異世界ファンタジー 長編 連載中

七魔王の総選挙

作者からの一言コメント

全員問題児!七魔王総選挙の幕が上がる!

読了目安時間:1時間58分

七魔王の総選挙の表紙

幾万年もの太古の昔。 幽世の世界『魔界アルドラマ』は“始まりの魔王”の手によって治められていました。 始まりの魔王はとても凶暴で、アルドラマに住む魔物たちからは『全てを喰らう者』と呼ばれ恐れられていました。それは魔物のたちの生命の源『フラクタル』を食べる事で魔王は 大いなる力と永遠の命を維持していたからなのです。アルドラマはそんな魔王の恐怖に縛られ、諍いは絶えず、国は荒廃していきました。 そんなある日、悠久の時の彼方から、突如3人の賢者がアルドラマに現れ7人の御使たちに力と武器を授けました。そして7人は魔王と戦い封じ込めることに成功します。 魔王が倒れると賢者はもう二度と一人が強大な力を持たぬようにとアルドラマを7つに分け、御使たちにこう伝えました。 『1万年に一度の大祭の年、選挙によって時代の王を決めること』 これが七魔王総選挙の始まりなのでした。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 七魔王の総選挙
作者名 HAGEFiLL
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 ファンタジー 恋愛 ラブコメ 総選挙 魔王 魔界
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月19日 14時40分
最終投稿日 2020年12月20日 20時00分
完結日 -
文字数 59,122文字
読了目安時間 1時間58分
ブックマーク登録 17件
コメント 1件
スタンプ 42件
ビビッと 6件
応援ポイント 28,100pt
ノベラポイント 160pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    652,200

    4,660


    2021年5月12日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間32分

    この作品を読む

  • フラグメント -花粉の少女たち-

    『花粉』によって荒廃した世界を巡る物語

    69,100

    100


    2021年5月16日更新

    『花粉』によって文明のほとんどが滅びかけている世界。 十数年前、突如として宇宙から飛来した宇宙植物生命体、通称フラグメント。世界各地に根付いたそれらは、大気中に大量の花粉をまき散らした。 それは瞬く間に空を覆いつくし、世界はかつての繁栄を失った。 生き残ったわずかな人間たちは、各地に集落(クラスター)と呼ばれる居住区を作り、ひっそりと暮らしている。 そんな世界を一人旅している旅人のソラは、とある集落(クラスター)で一人の少女と出会う。彼女はコトハ。生まれつき体内に『花粉』を宿し、過酷なこの世界に適応した第二世代の少女だった。 セルフレイティングは念のため。 タイトルを少し変えました。 作品種別を長編から短編集に変更しました。 隔日or不定期更新。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ママは花の錬金術師で私はホムンクルスでした!?  ~母と娘が紡ぐ親子百合神話錬金術ファンタジー~

    親子百合錬金術師ファンタジー

    500

    0


    2021年5月17日更新

    花々が咲き誇るグラスハウスのアトリエで、アイリスは悩んでいた。 「どうしたら、大好きなお母さんの子どもを産めるんだろう」 母、マリアは今日も朗らかに花を育て。優しいほほえみを浮かべる。 母から産まれたアイリスが、母の子を望むのには理由があった。 だがしかし、それを言葉にするにはアイリスは幼すぎた。 小さな足で地団駄を踏むアイリス。その傍ら、あやめがふわふわと揺れた……。 これは、錬金術師、人、神。その存在を超えた、たったひとりの小さなホムンクルスが子を望む。そんな物語―― この作品は未完成作品です。以下の目的で試し投稿しております。 ・表紙・キャラクターデザインをしてくださる方の募集(有償予定) ・感想、レビューをいただき、作品のブラッシュアップをしたい ・みなさんに活動を知っていただく。 少しでも興味を持っていただけた方(特に表紙、キャラデザなどのイラストを描いていただける方)レビュー欄、ツイッターでの活動も行っておりますのでお声かけいただけたら嬉しいです。 ※本作品は自サークルKindle発売に伴って削除してしまいますので早めにお読みいただくことをおすすめします。

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 名もない私の暗い旅

    誠心誠意頑張ります。

    200

    0


    2021年5月17日更新

    この世界には一本の木以外何もない。 あるのは無限の暗闇と一本の大きな木だけ。 私は私を失った、何も思い出せない。 それでもこの木だけは大切にしなきゃならない大事な場所、そんな気がするの。 私は誰?この木は何? これは何もかもを失った記憶の物語。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む