連載中 長編

継がれ行く馬鹿者

作者からの一言コメント

脈々と、おおいなる意思に反して継がれ行く

脈々と受け継がれる馬鹿の意思は、まさに今、二人の青年に託された。 新聞部の喜一と、帰宅部の和である。 学園に起こった一つの謎、浮かび上がる謎の男と二人の馬鹿と少しの怪奇。 今ここに、新生スルメ作品登場だぁぁぁ(エコー) 縦読み推奨です せっかくこういう場があるのなら、処女作と向き合い、また供養してあげよう思い、不定期に投稿していきます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
継がれ行く馬鹿者
作者名
裏方
ジャンル
純文学/文芸
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年9月4日 20時12分
最終投稿日
2019年9月24日 21時56分
文字数
44,926文字
ブックマーク登録
3件
コメント/スタンプ
31件
応援ポイント
15,005pt
ノベラポイント
5pt
応援レビュー
0件