文芸/純文学 長編 完結済

311

作者からの一言コメント

忘れないでね

それはある日突然の事。平和な大日本帝國に未曾有の災害が襲いかかった。 被災地から少し離れた東京に住む、九人のエピソード。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 311
作者名 藤和
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 女主人公 現代日本 男主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月5日 6時00分
最終投稿日 2021年2月13日 6時00分
完結日 2021年2月13日 19時03分
文字数 49,844文字
ブックマーク登録 0件
コメント 2件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 目指せ年内完結!

    ♡11,400

    〇75

    異世界ファンタジー・連載中・62話・274,755字 シエル・カプリス

    2021年3月1日更新

    ■注意書き■ 当作品に出てくる登場人物・組織・国家はフィクションであり、実在する人物・組織・国家とは関わりを持ちません。 一部グロ・エロ表現含むことがございます。 ■お知らせ■ 10/12 タイトルと章の表示の仕方を変更いたしました。 ■あらすじ■ 奇形種と呼ばれる生物の脅威に晒された世界。 そこで十年前に人類の敵として討伐された奇形腫は二人の子供を育てていた。 一切の抵抗をせず子供を逃がそうとしたが惨殺され、彼も命を散らした。 死んだ子供達に、 「お前達を愛している」 といい残して。 雨のプラットホーム、主人公のソルトは空を見上げる。 覆われた空の向こうに思いを馳せるように。 駅のホームで出会った巨漢の男は奇形腫討伐組織【紅の空】の第七部隊隊長イクシ・ブロードとの再開で彼の運命は大きく動き出す事になる。 これは強引に第七部隊副隊長に任命されたソルトの活躍を描く物語――ではなく、惨殺された二人の少年が行き着く一つの【空】のお話……に繋がる一つの軌跡。 【奇形種は人類の敵であり、能力者は奇形種に対抗する希望となるだろう。 だが人々はいずれその希望の灯すら、敵と罵り貶める時が来るだろう。 ならば人と奇形種と堺はどこにあるのか…… ――アルベド・ハルベル】 今ここに第一の空の物語が動き始める。 死に逝く空の向こうで奏でられる第一の物語。

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡5,400

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・27話・385,043字 蒼真空澄

    2021年3月1日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 21

    私の処女作です。

    ♡7,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・20話・87,040字 吹田栞

    2020年10月19日更新

    【2021/03/02 21:00「第二十一章 21」をもって完結】 「死後の世界って信じますか」 急死した叔父さんのお葬式に、失意の中参列した佐々木康平、高校二年生。 そこで康平は、同じく高校二年生の上村栞と出会う。 栞に振り回されながらも、楽しいひと夏を過ごすことになる。 だが、夏はそれだけで終わらない。 死後の世界、魂の存在、生、そして死。 康平はやがて、深い深い闇にその手で触れる。 果たして闇に光が照らされることはあるのだろうか。 この夏は、きっと忘れられない夏になる。

  • いろんな作品があります。

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・7話・14,998字 吹田栞

    2021年3月2日更新

    こんにちは、吹田栞です。今後はこちらの方で活動したいと思っています。ですが、今までの作品を投稿しないのはもったいないので、短編集という形にしました。ごちゃまぜですし、一個のアイデアを伸ばしたものも多いですが、楽しんでいただけるなら幸いです。

    タグ: