恋愛/ラブコメ 短編 完結済

大正十年のメリークリスマス

作者からの一言コメント

少女と許嫁の聖夜の恋物語

今年のクリスマスは許嫁で大好きな柚兄様に想いを告げたい……。 14歳の女学生・柊子は、そう願いながら、手作りのプレゼントを柚希に贈ろうとマフラーをこつこつと編んでいた。 でも、三歳年上の柚希は柊子を子供扱いばかりして……。 今も昔も恋する女の子の純愛は美しい。大正10年のクリスマス・ラブストーリー。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 大正十年のメリークリスマス
作者名 名月明
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ クリスマス 大正ロマン 大正浪漫 女学生 年の差 許嫁 サンタクロース 大正時代
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月3日 19時42分
最終投稿日 2019年12月3日 19時47分
文字数 17,525文字
ブックマーク登録 1件
コメント 4件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡219,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・82話・392,954字 普門院 ひかる

    2020年11月29日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • 忘れたい記憶と、忘れたくない想い——

    ♡198,309

    〇5,319

    恋愛/ラブコメ・完結済・50話・159,675字 きおかわ ひつじ

    2020年5月15日更新

    ある事故で意識不明だった少女、美桜(みお)は、約1年ぶりに目を覚ました。 リハビリと経過観察のために入院生活を送ることになった美桜は、同じく入院している車椅子に乗る少女、真璃(まり)に出会う。 真璃とすぐに打ち解け、平和な入院生活を始める美桜だったが、周りの人間が自分に何か大きな隠し事をしている事に気づき始める。 それを追求しようとする美桜に突きつけられる真実とは。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ドタバタほっこりラブストーリーです。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話・22,528字 小海音 奏

    2020年11月29日更新

    ある日、同居していた姉から恋人と二人で暮らしたいから引っ越してほしいと告げられ、紗倉華鈴は新しい家を探すことになった。 恋人の塚森一緑にグチをこぼすと、一緑はある提案をした。それは、一緑が住むシェアハウス『AKANA』で同居しないかという内容だった。しかし、同居しているのはセクハラ上等の大家や女性恐怖症の小説家で――?! 七人の個性豊かな住人たちとの賑やかな日々が、幕を開ける。

  • コメントくれると嬉しいです!

    ♡800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・34話・31,237字 秋庭 心

    2020年11月29日更新

    大衆小説の頂点に存在する直木賞。 最年少記録を更新するかと注目される 主人公の深川拓海。 その作品を書くきっかけは高校時代の 初恋からだった。しかし、そんな初恋は 誰もが羨ましく思えるものではなく 不純でドロドロでした。 そんな彼は思った。 本当の恋愛は小説には書けないと… そこまで思うに至る経緯を書いた不純な ラブストーリーです。

    タグ: