ようっ」 「おっす」 「おはよー」  まあ当然、俊平の友人。エロガッパの西村佐之助。  彼は写真部に所属するカメラマン。女子のキワドイ写真を撮るために粉骨砕身している猛者である。  そんな彼は俊平とは小学生時代からの幼馴染であり、親友らしい。 「相変わらず軽いな!30kgもないんじゃないか?」  ひょいひょいと俊平の身体を上下に上げ下げしながら佐之助はケラケラと笑う。 「あ、あるよ! ………四捨五入したら」 「四捨五入しないといけないのかよ。」  そういって俊平を肩車する佐之助。佐之助の身長は160cmと中肉中背だが、その軽すぎる体重に納得できるほどの低身長である俊平なら全く苦にならずに肩車をする事が可能だったようだ  俊平も複雑そうに佐之助の頭に腕を回して落ちないようにする  俊平にとっても、この年になって肩車というのは、存外に恥ずかしいものであった  しかし、悲しいことにお子様体型である俊平にはこれ以上ないほど似合っていた 「それで? 佐之助はなんで朝っぱらから僕のところに肩車しにきたの? いっしょに登校なんてガラじゃないでしょ? 樹くんと由依ちゃんはおはよう。」  自分がお子様体型なことはもう仕方のないことだも諦め、佐之助がなぜここにきたのかを問う。 「おうよ。お宝画像を手に入れたから、ちょっくらお前さんにもお裾分けをと思ってな。ほら、修学旅行が近いだろう? 写真の整理をしていたら出てきたっぜぃ!」  そう言って懐から人差し指と中指で挟んでシュビッ! と3枚の写真を取り出すと、頭の上の俊平に一枚差し出した 「これ? ぶーっ!」  そこにあったのは、空手部大将、百地瑠々(ももちるる)のお着替えシーンであった  俊平はたまらずに写真を見た瞬間に顔を真っ赤にして吹き出してしまった 「この変態! いつか捕まってしまえ!」  佐之助の肩の上からポカポカと頭を殴る俊平。しかし悲しいかな、全然威力が無いのである。 「わー! 待て待て! これは百地が無防備すぎるせいだ! 決して盗撮じゃない! よく見ろ! 道場の中で着替える奴があるか! 緩んだ胴着で汗を拭いてるだけだっぜぃ!」 「でもこっそり撮ったんでしょ?」  この状況をこっそり撮ること自体、盗撮ではなかろうか。  俊平はジト目で佐之助を見下ろすと 「おうともさ! 逃げる、隠れる、騙くらかすにおいて俺っちに勝てるやつはそうそういないっぜぃ!」  なんとも自信満々な答えが返ってきた  それを盗撮と言わずになんという。 「うーわ。キモー。」 「おまわりさんこいつです!」 由依と俊平がドン引きするのも当然だろう。 「容疑はその辺の下級生に被せてきたよん。だから俺っちってばすでに表面上は無実なんだわ」  なんとも用意周到な返しに俊平も呆れ気味だ。 「エロは死んで治したほうがいいかもね」 「バカ言え。エロは死んでもエロだっぜぃ!  んで、もう一枚の写真がコレだ。」  呆れたため息を漏らす俊平。エロは死んでも治らないらしい。  性懲りもなく、二枚目、三枚目の写真を頭上に掲げ、俊平に手渡した。  手渡された物はなんとなく掴んで目を通してしまうわけで、興味が全くない、というわけではないことがわかり、佐之助も「やっぱり俊平も男なんだなぁ」と若干ニヤケ顔だ。 「うん? 樹くん? 男の子が被写体って珍しいね。こっちは由依ちゃん。」 「ん? 由依写真?」 「タツルの写真? 見せて!」 俊平に渡したのはどうやら俺と由依の写真らしい。 しかし、肩車中の俊平の手のなかにある写真は見ることができない! なんということだ、気になる! 「おおっと、しまった。こっちは売るようだった。」 ババっと俊平が持つ写真を回収する 「売る用ってなによ!?売買してんのかよ!?」 「変な写真撮ってんじゃねーだろーな!」 「安心しろ、クラスメイト全員の写真、男女ともに平等に売ってるっぜぃ。」 ニヤリと笑う佐之助。 そんなエロガッパの誘惑に、なろうテンプレを消化し続ける無敵の彼らがのせられるわけが 「由依の」 「タツルの」 「「写真を売ってください」」 「………まいどあり」 のせられてしまった。 