文芸/純文学 長編 完結済

声に出せない僕の恋の話

作者からの一言コメント

僕はゲイで、彼はノンケで。

読了目安時間:3時間14分

入学した高校で、僕は初恋の男の子と運命的な再会を果たした。 「同性愛者」の僕と、「異性愛者」の彼。 この恋は叶わないものだと理性では分かっている。けれど、僕の感情はどうしようもなく彼への恋慕を訴えてしまう。 これは僕の彼への恋についての記録。 「同性愛者」と「異性愛者」との関係について自分なりに考えた、一つの可能性である。 ◆主人公はめちゃめちゃ悩みまくります。途中、しんどいと感じられるような描写もあります。ただ、爽やかな読後感の残る最終話となっておりますので、どうか最後まで追っていただければ幸いです。皆様が「同性愛」を取り巻く現状について考える一助となれば、と願っております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 声に出せない僕の恋の話
作者名 憂木 ヒロ
ジャンル 文芸/純文学
タグ BLフェア2020 シリアス 現代日本 ノベプラオンリー R15 ハッピーエンド
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年11月27日 13時27分
最終投稿日 2021年1月8日 21時14分
完結日 2021年1月12日 21時14分
文字数 96,761文字
読了目安時間 3時間14分
ブックマーク登録 8件
コメント 2件
スタンプ 25件
ビビッと 15件
応援ポイント 11,600pt
ノベラポイント 11pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私がロボって言うのは秘密です。そう言う設定にしなさいって博士が言ってた。

    百合風味の僕っ娘ロボだお

    39,700

    0


    2021年5月8日更新

    魔法(呪文)を唱える『天然系美少女アンドロイド』に振り回される女子高生のちょっぴりエッチで愉快な物語 お嬢様キャラが崩壊していく『あかね』と、自由奔放な天然キャラのロボ『みかん』のダブルヒロインでお送りするちょっぴりエッチな学園ロボットSFコメディ!!(って言う設定にしておけって、博士が言ってた) ~あらすじ~ 胡桃沢(くるみざわ)あかね16歳。 東京都内でもトップクラスの慶蘭(けいらん)女子高校1年生。 成績優秀、品行方正、スポーツ万能と非の打ち所のない美少女だけれど、あくまでもこれは表の顔。 本性は乙女ゲーム、アニメ好き、中でもBLが大好きな『腐女子』だ。もちろん、これは自分だけの秘密で、友達、家族には絶対にバレてはならない。 そんなある日、突然あかねの前に『自分はロボだ』と言う女の子が現れた。 子供の居ない家庭にロボを提供するビジネスを開始することに向けての試作品であると言う。あかねと一緒に暮らして、人間の女の子のデータを取得する目的だと言う。 画:空想代理人達のアトリエ/松本烈〈わい〉様、嶋田美由様

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間9分

    この作品を読む

  • 蒼き瞳の異能破壊者

    異能を壊す力を持つ主人公のバトラブ!

    2,700

    0


    2021年5月7日更新

    太古の昔、一人の人間である最初の異能発言者(ファーストアビリティ-)が世界を歪ませる程の大規模異能を発動したことにより、様々な種族やエルフなどがこの世界に来訪した。 数多の戦争を繰り返したが、当事者の最初の異能発言者により和平が行われてその大戦争が終結した。 それから数千年の月日が経ち、世界は異能を使って様々な進化と発展を繰り返し、異能者を育成する機関が増えつつあった。 東の大陸と言われる巨大なユースリティア大陸の聖都地域にある第一異能学園に通う少年リク・ワンストは、新学期を迎えて二年生へと進級した。 ある時、学園で不可思議な事件が発生し、それの調査を行うリク。 そしてその際にリクは運命的な出会いを果たす。 彼女の名前はアテナ・セブンス。異能者の中でも特に優れている家系であり、世界で十人しか存在しない最高超越者の一人だった。 アテナとリク、二人の出会いが全ての物語の歯車を動かすことになるのだった! 異能破壊者の二つ名を持つ少年と最高超越者と呼ばれる少女による、バトルコメディ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間56分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 愛の喜びとか、悲しみとか……

    あなたとの出逢いが私のピアノを変えたのよ

    11,400

    400


    2021年5月8日更新

    一流のピアニストとして活躍するためには何としても優勝しなければならなかったコンクール で大失敗をした真音(まお)は、ピアニストになる夢を諦め、ショッピングモール内の楽器店でピアノ講師をしていた。 鬱屈とした毎日を過ごす真音の前に現れた、3歳年上29歳の新しい生徒である瀬尾幸人(せのお ゆきと)が、同棲している彼女の誕生日にプレゼントしたいという曲は、初心者には不可能に近い難曲、ラフマニノフ 作曲の『愛の喜び』だった。 初めは、瀬尾に対して嫌悪に近い感情を抱いていた真音だが、彼のひたむきな姿に次第に心惹かれ、心の奥底に封印した感情が一斉に溢れ出し…… ♪ 美しい表紙絵は、まかろんKさんのフリーイラストをお借りしました。ありがとうございます→Twitterアカウントは @macaronk1120 です ♪

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 友人二人と即興で考えた展開を僕が文章で書く異世界転移作品

    恥ずかしげもなく書いていきます。

    300

    0


    2021年5月8日更新

    題名のとおり、二人の友人と僕と、三人で考えた話を僕が文章にて表現する作品です。 主役は三人、雪音という可愛い少年、エドという真面目な青年、ルークという元気な青年、の組み合わせとなります。 前もって考えた枠組みのないぶん、思いがけない発想による柔軟な展開が見られることもあるかと思われまして、それを頼みにして、文章を書くという役割の重圧に耐えてゆく所存です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む