笹と獺虎のコーヒーブレイク

読了目安時間:3分

四話

 二人は廊下を歩いていた。 「今からコンビニ行かない?」と彼女は言った。  笹川は時計を見る。十二時四○分だった。  五時限目の始業は十三時だから、一応買いに行くだけの時間はあった。  笹川は、突然現れた彼女について、色々と聞きたいことがあったから行くことにした。  下階に降りる途中、彼女は周りを執拗にキョロキョロと見回していた。笹川は先から気になっていたことを聞いてみる。 「そういえば、さっきノックしてきた男って誰なんだ?」  さすがに学校関係者だとは思うが、もし彼女がどこかの貴族の令嬢で、厳格で肩身が狭かった家が嫌になり逃げ出してきたが、ずっとボディーガードに付き纏われ、追いかけ回された果てに男子トイレへ逃げてきた、という状況だった場合も無きにしも非ず、ということだ。  しかし、彼女は人差し指を立て、言う。 「しっ!後で全部話すから。今はただ付いてきて!」 「……そう」少し期待外れの回答であった。  その後、彼女は前方を気にしながら、角を曲がるときは息を潜めて先を伺ったり、小走りも混ぜながら、なんというかスパイとか潜入捜査官のような格好で学校を出ることになった。終始、笹川は呆れつつも彼女の背中にぴったり付く形で付いて行った。  警戒していた割には何事もなく一階に出て、二人は靴箱の前で靴を履いた。  その時。  スタ、スタ、スタ、スタ、と。  ゾワっと背中に鳥肌が立つ。  それは、聞き覚えのある足音。  そう、あの男だ。覚えている。彼女を探していた男の……。 「来て!」  彼女は棒立ちで聞き耳を立てていた笹川の手をグイッと引き、校門へ向かって走り出した。 「やっぱりあいつか!」笹川は聞く。 「そ、そう!見つかる前に、急いで、早く!」  笹川と彼女の足の速さは、殆ど変わらなかった。  何も考えず、走る。先程までいた正面玄関から、真っ直ぐ直線に二十メートルほど進むと、二階食堂へ続いている橋の形をした連絡通路が、地上の道と十字に交差するように位置している。その下を通り抜ければ、もう校門である。  手を引かれるまま、二人は校門へ着いた。 「はぁ、はぁ……よし、バレる前に逃げ切ったかな」彼女は両手を膝に当て、肩で息をしていた。  笹川も息を整えた。  なんとなく、ちら、と後ろを振り返ってみる。  あの男の顔が気になったのかもしれない。どんな男なのか、気になるのも当然だろう。  笹川が振り向いた先の後方約十メートルほど。  全身から放たれる殺気というか、気迫というか、そういった少なくともポジティブなベクトルではない、ダイナミックな威圧感のようなものを身に纏う一人の男が、ゆっくりと此方に向かって歩いてきているのが見える。  まず目に入ったのが全身の黒スーツ。もし、彼が裏社会に精通していると言われても驚かない。むしろこの男が清廉潔白、疾しいことなど何もない方がびっくりしてしまうような、そんな第一印象である。  身長は一八〇センチメートルはあるだろう。肩幅が広く、アメフトやラグビーを学生時代にやっていそうな、とても体格の良い男が、スタスタと此方を見据えてやってくる……。 「なぁ……なぁ、もしかしてあの人って……」笹川はすぐ前で息を整えている彼女の背中をツンツンしながら、目線は後方の男へ、彼に指を指しながら聞いた。 「はぁ……うん?」彼女が振り向く。「……って、ば、バカっ!ヤバい!逃げるよ!」  また手をグイッと引かれた。  逃走劇の第二ラウンドが始まった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゲーム好きのコミュ障美少女と幼馴染の勘違いに挟まれて、高校生活が修羅場になりました。

    残念美少女に振り回される学園ラブコメ!

    3,000

    0


    2021年7月25日更新

    ある日、忘れ物を取りに放課後の教室に行くと、そこには美少女がいた。 彼女の名は七川紫音。 普段から無口無表情を貫き、友達と駄弁っているのすら見かけないような――いわゆるぼっち。 そんな彼女は何故か無人の教室で一人ゲームをしていた。 なんやかんやあって、そこそこ仲良くなるのだが、俺の十年以上の付き合いになる幼馴染の存在によって、関係性がおかしくなってくる―― これは、普通(若干平均以下)な男子高校生が二人の残念美少女の勘違い・すれ違いに振り回される学園ラブコメ。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • ひと夏の恋

    ぼくなつ的なノリで書き始めました

    700

    0


    2021年7月25日更新

    ひとなつの恋にひかれるよ。 もう一度、この手で描くために。 将来のため、君のため、自分のために。 自らの身体だけでなんとかしてきた主人公。 けれど何も芽生えないあの身体に触れることで自分の本心は溶け出し、空気に触れ死んでいく。 批判されると分かっていても、自分がやりたい事のために生きていくためにはそれをしないといけない。 今日もまた 何でもない人たちと脆く儚い愛を語り、 大切な人たちには砕けても煌めき残り続ける愛を届けられずに日々を過ごしていく。 こちらの作品はLGBTQ+要素があるので誰がどうなるのか、男女だけの恋愛じゃないことを踏まえて読んでください。 7月1日~8月31日まで ・7:00 ・12:00 ・22:00 随時更新中…( .. )♡ 1話ずつ、オススメの曲を紹介しています。 サイドストーリーの«一なつの恋»も同じく更新中です! ・カクヨム ・小説家になろう ・魔法のiらんど ・アルファポリス にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間6分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    953,000

    170,029


    2021年7月19日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間46分

    この作品を読む

  • 消えゆく世界で星空を見る

    人の行動は、善と悪の二面を兼ね備えている

    77,450

    3,842


    2021年7月25日更新

    現実の世界。妄想の世界。夢の世界。 どれも同じ世界。 七百年間に渡る人間と神の死闘の末、救世主によって神は殺された。 それから五十年の歳月が流れ、人々は穏やかな暮らしを取り戻していた。 月見里諦止は生まれ落ちてから二十七年間を、幼馴染の鳥柿咲音と共にポソリ村で過ごしてきた。 だが、そんな穏やかな日々に再び暗雲が立ち込める。 二人の前に現れたのは、星空をそのまま切り取ったかのような存在。遥か昔に世界を滅ぼしかけた星影という生物だった。 御伽噺として語られていた星影という存在は何故再び現れたのか。 その理由を探るために、神殺しの救世主として知られる男が統べる国、桜樹国に月見里諦止は向かう。 果たして、世界が滅びる前に再び星影を封印することができるのか。 月見里諦止の前に現れた謎の男は何者なのか。 愛から始まった復讐の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む