異世界ファンタジー 長編 連載中

レヴェイユ

作者からの一言コメント

人喰いの少年が送る悲しいお話

神族が住むとされる聖地、カルナーダ。 そこに、16年という年月をかけ、少年、メニーは訪れた。 彼は長らくの間探していた。とあるモノを。 そしてそれは、聖地にてようやく見つかる。 「やっと見つけた、オカーサン」 これは、人喰いの病を患った少年が送る、悲しい悲しいモノガタリである……。 ※残酷な描写が含まれます。 人喰いの病と明記しているようにカニバリズム表現も含みます。苦手な方はご注意ください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 レヴェイユ
作者名 ヤヤ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス ほのぼの アクション/バトル 魔法
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年8月13日 23時30分
最終投稿日 2020年8月23日 17時45分
文字数 26,661文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 1,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡349,400

    〇2,434

    SF・連載中・66話・369,815字 新星

    2020年9月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • アンパンなんてクソ喰らえ

    ♡28,300

    〇155

    異世界ファンタジー・連載中・3話・4,399字 ほしのななか

    2020年9月23日更新

    成人の儀に貰った食べ物が、その子の『ギフト(チート)』となる世界『ヤーナ』 ある少年は『アンパン』を選び、魔王を討つ旅に出る。 ある少年は『ゴミ』を投げつけられ、全てをコロス旅に出た。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 英雄はあの日、裏切りの女神に復讐を誓った

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・22,179字 初歩心

    2020年9月24日更新

    あの日、突如として現実を異界化という非現実が破壊した。   その中心地は東京であった。    神倉瞬は、自らに封印されていた  『禁じられた聖剣ファイオラセル』  を駆使し三年前の異界化を終息させた聖剣士であり多くの人々に英雄として知られ称えられてきた。   だが、彼自信を裏切った女神への恨み憎みの闇は深く…………    復讐を心の内に誓った彼は、学園で出会った仲間たちとともに魔族と死闘を繰り広げ戦い成長していく。   ーーーーそんな闘いのさなか真実を知った  彼が選ぶのは未来か過去か

  • ズレた歯車を少年は力強く回す…

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・13,344字 ルゥ

    2020年9月24日更新

    高校2年生の橙月 累葉(とうつき るいは)はいつも通り平穏な毎日を繰り返していた。寝ては起きて、学校に行ってまた寝て……。 しかし、そんな輪に変化が訪れた。 いつも通りに眠り、起きるとそこには見知らぬ光景が広がっていた。──突如と異世界に来たのだ。 累葉は異世界に来た事を内心喜びはするが、現世にいる、とある恩人に恩を返すべく、異世界からの脱出を心に決めた。 そんな累葉は異世界に来たものの何にも恵まれることはなく、チート能力を使えなければ、この世界では容易に扱えるはずの魔法すらも使えない。 累葉は何も持たない所から始め、無事に現世へと帰還する事はできるのか? これは突然としてズレた歯車を回し、時間を進める物語。──ズレた歯車は普通には回らない。