七魔王の総選挙

読了目安時間:5分

第九話 『七魔王の総選挙 開催宣言!』

ここはエルデネの隣国、 魔王ベルチが治める鉱山と建築の国『カンタローザー』。 ある日突然、エルデネとの国境に面したフラクタル鉱山の一画が、見事な三日月型に抉り獲られてしまった。 それを高台からじっと見つめる魔王ベルチが側近に尋ねる。 「なぁ、これ治る・・・わけ・・・ねぇよな・・・」 「はい、治りませんね」 魔王ベルチは、モバイルを取り出し怒りに任せて電話をかける。 『ツー・・・ツー・・・ツー・・・ガチャ』 「あ〜イラくん」 『おはよう、はやいなベルチ』 「おはよう・・・おはようじゃねぇ!君なにやってくれちゃってんの!?朝起きたら山が吹き飛んじゃってるじゃん!どういうこと?!マジどういうこと!?」 『あ〜す〜ご〜い〜・・・電波が〜わ〜る〜い〜、プッ、ツー・・・ツー・・・』 「イラくん!!絶対いまのウソでしょ!」 無くなった鉱山に、魔王ベルチの泣き声がこだまする。 「いいんですかイラ様?ベルチ様に恨まれますよ・・・」 ポイっと、モバイルをメリスに投げるイラ。 「ほっとけばいいよ。何日かしたら諦めるだろ」 メリスが何か言いたげな顔をしている。 「イラ様!あ・・・あの・・・」 「派手にやりましたね」 朝日が眩しいのか、サングラスをしたDDがやってきた。 メリスは続きの言葉が出てこなくなってしまった。 「ところで魔王イラ、この『宣誓書』に“日付”をいただけますか?」 「DD、それは私が・・・」 『宣誓書』には、誰かがイラを思って書いてくれたであろうサインが既にあった。そして、日付は修正され空欄となっていた。 イラは黙って“今日の日付”を書いた。 「本日・・・午前6時37分、確かにエルデネの魔王イラ様の署名をいただきました。ではこれにて、魔界選挙管理委員会本部に提出させていただきます」 「せ、殲滅兵器使用の件は・・・」 「メリス、宣誓書は“今“いただきましたが。なにか、問題がありますか?」 「・・・ありがとうございます!」 「ご苦労さまです。・・・彼女の方は資料整理がまったく終わっていませんので目が覚めたらしっかりと働いてもらいましょう」 DDは、アンを引きずって帰ってゆく。その後ろ姿を見送りメリスが大きな涙の粒を流す。 「メリス・・・悪かったな」 「はい!悪いです・・・でも“魔王”ですから」 笑い合うイラとメリス。 半壊した魔王城や“蝗害(デスマーチ)”からの復興、魔王総選挙以外にもまだまだやるべきことがある・・・。でも、こんなに立ちあがるのが楽しいと思えることが不思議だ。オレはなにを今まで躊躇ってたんだ? “あいつ”の、いや・・“アン”のせいだな。 ―・魔界選挙管理委員会本部・― 午前8時57分・― 本部に設置してある公文書転送通信機が、最後の『出馬宣言書』を受信した。本部魔管が『出馬承認』を見届け、これにて七魔王の出馬宣言が完了。本部公式会見の準備の為に、原稿を大急ぎで書き上げていた。 午前11時24分・― 魔界に存在する各社媒体の番記者に『本日正午、七魔王の総選挙開催宣言を選挙管理委員会本部にて行う』と通知が下り、大急ぎで記者クラブが会見準備を進めていた。 その頃、”魔界ブロードキャスティング(MBC)”でもデスクとディレクターが慌ただしくしていた。 「なんでこんなギリギリの発表なんだよ?なにか聞いてるか?」 「なんでもエルデネの魔王イラの出馬宣言が遅れたそうだ。」 「田舎魔王がもったいぶっちゃって何考えてんだ。おい!各国の魔王の取材に今日行くぞ。段取りしとけ!」 正午・― 『七魔王総選挙』会見中継開始 三名の漆黒のローブを着た『幽体』が姿を現す。 選挙管理委員会本部のTOPの素性などは秘匿されており、実際に存在するのかどうかもわからない。 彼らは魔界アルドラマ中央政府から独立した存在であった。 「アクサンドラ“魔王ファシルス”出馬」 「シャンゼ=デルタ “魔王プライム”出馬」 「アークレリ “魔王リロイ”出馬」 「ハロゲート“魔王ルクスリア”出馬」 「カンタローザー“魔王ベルチ”出馬」 「ルネリア“魔王ルサルカ”出馬」 「エルデネ“魔王イラ”出馬」 「以上七魔王の出馬宣言書を確認した。これより一万年に一度、魔界アルドラマの統治者を決める総選挙をここに開催する。投票日まで、各魔王は魔界公職選挙法を遵守し、国民に真の魔王たる姿をみせよ」 各国に中継された開催宣言。 投票日に向けて選挙戦の火ぶたが切られた。 一方・・・ MBC深夜人気番組『ミーナ&ナーミの天下取りマス』では、別の『火蓋』が切られていた。 昼すぎにデスクに呼び出されたミーナ&ナーミ・・・。 「はぁ!?番組のスポンサーがおりた!?なんでよ?!」 「いや、いきなり怒鳴るなよ。ミーナ〜お前がこの前の放送でリロイ様推しって言っただろ?」 「・・・言ったかもしれないのな?」 「ミーナ言ってたよ。でもそれとなんの関係があるのよ?」 「いや、スポンサーってさプライム様のとこの会社なわけよ・・・。察してよ〜。あっそうだ!エルデネに魔王イラの取材行ってきてよ!感謝祭もあるしさ!ははっはっっは・・・。ごめん!」 デスクの横にあった、魔王プライムがCMキャラクターを務めるドリンクの看板におもいっきりケリをいれるミーナ&ナーミ! 取材カーに機材を積み込むアシスタントディレクター兼ドライバー兼メイク兼マイクマン兼ライトマン兼カメラマン兼・・・雑用の獣耳のミケくん。 「いや〜光栄ですミーナ&ナーミさんと一緒に取材できるなんて」 「ミケくん、あんた何年目?」 「え?先月入ったばかりです」 「もう何も聞くまい。ミーナ&ナーミは終わったのだ・・・」 「ナーミ!勝手に終わらせないのな〜」 「くっそー!絶対でっかいネタ取ってきてやる!!」 「いいっすね!でっかいネタってなんすか・・・?」 「うるさい!!いくわよ!」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 性転換かずこさんとその後

