伝承

『七魔王の総選挙』

幾万年もの太古の昔 幽世の世界であった『魔界アルドラマ』は “始祖(始まりの魔王)” の手によって治められていた “始祖(始まりの魔王)”はとても凶暴で アルドラマに住む魔物たちからは 『全てを喰らう者』 と呼ばれ恐れられていた 魔物が持つ生命の結晶『エレメンタル(魔界元素)』を食べる事で “始祖(始まりの魔王)”は絶大な魔力と永遠ともいえる命を維持していた ある日 悠久の”時の彼方”から 突如三人の賢者が現れると、七人の御使たちに魔力と神器を授けた 七人は力を合わせて魔力と神器を使い かの魔王を封じ込めることに成功した そして・・・ ひとりの魔王が大きな力を持たぬよう“魔界アルドラマ“を 七つの国に分け、御使たちにこう伝える 『一万年に一度、選挙によって時代の魔王を決めよ』 これが“七魔王の総選挙”の始まりであった・・・

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,057,800

    〇14,980

    異世界ファンタジー・連載中・186話・858,950字 普門院 ひかる

    2021年3月2日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡5,800

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・28話・399,018字 蒼真空澄

    2021年3月2日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 剣に生き、義を貫き、剣に死す。これぞ漢。

    ♡2,500

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・49話・138,326字 leo33

    2021年2月15日更新

    アメリア大陸の遥か西の洋上。アラニア海の辺境海域に浮かぶ島国グラハム王国。 建国以来【鎖国】を国是として大陸との交流を断っていた王国は、250年ぶりとなる大陸からの異国船――ラファーン帝国船団の来航、 そして国交の樹立を端に国内は開国派と鎖国派とに分裂。両陣営の対立によってグラハム王国内は混乱の最中にあった。 国都ドレンフォーラ内で開国派の要人に対する襲撃や破壊活動を繰り返す鎖国派勢力に対し、王国府は国都守護職カイル・ウェイ・ハーン伯爵、およびその配下にある国都警備隊【新撰組】に鎖国派勢力の取り締まりを命じる。 新撰組と鎖国派勢力。その戦いは日々、熾烈さを増していた……。

  • 2021年3月2日更新

    『ごめんなさい、あなたを現代社会から『追放」します。』。 平凡な高校生だった丸木 汐(まるき しお)はある日突然、女神から『覚醒遺伝による魔族の子孫』だと告げられ、現代社会からの追放を言い渡される。 ラーメン屋でバイトをしてる最中にも関わらず、突如として異世界に追放された汐。 混乱する汐の前に彼を追放した張本人である女神のガイアが姿を表す。追放されたことに苛立ちを覚えた汐はガイアに舌をねじ込むほどのチューをする。 「えっっ!? まさか私がこの子と契約しちゃったの!?」 「この子って……。君って本当に物言いが失礼だよね。その見た目だと俺と同い年くらいでしょ?」 「はああ!? 私は女神なの、め・が・み!! 生まれ落ちてから2000年は経ってるんだからね!! あんたと違って偉いの!!」 「うげえ……、生まれて2000年ってババアじゃん、ミイラじゃん。女神じゃないじゃん。俺のファーストキスってババアが相手なのか!? 寧ろ罰ゲームだよ!! ……舌入れちゃったよ。ばっちい……、ぺっ!!」 「あんたああああああああああ、ミイラって悪口にも程があるんじゃないの!? って、きゃあ!! こんな事を場合じゃなかったわ!!」 このチューが要因となりガイアと契約をしてしまった汐。そして契約によって異世界を救済しない限り天界に帰還できなくなったガイア。 追放されたことに不貞腐れるも、異世界で生き抜くため汐は自分のスキルを確認する。 彼のスキルは調理、洗濯、掃除、皿洗い、食中毒耐性、DIY等日本のバイト経験や貧乏の知恵袋を土台とするものばかりだった。 そして肝心のガイアは防御力が1の紙(神)装甲。 だが主人公・汐は異世界で様々の出会いを重ね、彼本人も魔王を討伐することを目的とするようになる。 この物語は運命に流された一人の魔族の子孫が異世界での戦闘を通じて成長を重ね、どんな苦難にもスキルを創意工夫することで仲間と共に乗り越えていく。 そんな物語。 2/28から随時複数話を投稿していく予定です。 ※19話以降から徐々に仲間達の素性が判明