異世界でなろうテンプレを軽々と消化する俺と由依だが、同級生の手のひらの上ではコロコロとよく転がるのだ。 夢とは違い、現実はままならない。 お、この由依あくびしてんじゃん。かわー。 「ダメだよ佐之助。盗撮した写真で売買したら。」 「いーのいーの。あの2人はこっちが胸焼けするほどラブラブだっぜい。本人は付き合ってないとか言ってるけど。お得意様は大事にするっぜぃ。」 「そうなんだぁ。」 「俊平はもっとエロに興味を持ったほうがいいっぜぃ! だから毛も生えないし精通もしてないんだよ。ほい、水泳部の巨乳ちゃん、岡野真澄のおっぱいドアップ写真だ。俊平も男だ。こっちのほうが好きだろう?」 「いらないよ! それに余計なお世話だよぉ」  ズビシッと佐之助の頭にチョップをかまし、写真を元に戻させる  小さな声で「毛も生えない………うぅ」と肩を落としていたことは心の(エロ)い佐之助はスルーしてあげることにした。それが親友の優しさである。 まったくもう。と佐之助の肩の上で一通りプンスコした俊平は、いらん世話を焼く友人に若干の苛立ちを覚える 「で、最後の一枚がアニメ研究部、田中花音のパン―――」 「興味深い話をしているな。話しを聞かせては貰えないか。なあ、西村。それに緑川。」  ややハスキーな声がまたも背後から聞こえ、ビクリと肩を揺らす佐之助と俊平。 互いの写真を見せ合って「よく撮れているな」「撮影の技術すごいわね」などと言っていた由依と俺もその声に反応してそちらを向く。  佐之助と俊平は二人そろって恐る恐る振り返ると 「げぇ! 百地!!」 「瑠々ちゃん………」  そこに居たのは、先ほど話題に上がった空手部の大将。百地瑠々であった。 「それで? その写真には何が映っているんだ? 答えてくれないか、西村。『パン――』の後は何が入るのだ? んん?」  ずいっと整った顔を寄せて責めるような視線を佐之助に突き刺す。  その視線光線に大量の冷や汗を流す佐之助。  彼が手元の写真には、百地瑠々のへそチラ画像と岡野真澄のおっぱいドアップ画像と田中花音のパンチラ画像が握られているのだ。  言い逃れは出来ない。 (さらば佐之助、キミのことは忘れないよ。フォーエバー南無。)  と心の中で念仏を唱えるのはもちろん俺。 (ただ、俺だけは巻き込まないでくれよ!) 由依と一緒に佐之助から距離を取る。 佐之助に肩車されている俊平が不憫でならない。 「こ、この写真は、パンダの写真だっぜぃ! いやぁ、この前動物園に行った時に撮ったんだよなぁ。『珍珍(ちんちん)』ってなまえだったっぜぃ! リピートアフタミー、『(ちん)ち―――」  ――― ブゥン!!  瞬間、百地瑠々の身体が一気に間合いを詰めた。  俊平と佐之助の眼には彼女がブレたようにしか見えたかった。  ブレたと思ったその時には、すでに彼女の左の上段回し蹴りが佐之助のこめかみまであと1㎝というところで停止していた 「ぴゃ―――!!」 「ぎゃ―――!!」  遅れて俊平の太ももと佐之助の髪の毛を風が撫でる。  一撃で死にかねない威力のその蹴りと技術を見て、何とも言えない恐怖に支配された俊平と佐之助は、情けない悲鳴を上げながらその場を動くこともできずに硬直したままガクガクと震えるという器用なことをしていた。 「嘘こけボケナス。そんな名前のパンダが居てたまるか。そしてさりげなく言わせようとするな!」  そういって佐之助の震える左手から二枚の写真をひったくってしまった瑠々。 (佐之助、死んだかな?)  と俺が思った、まさにその時、佐之助は右手でスマホの無音カメラ(犯罪じゃねーか)を起動していたのが夢の中とはいえ勇者の経験がある樹の動体視力に映った。  無音カメラの撮影は終わっていたのか、撮った後の画像が表示されており、そこに映っていたのは―――先ほどの回し蹴りの際に舞った、スカートの中身だった。 「………。」  佐之助は、どんな状況でも歪みなかった。  ちなみに、ピンクの水玉だった。  なにがとは言わない。 「………む、本当にパンダの画像だと!? いつの間にすり替えたのだ………」  そしてさらに手に持っていた写真は、本物のパンダの写真にすり替えられており、佐之助を摘発する証拠としては完全に成り立たないものであった  ―――逃げる、隠れる、騙くらかすに置いて、俺っちに勝るヤツは居ないっぜぃ!  そのスキルをもっと有意義なことに使えれば、なろうテンプレでも有用なスキルなのにな。と、樹は心の中で思った。 「じ、じゃあ俺っちは社交ダンスのお稽古があるからお先に失礼させてもらうっぜぃ!」 「うひゃっ!? 今から学校だよぉ!?」 「おっと!?」  佐之助は俊平を肩の上からぺいっと瑠々に向かって放り投げ、漫画のような逃走をしてこの場から離脱した 「………。」 「………。」  取り残された瑠々と、彼女にお姫様抱っこされた俊平は気まずそうに顔を見合わせ、 「「………はぁ」」  同時にため息を漏らした。 「なんかごめんね、瑠々ちゃん。」 「………犯人はアイツしかいないのだが、こうも巻かれては仕方がない。聞くとは思えんが、緑川からも今後はやめるように言っといてくれ。」  佐之助の行動に呆れて頭を手で押さえながらも、一応その友人である俊平に佐之助の行動を諫めるように提言する。  空手部の大将ということで身長も高く顔も整ってはいるがその凛々しい姿に周りの生徒には近寄りがたいオーラを発している瑠々。それゆえに3歳は………いや、もしかしたらそれ以上に年下に見えるこの小さな少年に名前で呼ばれて『ちゃん』付けまでされてしまうと何とも言えないむずがゆさが背中を走る。  ただ、本人がそう言う性格だというのは同じクラスになってからのひと月でよく知っているし、不快ではないため、口には出さない。 「うん。聞いてくれるとは思えないけど、僕からも言っておくよ。」 「助かる。」  俊平も、エロに生きる彼がその行動を止めるとは思ってはいないが、それで被害を受ける子も現にここにいるわけだし、注意くらいはしておこうと思っていた。 「時に緑川」 「なに?」 「最近縁子と仲がいいらしいな」  唐突な話題転換に少し戸惑う俊平だが、いつまでも女の子とエロガッパの話を続けているわけにもいかないと、すぐに話題転換に乗ることにした 「ん、んー。そう、なのかな? 自分じゃよくわからないけど、最近はたしかに縁子ちゃんが僕に話しかけてくれるね。」 「そうなのか?由依。」 「確かに、俊平ちゃんとユカリコが一緒にいるのよく見るかも。俊平ちゃん、かわいいからユカリコもほっとかないんだよぉ!」   縁子、とは、北条縁子。 生徒会副会長を務める女の子だ。 美人で人当たりも良く、学校のマドンナ、天使とも言われている。  そんな彼女がどういう意図で俊平に話しかけているのかはわからないが、それで実害があるわけでもないのでこのままもっとクラスメイト達が仲良くなれたらいいなと俺は思っている。 「ああ。私達にとっても縁子は大事な幼馴染だ。縁子に何かあったら許さんが、縁子のことをよろしく頼んだぞ」  瑠々はどこか危なっかしいほわほわした雰囲気を纏っている縁子のことが心配らしい。  普段の凛とした表情ではなく、慈愛に満ちたものすごく優しい笑顔でそう言った。 「ん? うん。わかったよ。」  なぜこのタイミングで縁子のことを任されるのかわからない俊平だが、俊平にとっても縁子はかなり仲良くなってきた友人であり、大事にしたいと思っているため、瑠々のセリフにしっかりと頷いた。 「あー! 瑠々! 俊平君!」  と、噂をすればそのタイミングで件の縁子が現れた  狙っていたとしか思えないようなタイミングでの出現に、俊平と瑠々は顔を見合わせて苦笑するしかない。 「むー? 私の顔を見て二人して笑うってどういうことー!」 「あはは、ごめんね、縁子ちゃん」 「もう。俊平君を見かけたから一緒に登校しようと思ったのに。声かけた瞬間に笑うとかないよー」  ひとしきりプリプリした縁子は頬を膨らませながら瑠々と俊平に文句を垂れる。 「はは、すまんな、ちょうど縁子の話をしていたのでな」  その姿がかわいらしくてまたしても笑ってしまう瑠々だが、縁子を笑ったのは、まさに噂をすればという状況だったので仕方がないのだ。 「私の話? なになに、何の話?」  