現代/その他ファンタジー 長編 連載中

眠れぬ夜は呪いのせい

作者からの一言コメント

ホラー要素ありのラブコメ現代ファンタジー

読了目安時間:53分

眠れぬ夜は呪いのせいの表紙

男性嫌いの美桜が通う私立月島学園高等部には、王子様と呼ぶにふさわしいイケメンがいる。 王子様は、顔がいいだけでなく、家が超お金持ちの正に学園の王子様的存在で、女子から絶大な人気を得ていた。 だが、彼には大きな悩みがある。 夜眠ることができないのだ。 深夜になると、体を何かで締め付けられたような感覚に襲われ、奇妙な跡が体に残る。 彼が原因不明の現象に悩んでいたある日、偶然その様子を目撃した美桜は、思わず口にしてしまう。 「呪われてる……」と———— 呪われすぎる学園の王子様と秘密を抱えた少女のラブコメ×ホラー×ファンタジー!! ※カクヨムにも同作品を掲載しています

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 眠れぬ夜は呪いのせい
作者名 星来 香文子
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ 現代日本 呪い ホラー イケメン ラブコメ ファンタジー 伝奇 怪奇現象
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月17日 16時31分
最終投稿日 2021年5月31日 21時13分
完結日 -
文字数 26,360文字
読了目安時間 53分
ブックマーク登録 9件
コメント 16件
スタンプ 37件
ビビッと 0件
応援ポイント 21,700pt
ノベラポイント 25pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • フツウな日々

    結局、君と同じことをしてる。

    6,800

    0


    2021年8月2日更新

    ごくフツウな小学生「龍」には親友がいる。 何でも知っている、ちょっと嫌なヤツだけど、先生に質問するよりずっと解りやすく答えてくれる。 だから「龍」はそいつに遭いに行く。 学校の外、曲がりくねった川の畔。雨が降った翌々日。石ころだらけの川原。 そいつに逢えるのはその日、その場所でだけ……のハズだった。 ある暑い日、そいつと学校で逢った。 会話するまもなく、そいつは救急車にさらわれた。 男子小学生「龍」と、学校の外だけで会える友人『トラ』の、何か起きそうで、何事もなさそうな日常。

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    9,800

    120


    2021年8月2日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

    読了目安時間:9時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る