異世界ファンタジー 長編 連載中

あべこべ勇者

作者からの一言コメント

逆だったかもしれねェ…

ワカは世界最強の勇者の一族として生まれた宿命として、 幼い頃から両親にあらゆる武芸や魔法を徹底的に叩き込まれた。 しかし、武芸や魔法を極めれば極めるほど、 その威力は落ちていき、最弱の魔物であるはずのスライムすらも殺せなくなってしまった。 また高価な回復アイテムも全く役に立たず、むしろダメージを受けてしまう体質になってしまう。 両親からも見放されたワカは、 妹であり、着実に最強の勇者の道を歩んでいるサグメにコンプレックスを抱きつつも 勇者の道を諦め、村でひっそり農作業を営んで暮らしていた。 しかし、彼は彼自身気づいていなかった。 最強の技を極めれば極めるほど、最弱の技の威力が上がり、 レベルをあげればあげるほど、強い装備を身につけるほど弱体化し、回復作用も逆転する 弱い敵ほど強敵に強い敵ほど弱体化する あべこべの呪いがかかっていたことに

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 あべこべ勇者
作者名 τελαδοηβυλι
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ギャグ コメディ アクション/バトル ほのぼの 最強主人公 男主人公 勇者 チート 異能 TS
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月14日 18時30分
最終投稿日 2021年2月27日 16時34分
完結日 -
文字数 29,412文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2021年2月28日更新

    異世界で魔帝国の復興を手助けした転移者、中西翔吾。彼が異世界にいる間に、日本は汎ユーラシア連邦との戦争に敗れ、特別自治区として連邦軍に占領されていた。 核ミサイルによって死の街と化した横浜で抵抗運動をする人々を助けるため、翔吾は堕天肢ルシフェル・ノワールの力を借りてパルチザン活動に参戦する。 反政府武装勢力、テロリストのレッテルを貼られても、翔吾は日本の自由と、大切な人々のために、魂を穢しながら戦い続ける。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡572,210

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,637字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 小夜姫にはいつまでもいてほしい。

    ♡3,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・46話・134,736字

    2021年2月28日更新

    星間連絡協議会の監視システムが、ある星の終焉を予想した。 この星はやがて自滅する。 命を育む水で覆い、色彩豊かな植物群とあらゆる種類の生命体で、百数光年の内には比類するものがないほど美しく育った『地球』と名付けたこの星が、星を維持管理するために存在させた『人間』の手によって破壊されると予想したのだ。 地球を見守る担当者はある時期から、『人間』は殺し合い、共倒れするか或いは他民族を消滅させる危険性を持ち始めた事に気がついていた。 地球にあるものはなに一つとして一個人のためのものはないのに、土地を、資源を、そこに存在するものを排除して、占有し始めたのだ。 担当者は、人間の『欲』には五つの種類がある事を知り、それらを抑制するための五色の『鬼』を地球に降ろした。だが、人と鬼、双方が持つ磁場エネルギーの違いから、人と鬼は、それぞれ別の世界に棲み分ける状態になってしまった。 担当者が目論んだ鬼と人間が混在する世界にはならなかったのだ。 このままであれば、人間は将来、原子核をもてあそび破壊兵器を手にして、協議会の予想通り、自らの手で地球を壊滅させてしまう。 そもそも人間同士が争う原因となる欲の発生は何によって生じるのか、どの時代からなのか、担当者は分析とシミュレーションを繰り返した。 その結果意外なターニングポイントをみつけることができたのだ。 それは、人間ができてからの地球の経過年数が何万年も過ぎたあとの小さな島の民族がキーになっていた。 この島でも多分に漏れず、あちらこちらで争いが繰り広げられてはいたが、この島の中心に位置するある集落の争いを無くしてみたところ、波が広がるように次々と争いが収まっていったのだ。 この時代の人間に争いを起こさせていたのは、貧しさや飢えからくる生命の危機感が原因だと判明した。 ここから人間を豊かにして、社会が複雑化する前に、この集落を富と平和のモデルケースにして世界に波及させれば、欲望と争いが収束する。 しかし、『欲望』も、争いの原因になる『怒り』も、これらを完全に人間から無くしてしまえば、やはりこの星は荒れ果ててしまうとシミュレーションは告げていた。 この微妙な問題に対して担当者は、協議会に連絡して一組の夫婦をその集落に派遣するように要請した。

  • 2021年2月28日更新

    吾輩が魔王ニャ!?………主人公の吾輩は現代の日本で家族と幸せに暮らしていた可愛い猫ちゃん。そんな吾輩はなんと、神々のイザコザに巻き込まれ死んでしまったにゃ。そして気が付くと、そこは母親のお腹の中にゃ。なんとなんと!異世界で魔王の娘に転生しちゃったにゃ!オマケに吾輩の魂に二人の神もくっ付いちゃったにゃ?その神にこの世界の悪い神の退治をお願いされたにゃ。面倒だけど、ほっといたら吾輩にも危害が及びそうにゃ……よし!こうなったら、仕方ないので魔法の力で神を倒して世界を征服して平和にするのにゃ!