しかし、もう笑われたことを気にしていないのか、瑠々の話に食いついた。  自分のことを話されていたのだ。気になって当然はであるのだが……… 「き、切り替えが早いな。器が広いのか、器に穴が開いているのか………」 「両方じゃない?」  瑠々のつぶやきをバッサリと切り捨てる俊平も、その切り替えの早さには驚いた。  三歩も歩けば何もかも忘れてそうなレベルだ。 「二人ともひっどーい!」  からかわれる縁子の半泣きの声が路地に響いた。 「タツル?」 「ん?」 「私たちは、いったい何を見せられているの?」 「ラブコメか、キャラ紹介じゃね?」  樹と由依にそんなことを言われているとはつゆ知らず、縁子はお返しとばかりに俊平をいじりながら通学路を辿るのであった。 「ところで、俊平くんはなんで瑠々にお姫様抱っこされているの?」 カッパに聞いて。               ☆ 「HR(ホームルーム)を始めるぞ。席に着けジャリ共」  無精ひげを生やしたやる気なさげな男。  俺や由依たちのクラスの担任の矢沢聡史(やざわさとし)(25歳)だ。  口も悪いし常に気だるげ。しかしなぜか生徒たちからの人望は高いんだよな、この人。  今もHRを始めると言っているが、教卓に頬杖をついて持参した椅子にだるそうに座っている。  HRを始める気があるのかと疑いたくなる気分だ。 「えー、欠席はなし。連絡事項はとくになし。あとは………今度ある修学旅行でいく自由時間の班分けでもしといてくれ。6人グループを5班な。余った2班は7人。じゃあよろしく」  実際に始める気は無かったらしい。  生徒たちの自主性に任せていると本人は言うが、ただの職務怠慢である。 いい加減にしろ。 「6人グループかぁ。………誰といっしょかなぁ」  なんて、近くの俊平が言いながら成り行きに任せていた。 とりあえず、俺は由依と一緒の班にはなる。その上でどの班に入るかだな。 「由依は誰と一緒に行くんだ?」 「シノちゃんかな?」 「人選は任すわ。」 「おっけー!」  なんだかんだで俺はクラスメイトみんなとある程度話すからな。誰とでも組める。 これも、なろうテンプレを行き来してついたコミュ力のおかげか。 一方、隣の俊平はっと。友達はいても仲のいい友達はエロガッパの佐之助しかいねーからな。 自然と受身系男子になってしまうのも仕方ないか。 「よう俊平。俺っちと同じ班になろうっぜぃ!」  するとどうだろう。学校一エロガッパなことで有名な親友(エロガッパ)。もとい西村佐之助(エロガッパ)が俊平を班に誘っていた  の、だが。 「おいチビ介ェ! テメェは俺の班だ」 「おいおいマジかよ雄大! あのチビを班に入れても足手まといだろ?」 「ヒャハハ! パシリゲェ――ット!」  学校一有名な不良グループである髪を赤く染めた赤城雄大、青く染めた青葉徹、黄色に染めた黄島蓮のチンピラ信号機共がパシリ欲しさにさらに声を掛けてきた  が、 「フ………フフ………。み、緑川はぼ、ボクの班だ。縁子の近くになんか行かせない。縁子はボクのことがす好きなはずなのに、ククキキ………。しかし、最近縁子と仲がいいみーみ緑川がボクの班に居ればひ、必然縁子もぼボクの班に」  さらに学校一根暗で不気味なことで有名な坂本浩幸(さかもとひろゆき)までもが俊平を自分の班に組み込もうとチンピラ不良(しんごうき)どもをモノともせずに近寄って来たではないか。 「あの坂本が自ら動いたにゃ! 田中はびっくりにゃ!」 「明日は吹雪かのう」 「いや、こりゃ修学旅行の日に異世界召喚されちまうぜ!」 「珍しいことに坂本が動いたなら、それに協力してやるのがクラスメイトってもんだ!」 「俺は誰だ!?」  普段、人と話すことのない坂本が積極的に俊平を取り込もうとしているのを見て、同じ班になった人たちも連携して俊平を取り込みにかかる  ………ちなみに、坂本は縁子に消しゴムを拾ってもらったことがあるのだ! 「ちょーっと待ったァ―――!!」  そこに待ったを掛けたのが、クラスのムードメーカー兼、学校一有名なおっさん思考の水城(みずき)しのだ。 「俊平ちゃんはおじさんの班のマスコットとして必要不可欠なんだよ! 