花街妖物語

幕間 二

「ハァッ、ハァッ……!」  部屋の中、全は何度も荒い息を吐く。四つん這いになり何度も何度も息を吐き出すその姿は、まるで息以外の何か(・・)を必死に体の外に出そうとしているようでもあった。  まだ若く、張りのある肌の所々に浮かぶは珠の汗。細い首筋を大粒の汗が伝い、滑り落ちていく様は、もし誰かが目にしていれば酷く官能的に映ったかもしれない。 『――まだ抗うでありんすか。ほんに強情でありんすなぁ』  全の耳元に、囁くような女の声が響く。それはとても艶かしい一方で、どこか毒を孕んでいるようにも聞こえた。 「……ざ、っけんな……誰が……手前の思い通りなんぞに……!」 『この世では、けして叶う事のない想い……お前様も解っているのでありんしょう?』 「俺は……手前とは違う……死んであの世で結ばれる、なんざ、ただの逃げだろうが……!」  苦しげに胸元を強く握り、拍子に肩からその場に崩れ落ちながらも、怒りを剥き出しにし全は唸る。その瞳には未だ、強い意志の光が宿っていた。  死んで得られるものなど、何もありはしない。全はそれを胸に、今日まで生きてきた。  だから、屈する訳にはいかなかった。自らの未練を他者に晴らさせようとする、このような女などに。 「俺は、俺は絶対に……あいつと心中したりなんかしねェぞ……!」 『……フフ。良いでありんす。わっちがお前様を諦めるのが先か、お前様がわっちに屈するのが先か……刻は、たっぷりとありますれば……』 「……クッ……!」  全のその静かな戦いを知る者は、誰もいない。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • もふもふが好きな方へ♪

    ♡5,500

    〇50

    異世界ファンタジー・完結済・1話 ところてん祐一

    2020年7月7日更新

    黒髪黒眼の青年ユーゴは、相棒の小狐(こぎつね)コンと共に今日も今日とて街中を駆け巡る。 時には、街の人と交流したり、時には、ユーゴと同じく相棒がいる少女とお話したり、時には、ギルドで依頼を受けたり……。 その中には、ほとんどと言っていいほどもふもふたちがいるのだ。そんなユーゴとコンのもふもふがいる日常のお話。 ※こちらの短編は、自作「小狐さんといく~異世界モフモフ道中」の番外編となっていますが、 本編を知らない方でも楽しんでいただけるよう書いています。(本編は、現在別サイトのみ) ※この短編は、小説家になろう様でも投稿しております。

  • この世界は狙われている

    ♡38,600

    〇1,130

    異世界ファンタジー・連載中・21話 枇杷アテル

    2020年7月11日更新

    異世界が認知された現代世界。世界各地で異世界転移、転生が多発していた。 多くの人類が異世界へ連れ去れていため慢性的な人手不足に悩まされた人類はこれ以上の異世界への人口流出を防ぐため、友好的な異世界との交流のため『世界異世界対策機関-WDWC-』を設立する。 『WDWC』は異世界からの帰還者が持ち帰った技術を現世界へ取り込み、科学技術を高めると共にそれまで空想でしかなかった魔法といった非化学についても研究を進めていく。 『WDWC』には役割毎に様々な課が設置されており、その中の戦闘課があった。 戦闘課は異世界からの脅威に対して現世界を守るための役割を担っており、戦闘課職員は各自の戦闘スキルから<S>から<C>とランク分けされていた。 これは最近Bランクに昇格したばかりの暁乾斗が周囲に助けられながら異世界からの脅威と戦い、成長していく物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • なろうさん版とは一部展開を変えてあります

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・20話 但尾逆浦

    2020年7月12日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては2157年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※

  • 2020年7月12日更新

    【あらすじ】忍術闘技会「カンラカグラ」まで一か月となった秋のある日。忍術学園「神楽」に水鏡チャチャが転校してくる。 人気者であった上月スズマルは、彼女によって「ある秘密」をクラスメイトにバラされてしまう。(Hな秘密だよ!) どーも!ぬくぬくはらまきです! 今回は忍者!くのいち!最高だぜ!oh yeah! ごゆっくりお楽しみください(^o^)