現代/その他ファンタジー 短編 完結済

いつかの花火

作者からの一言コメント

短編2周目です

読了目安時間:4分

久しぶりに友人から花火に誘われた話

前へ

次へ

  • 投稿日2021/7/17 22:58 文字数1,851文字

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 いつかの花火
作者名 すすき
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 夏マラソン2週目 現代日本 日常 転生/転移
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月17日 22時58分
最終投稿日 2021年7月17日 22時58分
完結日 2021年7月17日 22時32分
文字数 1,851文字
読了目安時間 4分
ブックマーク登録 4件
コメント 9件
スタンプ 34件
ビビッと 3件
応援ポイント 18,530pt
ノベラポイント 15pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 『妖精騎士の物語 』 少女は世界を変える

    剣と魔法とわりとヒストリカル

    2,200

    0


    2021年7月31日更新

    子爵の娘に生まれた『彼女』は、裕福な下位貴族か商人の家に嫁いで姉を支えることが求められていた。 そんな中、家の書庫で調べ物をしていた彼女は不思議な短剣を手にする。短剣は古の魔術師の魂の依代であり、対価を支払えば魔術を教えてくれるという。彼女は美しい黒髪を対価に魔術を習い、両親姉に知られることなく薬師ではなく錬金術師となるのであった。 ――― 彼女は世界を変えたいと願っていた ――― これは、『彼女』のそして伝説へ……と連なる物語―――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 超人ババアとも子

    理解不能なギャグです。

    700

    0


    2021年7月31日更新

    題名:超人ババアとも子 ⭐︎あらすじ⭐︎ 東京に住むお年寄りのとも子おばあちゃんは、夫が亡くなったことを機に、店を改装することを決意する。愛着ある名前を捨て、新たな旅立ちへ……。 だが、そこに現れるのは夫による刺客たち? とも子は無事に余生を過ごすことができるのか!? 謎すぎる作品、理解はできない!? ⭐︎ピラフドリア⭐︎ 初心者の書き手です。誤字なども多いと思います。 イラストや動画制作もしているので、そちらもよろしければご覧ください。 ⭐︎注意⭐︎ 悪質な行動やコメントはお控えください。私だけではなく、関係者や他の読者が不快に思われる場合がございます。 出来る限りを尽くしますが、全てのコメントやメッセージを把握できるとは限りません。 大幅な修正は極力控えますが、事情により修正が加えられる可能性があります。 投稿頻度に関しましては、現段階では安定は保証できません。場合によっては長い期間お待ちしてもらうことがございますが、お許しください。 二次創作や宣伝に関しましては、一度作者(ピラフドリア)を通してください。作品への影響を考え、検討させていただきます ⭐︎詳細⭐︎ 以下のサイトでも投稿してます。 ・小説家になろう ・エブリスタ ・カクヨム ・ハーメルン ・pixiv ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・MAGNET MACROLINK ・ツギクル ・note ・YouTube

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る