詩/短歌 短編 連載中

詩集【うたあつめ】

作者からの一言コメント

薄暗い倉庫よりも日の当たる処へ

読了目安時間:17分

詩集【うたあつめ】の表紙

過去ログ倉庫から引っ張り出しました 何時かの、何処かの、誰かの目に触れ、少しでも感を動かす事が出来たのならば あの日の記憶は無駄では無かった その証明

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 詩集【うたあつめ】
作者名 degirock
ジャンル 詩/短歌
タグ ポエム エッセイ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月6日 15時00分
最終投稿日 2021年3月6日 19時21分
完結日 -
文字数 8,703文字
読了目安時間 17分
ブックマーク登録 15件
コメント 2件
スタンプ 38件
ビビッと 0件
応援ポイント 16,700pt
ノベラポイント 81pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    8,800

    20


    2021年5月9日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

    読了目安時間:8時間24分

    この作品を読む

  • 銀二十枚分、愛してください。 ~奴隷の少女の剣風録~

    HJ一次通過。後半の物語を開始しました!

    81,646

    160


    2021年5月12日更新

    実の父によって、銀貨二十枚で人買いに売られた少女アリサ。 東方王国の「万象の闘士」たちに救出された彼女は、内に眠る類稀な「力の器」を見出され、王国に迎えられる。 だが、十六年の生のほとんどを無力な村娘として生きてきた彼女が、闘士としての魂を身につけるのは容易ではなかった。 人とぶつかれば謝り倒し、銀五十枚のドレスを見れば「自分の安さ」に落ち込み、なにもできない自分を嘆くアリサ。 そんな中にあっても、修行の日々を経て、身の内に眠る力は目覚めていく。 身体の芯で熱く滾るなにものかに、アリサの若い身体は疼いて…… 元奴隷の無気力ネガティブ思考少女が、戦士としての力と自覚を得ていく過程を描いた長編ハイファンタジー。 「心の綺麗な人には見えない」系お色気要素も随所に盛り込んでおります。 ええこれは、天地に満ちる万象の力ですよ。なんにも妖しくありませんってば! ※復讐要素・ざまぁ要素はありません※ ※成り上がりものとも多分ちょっと違います※ 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/2b1f62

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 心の声

    あなたが幸せになれますように

    854,586

    19,214


    2021年5月13日更新

    悲しみと幸せを詩に纏めました。 心の傷や悲しみは決して消せるものではないですけど、 この詩を読んで少しでも生きる希望を持っていただけたら幸いです。 いつか皆様が幸せに辿り着けますように。

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • 泡沫

    日々、惑乱。

    31,100

    345


    2021年5月13日更新

    たとえ気狂いじみていたとしても、酔っぱらいの戯言だとしても、風に掻き消されてしまうような独り言だとしても、淡く消えてしまうくらいなら書き留めていよう。 ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 以前活動していた他サイト(今は退会済)で公開していた詩も修正して収録しています。新作も随時追加。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む