勝手に持って行かれちゃ困りますな、キミタチ。」  特徴的なサイドテールをぴょこぴょこと揺らし、ちっちっち、と指を動かす。 「そうだそうだ! ウチの班にはマスコットが居ないんだ。おっさんしかいないんだ!」 「せやから緑川が必要なんや、おっさんはもう必要あらへん!」 「俺は誰だ!?」 「おい、由依までおっさん枠ってどういうことだ!」 「笑い方」 「ふはーっ!」  そしてそれに同調する水城しのと同じ班の面々。  食道楽で食えるものは何でも食べる。「机と椅子以外の四つ足は全部食う」を豪語する学校一有名な大食漢。飲食店に行けば“団体一名様入りましたー!”と大声で言われたことのある、太田稔(おおたみのる)  関西弁で喋っているのが、なんでも消せる、ただし取り出せない学校一有名な凄腕マジシャン。最近は財布と預金残高をマジックで消してしまい修学旅行の為に実家の飲食店でマジックのバイトをしているらしい加藤消吾(かとうしょうご)  といった同じ班の仲間からもおっさん扱いされるしのの額に青筋が見えたのは気のせいではないはずだ。  なんで由依は笑ってるんだよ。  しかし、さらにそこに加わる人物が居た 「俊平くん! 私達の班、一人空いてるから、ここにおいでよー!」  なにを隠そう、学校一有名な美少女、北条縁子である。  彼女たちの班は言わずもがな、生徒会の超人メンバーで構成されている!!  あれ? 俺のクラスってこんなに個性的だったっけ? 「おいおい、よりにもよってチビの俊平かよ、冗談はよしてくれよ縁子」 「まぁそういうな、瞬。緑川は小さくても努力家なのだ。知ってるだろう?なあ(リキ)」 「………。」 「ほれみろ。力も俊平のことを認めている。私からは異存はないぞ、俊平。」 「ああ、瑠々の言うとおりだ。ま、俺はどんな人でも歓迎するがな。瞬の我儘だけですべてが決まるわけじゃない。」  生徒会長の虹色光彦を筆頭に、副会長、北条縁子、会計の百地瑠々、書記の松擦力、庶務の早風瞬の生徒会超人メンバーだ。 どういうことだ!? なろうのような世界は夢で何度も見たが、俺のクラスの人間はこんなにも個性あふれる日常系の人間だっただろうか!?  いや、ひとまずはそんな超人の中に、特技といえば多少手先が器用な程度であるチビ介の俊平が入っても、迷惑になるし、そもそも、縁子の発言のおかげで周囲の目がよりいっそう厳しいものになりそうかな?  新たな戦力の参加に俊平はもう涙目だ  その様子を見たクラスメイトたちも、「なんか知らんけど俊平を取り合っているらしいぞ」「まざるか?」「そうだな」「俺は誰だ!?」  と無駄な団結力を発揮し、俊平いじりと同時にすべての班で俊平の取り合いが始まってしまった。 「ふぇあ!? 僕は分身できないよ!?」  内心で自分の意外な人気にびっくりしているんじゃないかな。  信号機(ふりょう)のところには好んでそこに行こうとは思わないだろうが、まさか坂本にまで声を掛けられるとは夢にも思わなかったのだろう。 もう俊平は涙目だ。 だが、まあマスコットとしてみれば、俊平は有用な人材と見える。  クラスメイトがわちゃわちゃと騒いでいるこの状況。普段なら止めそうな生徒会長、光彦だが、積極的にからかっている瑠々や縁子を見て、苦笑をもらしながら、今回は目を瞑ることにしたっぽいな。 「よし、じゃあこうしよう。俊平の手足と頭を切り離して、そしてそれを各班に1パーツずつ配ればそれで文句ねえな。とりあえず、俺っちの班は左足を貰うっぜぃ!」 「よくないよ! 僕の左足は取れないよ佐之助ェ!!」 「ふむ。では私達の班は右腕を貰うとしよう」 「ならおじさんの班は左腕ね!」 「………そそれじゃ、ぼボクの班はあ、頭を」 「俺は誰だ!?」 「だから僕の頭も腕も切り離しできないってばぁ! 瑠々ちゃんも、しのちゃん浩幸くんも悪乗りしないでよぉ!!」  生徒会メンバーでもある空手部の大将。普段から凛とした瑠々からも悪乗りされてしまい、さらに追い打ちを掛けるようにムードメーカーの篠や陰気の浩幸にパーツの予約をされ、俊平は助け舟を求めて担任の矢沢聡史を見る 「あ? 