笹と獺虎のコーヒーブレイク

読了目安時間:4分

八話

 照りつける日差しの中、ますます気温は上がっているようで、二人は影を探しながら学校への道を歩いていた。  その手には缶コーヒー。ちょっとしたブレイクタイムである。ちまちまと冷たいコーヒーを飲みながら、二人は話していた。 「三つ目は、なんでわざわざ男子トイレに逃げ込んできたのかってこと」笹川は言った。 「それは、たまたま目に入ったから。逃げてたらたまたま男子トイレを見つけてさ、あーもういいや!って割り切って逃げ込んじゃった(笑)」 「(笑)じゃねーよ……犯罪だぞ犯罪。もしらこさんが男で女子トイレに逃げ込んだとしたら、停学も有り得たんだよ?」 「いーの、その辺はしっかり弁えてるって。だってそもそも私、男じゃなくて女の子だし?学校では女の子って多目に見てもらえるんだよね。うん。というか、今停学になってないならなんでもいいじゃん」 「それは弁えてるって言わねえ……」笹川は呆れた。 「四つ目は?」櫻子が先を促す。 「えっと、なんで男子トイレに入る前に窓を開けたのかっていうこと……まあ、大体察したけど」  ふふん、と嬉しそうに、自慢げに櫻子は言う。 「あれはミスリードね」 「ミスリード」 「そ。窓から逃げたと思わせるためにね。すごく古典的な方法だけど、獲物の女の子を追い詰めた先に『開かれた窓』と『他学年の教室』、あと『男子トイレ』があれば、惑わせるには有効かな、と。まあ五階だったのは誤算、不運だったけど、どちらにせよ攪乱するには役立ったから、ヨシ!ってね」櫻子は言った。どこかの現場にいそうな猫ですが。  笹川は言う。 「で、次の五つ目が本題だね。最大の疑問も疑問、東大生でも皆目見当がつかないと涙目で地に伏すであろう超難問だね」 「……と、いいますと?」 「といいますと、だって?はぁ?そんなの、らこさんがなんでわざわざ鍵が閉まってて人が入ってること請け合いの個室の扉の上をぴょんと飛び越えて僕の頭上から勢いよく落っこちてきたのかってことに決まってるだろ!マジで訳分かんねーよ!アホか、ほんとに」  笹川の怒涛の言葉の来襲に、櫻子は少し怯む。 「な、なによ!確かに悪いのは私だけど、ち、ちゃんと理由も、あるんだからね!」 「ほーん、言ってみてよ」笹川が言った。 「まず、あの時の私は焦っていたっていうのが前提条件ね。焦っていて冷静な判断は極めて難しい状況だったと」 「もうその保険かけまくりの時点で、まともな理由が出てくる気がしないんだけど」笹川がつっこむと、櫻子はぴっと手を前に出し、一旦黙れ、先を続けさせろと暗に示した。 「……こほん。でね、私は窓を開けて、取り敢えず攪乱することで隠れる時間を確保したわけ。それで男子トイレに駆け込んだの」また口を挟もうとした笹川を無言で制す。「そうしたらさ、まあドアがたっくさん並んでるわけよ。ちなみに、あ、悠介ってさ、心理学とか心得てたりする?いや、心理学的にはね、私みたいな男子トイレに逃げ込んじゃうような、そういう大胆な性格をしてる人は、五択のときに真ん中を選んじゃうみたい。うん。そうらしくて。だから、選んだ真ん中の個室に、仮に人が入ってたら、まあそれはしょうがないと。やっぱりね、うん、それは心理学的にしょうがないって、証明されてんだよね」  ……はあ、何を言ってるんだコイツは。そんなガバガバ心理学があってたまるか。明らかに根拠の無いことを言い訳にしている。 「ほんと根も葉もねーな。せめてもう少しマトモなことをだな……」笹川が言いかけるが、遮られる。 「ま、実を言うと、本当は私、わざと人のいる個室に入ったんだけど」 「!?」 「中に人がいたらさ、その人が入ってるからさ、その人が入ってることで私は入ってないって察するわけじゃん、さすがに」 「あ、ああ、さすがに、ね」うん、さすがにコイツ、ヤバすぎる。 「うん、だから、思い切ってやっちゃった(笑)」 「いや思い切り良すぎィ!マジで。いや、仮に僕がもしウンコしてたらどうするつもりだったのさ?」 「や、してなかったじゃん」 「仮にっつったろ」 「そりゃあ臭いで分かる」 「じゃあもし僕のウンコが無味無臭だったら?」 「無味ってなによ。無味は分からないけど、人間は雑食だから無臭なわけない」 「まあいいや」笹川は言った。「大体事情は分かったよ」  二人は見慣れた通りに出た。街路樹から溢れる木漏れ日に目を細めて、学校への道を進む。その道程では、先より人出は減っていた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • DachuRa 1st story-ivy-

    最低で残酷な、ハッピーエンドを今。

    400

    10


    2021年7月25日更新

    19世紀末、大英帝国ロンドン。 誰もが羨む地位を生まれと共に手にした名家エインズワース家の令嬢エルは、教育という名の洗脳を受けて育った。 両親から与えられた深い×××と愛情は、彼女の心を少しずつ狂わせていき、やがて周囲の想いにすら気づく事が出来なくなっていく。 そんな彼女は、自身の18歳の誕生日パーティーで不思議な男性と出逢った。 ――これは1人の女性の、長い人生を描いた物語。 永遠に覚めぬ幻覚を。 ―― 自主制作で書籍にしました https://www.seichoku.com/item/DS2001506 ―― 彼等は美しい夢を見る。 ある者は身分差の恋を。 ある者は親子愛を。 ある者は依存愛を。 ある者は狂気愛を。 それが全て 偽りだと知らずに。 DachuRaシリーズ1作目 -ivy- -- この物語はヴィクトリア朝の英国を舞台にしておりますが、街や建物、人物などは全て架空です。 多少の性描写が含まれる為、レーティング設定をしております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間52分

    この作品を読む

  • ギリギリセーフ(?)な配信活動~アーカイブが残らなかったらごめんなさい~

    配信外でもイチャイチャしてます

    4,600

    0


    2021年7月25日更新

    Vtuberとして活動中の一角ユニコは、同期にして最愛の恋人である闇神ミミと同棲生活を送っている。 日々楽しく配信活動を行う中、たまにエッチな発言が飛び出てしまうことも……。 カクヨム、アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る