現代/その他ファンタジー 短編 完結済

黄昏の向こうの十五夜

作者からの一言コメント

ののあさんの『秋の夜長コン』参加中です。

黄昏の向こうには何かがある。 私はちょっとだけ好奇心が強い、どこにでもいる女性会社員だ。 助けたウサギがカグヤ姫で、月でもてなしを受ける。 だがこの夜は、秋の十五夜だ。 月の裏のサンタクロースと戦い、来年の夏と冬の比率を決める大事な日なのだ。 私は地球人として、この戦いに勝利して、夏と冬を正常化することができるだろうか。 そして、黄昏をまた越えて、地球に戻ることができるのか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 黄昏の向こうの十五夜
作者名 アキラル(〇ω〇)元気に活動中!
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 秋よなコン 秋の夜長コンテスト
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月30日 23時56分
最終投稿日 2020年10月1日 0時02分
完結日 2020年10月1日 0時02分
文字数 3,781文字
ブックマーク登録 3件
コメント 6件
スタンプ 15件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,022pt
ノベラポイント 13pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 青年は傍観する──異能者の戦いを。

    ♡16,300

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・24話・95,554字 玉井明

    2021年3月8日更新

    舞台は、現代においてありえないとされる魑魅魍魎が跋扈する地──坂月市。異能者、魔術師、陰陽師、退魔師などが潜むこの地に、ごく平凡な高校三年生の瀬古政和は、幼馴染みの兎山桜花を筆頭に、個性溢れる仲間たちと妖退治に追われる。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡584,600

    〇3,628

    SF・連載中・91話・526,566字 新星

    2021年3月7日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る