俊平をとりあってんのか? じゃあ俺ぁ余った胴体でいいや。」 「あんた先生でしょ――――!!!」  頼みの綱であった矢沢先生からもいじられてしまい、本格的に泣き出しそうだ。  俊平は「ブルータス!!!」と叫びながら頭を抱えてうずくまった。センスあるよ。  やる気なさげでありながら、生徒とのコミュニケーションをしっかりと取っていることから、人望に繋がっているのだと思われる  だからといって、いじられる側の俊平にとってはたまったものではないのだろうが。  だが、そんな俊平いじりも、唐突に終わりを迎えることになった。 ☆ ピリッ 「タツルッ!!」 「由依!!」 ガタタッと立ち上がる。 異変に最初に反応したのは、夢の中でなろうテンプレを幾度も経験しているこの2人だった。 ――ガンッ! ーーガタッガッガッ! 突然、互いの名を呼んだかと思えば、全力で窓に体当たりを行った樹。 そしてHR中であるにも関わらず、教室のドアを開けようとする由依。 「な!? おい! 何してんだ!!」 担任の矢沢も注意する間も無く行われたその行動に、初めて困惑する。 周囲の者たちにとって、明らかな奇行。 だが、明らかに何かしらの意図を伴って行われた行動。 自傷や大怪我さえ厭わないその行動。 窓に弾かれた樹などは、強すぎる己の勢いに耐えきれず、額から血を流すほどだった。 しかし、窓にはヒビすらない。 流石に異常すぎる事態に矢沢も立ち上がった。 「ドア開けろ!!」 「教室の外に出て!!」 樹と由依が叫ぶ。 「………あん? なんだこれ?」  途中からなぜだか加速していく俊平いじりを、必然的に自分の班には俊平の右足を貰うことになっていた不良(チンピラ)の赤城は面白くなさそうに見つめていたところ、足元の異変に気がついた。 「どうした雄大………なんだこれ?」 「どうした二人と………なんだこれ? 魔法陣?」  それを怪訝に思った取り巻きの黄島蓮と青葉徹が教室中に張り巡らされた魔法陣に気付く。 「にゃ? にゃ? どういうことにゃ!? 何が起こってるにゃ!? 誰か田中に教えてほしいにゃ!」 「知るかよ! なんかの行事か!?」 「俺は誰だ!?」  他の生徒たちも異変に気づきはじめ、突然現れた魔法陣に狼狽する。  あるものは今起こっている現象が学校行事かなにかかと一縷の希望を求めて矢沢に視線を向ける 「んあ? っんだよこれ! おい! 誰でもいいから扉と窓を開けろ!」  矢沢も何が起こっているのかわかっていないらしく、だんだんと光量が増していく魔法陣に  樹が叫んだ際には咄嗟に動けなかった生徒たちに迅速に冷や汗をかきながら同じ指示を出す。 「ぅおらあ!!」 ―――ガンッ!!  という轟音が掛け声とともに教室に響く  名簿の関係で最前列の端の席に居てそこから動いていなかった赤城が、自身の隣にある廊下側の擦りガラスに先ほどまで自分が座っていた椅子を叩きつけたのだ。  だが――― 「んなァ!?」  割れやすいはずの擦りガラスにすら、傷一つついていなかった。 「あれ? んっ―――あれ? 窓も開かないよ! 鍵開いてるのに!」  俊平も、グラウンド側の窓を必死に開けようとするも、まるで溶接されたかのようにピクリとも動かない  俊平の筋力が無いから………という線もあるが、考えたくはなかった。 「由依、範囲は?」 「たぶんこの教室全体。学校召喚じゃなさそう」 黒板側のドアにビタっと顔を横にして張り付いた由依。 その窓の外から隣の教室を見ようとして、同じような魔法陣の光が漏れていないことを確認する。 「抜けられそうか?」 「無理。ここは夢じゃないもん」  夢幻牢獄の中では、あらゆるテンプレを網羅して能力を引き継いでも、現実では使えなかった。  それに、夢で転移や転生繰り返しても、彼らは一度もクラス転移は体験したことはなかったのだ。  さらにいえば、夢ではなく、自分の身に起きる現象としても初めてのことだ。  とはいえ、不可思議な出来事であることには変わりない。  不可思議な出来事へのある程度の慣れはある。  