現代/その他ファンタジー 短編 完結済

香草、秋桜、カジキの妖精

作者からの一言コメント

でもあたしには、なんにもできねえです。

地中海に面した街エストゥアーリョ。この地を治める伯爵家の娘アマーリアは、女料理人ルーチェと密かに愛し合っていた。 だがアマーリアは政略結婚のために、山深い地モンターニュへと嫁ぐことが決まった。 嘆くアマーリアを慰めるため、ルーチェは一つの小箱をプレゼントとして贈る―― ・ののあ様主催の自主企画「秋の夜長コンテスト」 https://novelup.plus/story/725973921 への参加作です。 ・舞台が「なんちゃってヨーロッパ」(ヨーロッパ風異世界ではなく)を意図しているため、その他ファンタジージャンルを選択しております。 ・明白に百合を意図してはおりますが、結末が百合好きな方のお気に召すかどうか正直わからないため、「百合」タグはあえて付けておりません。 【セルフレイティング事由】 性描写はありませんが、夫婦の営みに関する言及が多々あるため念のためチェックしています。 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/42c0a4

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 香草、秋桜、カジキの妖精
作者名 五色ひいらぎ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 女主人公 西洋風 ノベプラオンリー 秋よなコン 百合要素あり
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年10月31日 11時13分
最終投稿日 2020年10月31日 11時18分
完結日 2020年10月31日 11時18分
文字数 9,999文字
ブックマーク登録 5件
コメント 6件
スタンプ 11件
ビビッと 2件
応援ポイント 6,700pt
ノベラポイント 115pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る