イルフェミア英雄譚 ~紅眼の騎士と銀の姫の巡礼~

作者からの一言コメント

公国の変革のため、騎士たちは旅に出る。

――――私の騎士になってくださいませんか?  王女アリシアに告げられたのは突然の一言であった。  帝国との戦争終結から十年、貴族を狙った暴動、公都で異民族を中心として相次ぐ不可解な事件、その裏で蠢く陰謀、不吉な前触れの様に各地で相次ぐ不穏な事件に立ち向かうため、アリシア王女が騎士に選び出したのはエルド達であった。  紅眼の脳筋騎士・エルド、酔いどれ王女・アリシア、寝ぼけ眼の苦労人・カイム、少し影が薄い・フィリア、身分も育ちも違う四人の騎士は、それぞれの想いのために旅を始める。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
イルフェミア英雄譚 ~紅眼の騎士と銀の姫の巡礼~
作者名
水都 蓮
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年5月22日 0時09分
最終投稿日
2019年6月17日 17時07分
文字数
153,286文字
ブックマーク登録
3件
コメント/スタンプ
9件
応援ポイント
930pt