故に、 「パターン1 神様召喚サバイバル」  と由依は窓から顔を離した後に、ハンカチを額から血の流れる樹の額に押し付けてから、考えうる可能性を一つ挙げた。 「パターン2 集団召喚戦争」  と、ハンカチを受け取った樹も続ける。 「パターン3 蠱毒」 「パターン4ランダム転移異能バトル」 「………自分で言っててなんだけど、蠱毒だけは勘弁願いたいわね」 「同感だ。転移の最中に神様みたいなのに会う心構えだけでもしとくか。」  教室から出られないと悟った瞬間には次のプランを練り始める。  彼らは、彼らだけは次に起きた時、どのような状態であれ、すぐに行動を起こせるようにしておくのだった。 「いったい何が起こっているのだ!? とにかく、みんな、動くな!!」 「くぅ………落ち着くんだみんな! あまり暴れ回ると危険だ!」  突然の事態に慌てながらも指示を出す瑠々の声と、皆を落ち着かせようと声を張り上げ、混乱によって生じる二次被害を押さえようとする光彦 「俊平くん!!」  それを無視して、縁子は一直線に俊平の下に駆け寄る 「ッ! 縁子! 動くと危険だと―――」  ただ、俊平と縁子の距離はさほど離れていなかったため、すぐに距離を詰めることは出来た 「ゆかり―――」  俊平も反射的に手を伸ばす。  だが、その縁子が伸ばした手が俊平に届く前に………  カッ! 「なにごとじゃ!?」 「うわっ!」 「ぎゃあ!!」 「まぶしッ!」 「俺は―――」  魔法陣の輝きが爆発するように教室全体を覆い尽くしたのだ。  ほんの数十秒の出来事であった。  その光に意識ごと思考を塗りつり潰されて、意識を保っていられた人間は、誰一人として居なかった。

あとがき 『消しゴムを拾ってもらったことがあるのだ!』 これだけで伝わるのは日本人が空気を読む力が高いからだろう。 次回予告 【どうせステータスはインフレするから見ない。】 お楽しみに。 読んでみて続きが気になる、気にならないけどとりあえず最後まで読める程度には面白かった と思ってくださる方は ブクマと応援コメントをお願いします。

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    56,300

    297


    2021年7月28日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 君の手を掴んで離さないように

    執事×お嬢様のラブコメです。

    65,410

    120


    2021年7月26日更新

    箱入り娘のお嬢様女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしは何かとハードルが高い。 そんなお嬢様の元に、かつて遠くに旅立った幼なじみの少年であり、捨て子でもある秋賀野尋斗が帰って来た。 十年ぶりの再会に柚葉は多いに喜んだものだが、大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。白樺には代々執事を婿として迎え入れる慣わしがあり、つまり尋斗は柚葉の婚約者ということになる。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 そして始まったルームシェア。何だかちょっと噛み合わない二人だが、どうにかこうにか同棲生活を送っていく。 ある日、尋斗の本当の両親が現れて彼とやり直したいと口にする。けれど彼自身は実の両親を拒絶しており、柚葉はその事で頭を悩ませる。 世の中、どうにもならない事はある。それをすんなり受け入れられるほど彼女は大人ではない。けれど、この問題を上手く解決出来ないのもまた事実。 そんなお嬢様の気持ちを知っていながら、執事は求愛を止めたりはしない。 「わたしの執事になって欲しい」 幼い頃に交わした口約束を、彼は愚直に守り続けているのだから。 恋愛クソザコお嬢様のラブコメディ、始まります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間28分

    この作品を読む