現代/青春ドラマ 長編 連載中

青い絆創膏

作者からの一言コメント

頭が先回りする前に、抜け出したい。

跡見凛は、高校一年生。どこかうんざりしてくるような学校生活から逃れるために、彼女はいつも屋上に上がる。他の生徒は、屋上の扉はコツをつかめば開けられることを知らなかった。でも、ある日そこで凛は、知らない男子生徒と出会う。たまに話しをするようになってから、凛とその男子生徒は、「一緒に逃げ出そう」と決めた。 更新は不定期になります。この小説は、「小説家になろう」などにも投稿しております。 この小説は、以前わたくしが「ボニー・ブルー」という名前で「小説家になろう」に登録しておりました時に書いた、「サンクス・フォー・ザ・メモリーズ」という作品を元にしております。残念ながらもうアカウントにアクセスできませんで、書き直すのは別のアカウントになりました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 青い絆創膏
作者名 桐生甘太郎
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス ダーク 高校生 家出 サボり
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年4月8日 11時03分
最終投稿日 2021年4月12日 21時42分
完結日 -
文字数 14,566文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,600pt
ノベラポイント 18pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    633,670

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

  • たとえ世界が立ち塞がっても、俺はあなたと約束を交わす ー転生したらもう一度!この世界でー

    ある1人の従者から運命は動いた

    23,000

    300


    2021年4月10日更新

    いつもと変わらない「日常」に退屈していた少年は、いつもの様に夜の街へと足を向ける。 そこで出会った少女に、虐待されていると助けを求められ、その少女の家庭事情に首を突っ込んだがために命を落としてしまう。 目が覚めると、見知らぬ異世界へと転生していた。 なぜ、転生したのか?もう一度生きる機会を与えられた少年は、自らの運命に翻弄されながらも、再び第二の人生を生きていく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間10分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • おーばー!〜弱小女子野球部の監督に元最強選手の男子高校生が就任してハーレムになった件〜【明鈴高校女子野球部編】

    自分の限界を超えていけ!

    6,000

    0


    2021年4月13日更新

    【自分の限界を超えていけ】 「ようこそ、明鈴高校女子野球部へ」 全てはこの一言から始まった。 ────やっぱり野球が好き。 怪我で野球を辞めた高校生、藤崎巧は監督としてグラウンドに戻っていた。 巧が高校に入学して数日、中学時代の知人、明鈴高校女子野球部の『大星夜空』と再会した。 「アドバイスだけでもお願い!」 「夜空さんがやればいいじゃないですか」 「私感覚派だし、明日の練習試合を見てアドバイスをくれるだけでいいから!」 「それくらいなら……」 夜空のお願いを巧は渋々引き受ける。 そして翌日、練習試合の途中で夜空はとんでもないことを言い始めた。 「監督やってみない?」 一試合限りの監督をすることとなった巧は見事勝利を収めることに成功した。 そして試合後も勧誘を受け続ける。 監督を引き受ける気のなかった巧だったが、女子野球部のしつこい勧誘にうんざりしていた。 「私たちが勝ったら監督をする。負けたら勧誘はもうしない。だから勝負してよ」 「嫌だ」 「もしかして自信ない?」 同じクラスで女子野球部の神崎司の策略(挑発)よって、今後のしつこい勧誘をしないことを条件に女子野球部と対決する。 ──そして、 明鈴高校女子野球部の監督として藤崎巧はチームを導いていくこととなる。 派手なプレーとは裏腹にどこか闇を抱える全国総合力ナンバーワンワンのキャプテン、大星夜空。 怪我で野球を辞めたが、マネージャーとしてチームを支える、かつての全国ナンバーワンヒッターの本田珠姫。 県内トップクラスのピッチャーで巧にライバル心を抱く、クールで負けん気の強い瀬川伊澄。 煩くチームのムードメーカーながら繊細な守備でオールラウンダーな姉崎陽依。 地味で清楚な見た目からは予想とつかない嫌らしいリードを得意とするキャッチャーの神崎司。 高身長で豪速球を投げるがプレーはまるでど素人な豊川黒絵。 美少女だらけの明鈴高校女子野球部に巧は半ば強引に入部させられることとなる。 独特な個性を持つチームメイト、美少女の中に一人の男子。 美少女に囲まれながらハーレムとはほど遠い野球漬けの毎日。 明鈴高校女子野球部は、高校野球の全国大会、甲子園を目指す。

    読了目安時間:12時間41分

    この作品を読む

  • リンカーネーション・メモリー

    失われた記憶の中で笑う、彼女の影

    5,500

    0


    2021年4月13日更新

    大学生の上村紘斗は、毎日のように同じ夢を見ていた。 それは、高校時代の記憶。 休み時間の教室。 毎回同じ女の子が自分に話しかけてくる。 顔には黒い影が落ちていて、誰なのか分からない。 彼女について、どうしても思い出せない。 君は一体、誰なんだ。 その一方で世の中では、記憶に関する新たなシステムが導入されようとしていた。 紘斗は様々な人間と関わり、少しずつ自分の過去の記憶に近づいていく。 夢の中の彼女は。 そして、自分は一体誰なのか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む