花街妖物語

第七幕 抵抗の涙

「全様、一体どこへ……」 「いいから黙ってついてこい」  涼一の手を引いたまま、全はぐんぐんと先へ進む。全の姿を見た店子達は皆心配の声をかけたが、それら総てを全は黙殺した。  やがて全の足は、夜の闇に包まれた外へと向かう。涼一は何とかそれを止めるべく逆方向に腕を引いたが、涼一より力の弱く体重も軽い筈の全の体は何故かびくともしなかった。 「全様、夜の外気は体に障ります」 「うるさい」  声をかけてみても、取り付くしまもないと言った感じで全は足を止めない。いつもと明らかに違うその様子に、涼一の心に焦りが広がる。  このままでは、全の命が危ない。己の身に迫る危機よりも、涼一にはそちらの方が遥かに重要だった。  やがて二人は店を出、夜の道を歩き出す。朧月に照らされた吉原は、ぼんやりと妖しく闇の中に浮かんでいた。  決して見通しの良くない中を、迷う事なく全は進む。涼一には、全の向かっているのがどこか解っていた。そして、そこで何を口にするかも。 「涼一」  やがて全はぴたり、と足を止めて振り返る。その表情は、間近で見なければよく解らない。  涼一が辺りを見回せば、果たしてそこは心中のあったあの川だった。どこか生気の籠らない声で、全は言葉を口にする。 「……全様」 「俺と死んでくれ、涼一」  ――やはり。涼一の唇が、固く引き結ばれる。 「解っているだろう? 現世じゃあ俺達は、どうしたって結ばれない」  言いながら、全が涼一に身を寄せる。薄闇に隠されていた顔が、近付く事で露になった。  表情のないその顔に、細い涙がひとしずく、線になって流れていた。 「なァ、出来るだろう? だって、お前は、俺を」 「――それ以上は言わせない」  涼一の手が、全の左肩を強く掴んだ。その痛みに、微かに全の顔が歪む。 「()っ……!」 「それ以上全様の姿で、声で、全様の覚悟を踏みにじる事は許さない。例え死霊に心惑わされようとも、全様が自らの意思であの日の誓いを違える事は決してない。今流れる涙こそがその証」 「り、涼一……」  怯えたような――媚を売るような仕草で、全が涼一を見上げる。しかし普段の全ならば絶対にしないその仕草は、余計に涼一の怒りに火を点けただけだった。 「これ以上の茶番は無駄だ。正体を現せ……麗羽!」  涼一のその言葉に。全の――いや、麗羽の口元が、弧に歪んだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • じょしかうせいのにちぢやうなりけり

    ♡8,500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・63話 K1.M-Waki

    2020年8月13日更新

    三年生が卒業して、岡本千夏(おかもとちなつ)は文芸部の部長になった。 でも部員は千夏一人だけ。部員が五人いないと同好会に格下げになってしまう。そのため、千夏は部員集めに奔走するようになった。 そんな時、出会ったのは同じクラスの「那智しずる」という美少女だった。実は彼女は新進気鋭の小説家だった。他人の目を盗んで、図書室の隅っこで、創作活動をしていたのだ。 その時から、千夏としずるの文芸部活動が始まった。 新入部員も迎えて、晴れて部として存続した文芸部。しかし、その活動は千夏の考えていたものよりも慌ただしいものだった。 頑張れ千夏。負けるな千夏。恋も部活動も勉強も。 その先に何が待っているとしても。

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡383,350

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • なろうさん版とは一部展開を変えてあります

    ♡72,200

    〇9,100

    歴史/時代・連載中・57話 但尾逆浦

    2020年8月14日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては2157年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※

  • 「桶狭間の戦い」の謎に迫る独自の新説

    ♡1,100

    〇0

    歴史/時代・連載中・29話 日野照歩

    2020年7月19日更新

    日本史上もっとも謎の多い合戦「桶狭間の戦い」 それは、織田信長、今川義元ともに、高度な戦術と情報操作を駆使し、命懸けの決意でぶつかり合った名勝負だった。 決して運や天命などではなく、僅かに戦略で上回った信長が、薄氷の勝利を収めるに至ったのである。 信長は如何にして勝ったのか。 史実に忠実に沿いつつも、歴史書の行間を深読みし、独自の新説でその謎に迫る...