    「百合絵ものがたり」「百合絵噺」から抜粋

    1,550

    0


    2020年8月31日更新

    夢をテーマとしたショートストーリー バストやヒップが垂れる事が耐えれない女の子が大学生デビューにむけてバイトのカケモチで整形手術代を稼ぐ「垂れないバディ」という夢のためにがんばるお話。 「絵と物語とつぶやきと」の ますこさんのイラスト 002 こぼれおちる話 004 ヒミツのちからを借りたいのですが、ブロックされてます。ルール的に借りれないので、ますこさんの「絵と物語とつぶやきと」を見て本作を楽しんでやってください。 ごめんなさい。よければ、(イラスト貸出期間の一時的にでも)ブロックといてください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 【自主企画】天才フェス

    天才だよ!全員集合!

    12,700

    0


    2021年6月17日更新

    物語を彩る天才達。彼らの魅力は私達を惹きつける。 欲張りな私は考えた。そんな天才達を集めた宴は最高に楽しいはずだ、と。 ならば、天才であるこの私が開催してしまえばいい! それが天才フェス。 是非、楽しんでいってくれ。あわよくば、参加してくれ!! ※表紙絵は藤原アオイ様に書いていただきました!ありがとうございます!!

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 土地神様は吸血鬼 ~人間に育てられた吸血鬼の日常~

    お母さんは凄いです!

    88,650

    150


    2021年6月18日更新

    周りに人の集落も無く、本来はダンジョンにしか生息しない吸血鬼。 しかし、森には捨てられてしまったのか吸血鬼の赤ちゃんがいた。 冒険者を引退した女性に偶然拾われて小さな村で育てられた。 赤ちゃんはシャーロットと名付けられた。 お母さんが亡くなるまで一緒に過ごしたシャーロットはお墓を建てた。 そして、同じ場所で眠りたいと願う。 お母さんも守っていた村を、シャーロットは守り続けた。 その結果、安全な村として評判となり人が集まった。 その頃には人々から尊敬されるようになっていた。 更に月日が流れ、村から街に変わる時に名前を変える事になった。 シェリル街、命名権をもらったシャーロットはお母さんの名前を付けた。 シャーロットが街を守る理由が1つ増えた。 500年以上の歳月が流れた時、彼女は土地神様として街の人々から崇められていた。 ※吸血鬼シャーロットと周りを取り巻く人々との日常です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15時間44分

    この作品を読む

  • 獣人誕生

    異世界ファンタジーは獣人欲しい自分の為に

    100

    0


    2021年6月18日更新

    筆者の好きを集めた世界。 人と獣人の神話を書く機会をいただいたので、楽しく書いています。 神話風の文章を目指しているため、読みにくいですが、よろしくお願いします。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む