異世界ファンタジー 長編 連載中

裏家業転生~元極道ですが何か?~

作者からの一言コメント

転生先の優しい家族の為に生きる物語。

読了目安時間:2時間9分

裏の借金取り立て屋で、某芸能人と一字違いの極道、横浜竜星が借金を取り立てた相手が転生魔法陣を研究していたのでお金になるか試してみたところ…。 極道の記憶を持つ少年が異世界の優しい家族の為に生きるサクセスストーリーです。 ※カクヨムでも掲載中 こちらでの掲載は、終わりました。 続きが気になる方はカクヨムでお願いします<(*_ _)>

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 裏家業転生~元極道ですが何か?~
作者名 西の果てのぺろ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 ファンタジー 転生 成り上がり 極道 ライトノベル チート? 魔法 サクセスストーリー 領地開発 バトル
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月29日 19時00分
最終投稿日 2021年3月31日 19時00分
完結日 -
文字数 64,723文字
読了目安時間 2時間9分
ブックマーク登録 2件
コメント 9件
スタンプ 3件
ビビッと 2件
応援ポイント 9,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界チート知識で領地経営しましょう

    内政好きなら楽しめます

    60,100

    0


    2021年6月25日更新

    愛するお嬢様に相応しい男になるため頑張る青年と異世界に迷い込んだ女子大生のお話。貧しい漁村を豊かにして地位と生活圏を確保するぞ。

    読了目安時間:17時間10分

    この作品を読む

  • <月飼い>少女は<狼>とともに夢を見る

    十四歳の少女が、狼と共に世界に復讐を誓う

    1,250

    0


    2021年6月25日更新

    ――これは、<朝>の世界に復讐を誓った、十四歳の少女の物語―― ハーティア・ルナンは、人里離れた山の中の集落で生まれ育つ。他とのかかわりを立たれたその集落は<月飼い>と呼ばれる人間の集まり。立派な<月飼い>になるために努力をしていたハーティアだが、ある日、外からやって来た<ヒト>に集落が襲われ、天涯孤独の身になる。 <ヒト>を憎み、世界に復讐を誓うハーティアの下に、一人の不思議な青年が現れた。 それは、絵本の中でしか見たことのない<狼>と呼ばれる不思議な種族の長だった。 <朝>と<夜>と<狼>と<月飼い>。 絵本の中のおとぎ話は、不思議な縁を紡いで、いつしか現実世界と密接に絡み合っていく――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 燃えよカイエン ~野生な精霊拳士の珍道中~

    拳法×精霊+もふもふで贈る冒険アクション

    6,100

    205


    2020年4月11日更新

    【全104話 完結】 精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 中原の覇者であるロザン皇国は東都イタミに、ある日ふらりと一人の少年が姿を現す。 カイエンと名乗るその野生児は、常識がなく、金の持ち合わせもなく、しかし霊紋を持っていた。 イタミに到着するなり巻き込まれた陰謀劇をはじめとして、カイエンの行く手には一騎当千の強者が次から次へと立ちふさがる。 果たしてカイエンは強敵との戦いに打ち勝ち、ひと癖もふた癖もある仲間と共に『世界を見て回る』旅を貫くことができるのだろうか。 「目と耳と鼻と口しかない奴は、どうにも見分けがつき難くてなぁ」 「大抵の人間はそれだけあれば十分よ」 「いや、でも、牙も爪も角も尻尾も無いんだぜ」 「その要素に期待するのは金輪際諦めた方がいいわね」 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間50分

    この作品を読む

  • 金借りの手紙

    金借りの手紙→宝石の日記

    18,001

    0


    2021年6月25日更新

    「金借りの手紙」 木浪はある日、小学校時代の親友、名倉から手紙を貰う。頼むから金を貸してくれ、と。怪しんだ木浪は名倉に生活ぶりを訊く。すると文通は始まってゆく・・・ 最初は二話公開、そこから少しづつ連載していきます。 100PV達成しました!大感謝です! 残酷描写が出てこないことを発見しましたので、セルフレイティングは外しました。期待されていたらすみません。 続編「宝石の日記」 名倉君のその後の物語です。木浪君も少し登場します。最後の手紙を木浪に送った名倉は・・・

    読了目安時間:31分

    この作品を読む