連載中 長編

死人の楽園

作者からの一言コメント

ぞっとするほど美しい、生ける屍

1948年。電電公社に勤める及川誠は、仕事帰りに路地で倒れている少年を見つける。その少年は、ぞっとするほど美しく生気のない美少年だった。 彼は及川に囁くように言った……「私は、1945年から来たのです」と。 一方、カストリ雑誌記者の佐原薫は作家の八神妖介の手掛ける新作のための取材に付き合わされていた。その中で聞いたのは、不気味な流浪の男娼たちにまつわる噂話だった……。 「一度殺した男をもう一度殺した」と自首して来た殺人犯。 屍のような美少年たち。海鳴りの町に蠢く生ける屍。過去から来たと自称する妖艶な少年。そして、熱狂的な読者からの奇妙な手紙……。 絡まる糸の先にあるのは、地獄か楽園か。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
死人の楽園
作者名
浅倉喜織
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日
2020年1月9日 11時34分
最終投稿日
2020年1月25日 16時04分
文字数
46,759文字
ブックマーク登録
18件
コメント/スタンプ
78件
応援ポイント
58,825pt
ノベラポイント
100pt
応援レビュー
0件