童話/絵本/その他 短編 完結済

春を運ぶ男

作者からの一言コメント

勉強会終わり! お疲れ様でした! 

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

ノベプラ文芸部小説勉強会参加作品です。  男は雪が降り積もる森を、歩いていた。男が通り過ぎた木々には、新芽が芽吹いていく。  男は春を運ぶ精霊であった。長年この仕事を続けて、そろそろ引退したいが、後継者は未だに現れない。  今日も今日とて男は歩き続け、森を出ると小さな村に辿り着く……。 今回の課題はちゃんと書けているのか判断できていません。 よろしければ、ポイントは結構なので書けているかどうかコメントいただけると嬉しいです。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 春を運ぶ男
作者名 海藻若芽
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 第4回勉強会
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年6月17日 13時00分
最終投稿日 2022年6月17日 13時00分
完結日 2022年6月17日 0時48分
文字数 973文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 5件
スタンプ 5件
ビビッと 2件
応援ポイント 4,100pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 怪説書 ~完全版・怪奇短編集オフィシャルファンブック~

    本編の裏話を中心に。(ネタバレ注意)

    500

    0


    2022年7月2日更新

    怪異の正体や誕生した経緯、物語のその後……などなど。 『完全版・怪奇短編集』の裏話を思いつくままに語ります。 ※ネタバレ注意です。 本編と同じく毎週水曜日と土曜日の更新です。 本編と併せてお楽しみくださいませ。 本編はこちら→ https://novelup.plus/story/836984570 他の小説投稿サイトでも同時連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 文披31題に寄せて ~文月日替わり百合140字~

    七月の空に、三十一輪の百合を

    3,000

    10


    2022年7月2日更新

    綺想編纂館(朧)( https://twitter.com/Fictionarys )様のTwitter企画「文披31題」参加作ログです。 7月中、日替わりのお題に沿って小説を投稿する企画です。 企画詳細: https://twitter.com/Fictionarys/status/1533778968847224832 参加形態は自由ですが、私は「Twitterサイズの日替わり百合小話」で参加しています(※企画自体は百合限定ではありません) 特に連作にはしていませんので、どこからでも気になったものをどうぞ。 (文字数はTwitter基準です。タグを入れる関係上、本文は全角140字に少し足りていません) 暑いさなか、ちょっとした楽しみになれば幸いです。 表紙画像: 写真AC kome_rice様 https://www.photo-ac.com/main/detail/23654770

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    272,130

    665


    2022年7月1日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を秘密裏に解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし重要な任務の最中、別行動をしていたジオに不穏な影が忍び寄る———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間48分

    この作品を読む

  • 海は泣かない

    海は、苦しみを誰にも見せないのだろうか。

    3,000

    0


    2022年7月1日更新

    ミオ。葛森澪。あたしの幼馴染。 掴みどころがなくて、いつもふわふわと笑ってて、どんなことでも引き受ける、海みたいな子。 海は何も言わないのだろうか。 それとも――誰にもその声が聞こえていないだけで、ずっと叫び続けていたのだろうか。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む