SF 短編 連載中

【終末】ドーナツの穴で埋まった世界

作者からの一言コメント

⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️

【終末】ドーナツの穴で埋まった世界の表紙

⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️     この土地は危険です。 ⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️ 人類滅亡後の世界。 彼等兄弟。 私たち以外に誰かいるのかも分からないこの世界で。 絶望から逃げるべく歩く。 希望を求めるべく歩く。 好評だったら歩く。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【終末】ドーナツの穴で埋まった世界
作者名 ぼうねん
ジャンル SF
タグ ポストアポカリプス HJ大賞2020後期 シリアス ダーク 女主人公 男主人公 人外 未来 近未来 ノベプラオンリー ミリタリー サイバーパンク ロボット
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月12日 1時29分
最終投稿日 2021年1月24日 23時06分
完結日 2020年12月12日 1時30分
文字数 3,218文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 先輩・後輩×魔王・勇者=学園F

    ♡141,900

    〇2,740

    異世界ファンタジー・連載中・44話・128,084字 神杖ケーエス

    2021年3月8日更新

    先輩・後輩×魔王・勇者=学園ファンタジー 定められた未来を覆せ!! 日本から勇者として召喚されたミコトは、へっぽこ召喚師のシャルニニャを魔王をするためにサポートを始める。 でもシャルニニャは失敗ばかり。 おまけに召喚される使い魔はちょっと訳ありな使い魔たちで!? 「やだ、やだ。何で、どうしてこんなことに。 誰か、誰か助けてよぉ!!」 「はい。ではわたしが助けましょう」 学年は違うけど心は一緒。 勇者が魔王を守って何が悪い! 「理不尽な要求は後輩の特権ですよ。 なのでしっかりと手綱を握って、じゃじゃ馬のわたしを乗りこなしてくださいね」 召喚主から離反したミコトはシャルニニャの騎士となり、魔王の復活を待望する暗躍者たちを想いの力で倒していく!! これは自らの手で殺さなくてはいけない女の子を、自らの手で守ると誓った不器用な女の子の物語。 ※表紙:佐倉ツバメさまに描いて頂きました。

  • 巨大な化け物に攫われた先は異世界だった。

    ♡48,600

    〇3,000

    異世界ファンタジー・連載中・25話・110,712字 ヒタカミ

    2021年3月7日更新

    砂漠のど真ん中で馬に似た生物と張り合いながら貨物を運ぶ奴隷が居た。 記憶の大部分を失い砂漠にたった一人でいるところを、通りがかった商人に奴隷として拾われたのだった。 食事は抜かれ、水も満足に貰えず、女性でありながら重労働を課せられる辛いものだった。それでも負けじと仕事をこなす彼女に、性格も相まってか身分違いであるはずの商人達と次第に打ち解けていく。 待遇は改善されるが一難去ってまた一難、様々なトラブルの発生に辟易するも、持ち前の身体能力と精神的な打たれ強さを武器に今日も懸命に生きていく。 やがて名前と記憶の一部を取り戻した彼女は、愛刀を巧みに振るい襲い来る敵やトラブルをバッタバッタと斬り伏せる。これもひとえに生きるため? いや違う、愛するヒトと生きるため! そのためなら命なんか惜しくない! 女性型の両性具有として生まれ落ちた彼女は、現実という荒波に揉まれながらも愛のため大立ち回りを演じる。 え、死にたくなければ国を相手に勝利を掴め? そんな無茶な! ※注意 百合要素は11話以降です。申し訳ありませんがしばらくお時間を下さい。 大変申し訳ございません、予想以上に文章量があり話数を分割したため、百合要素は15話以降になります。ご了承ください。 不定期で更新します! 連日投稿する事もあれば、数日空く場合もあります。ご了承ください。 ※皆さまのお陰でジャンル別最高で100位圏内に入ることが出来ました! 応援ありがとうございます! 伝手を使って表紙を描いてもらいました。この素敵な絵でイメージが湧きやすくなったかと思います。 皆様の応援のお陰で、まぐれながらも日間一位を取ることが出来ました。感無量です( ;∀;)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ワルコフユニークPV一万人;突破記念作品

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・36話・150,192字 susanowa

    2021年3月9日更新

    計画してた旅行に大人達が急用で行けなくなった。 ということで子供達だけで行くことになったバスツアー。 「ちょっと、後がつかえてるんだから早くして」 振り返ると巨大な旅行ケースを下げた、見たことも無いような美少女が。 なんか超絶派手な観光バスに、軍服みたいな制服の添乗員達。 出だしから怪しいこんなバスツアーが普通の旅行になるはずも無くて…… ※2019/08/11 17:20から執筆(投稿)を開始しました。

  • 君たちとは別の歴史、我々の歴史を語ろう

    ♡109,510

    〇0

    SF・連載中・28話・73,087字 イグノランス

    2021年3月9日更新

    今から君に話す私達の話は、多世界解釈の……そうだなぁ……パラレルワールド、もしくは別の世界線の話と言ったほうが分かりやすいかな? 歴史で言うならキューバ危機前後までは君らの世界とあまり差がないらしい。 その頃からネジが吹っ飛んでしまったんだ。ありきたりな表現になるが、君達の歴史は我々の歴史の隣りにある。 何がきっかけだったか、今となってはわからないが……何か小さな、おそらく些細な違いが大きく狂わせたんだろう。 どこから私達の世界を話すか…… そうだなぁ、基本的には彼女を中心に話を進めようか。 注意点、苦手な要素があれば他の世界を覗きに行ってほしい。 ・君達の世界基準でディストピアの世界、その中の政府に管理されていない土地で起こる話が主体だ。 ・この話は別世界の話だ。君たちとは感覚のズレがあると思う。 ・場所柄、登場人物は大半が人工生物のメスだ。ケモミミ人間を想像すれば大体あっている。 ・強さの定義によるが、彼女は……主人公は戦闘力的にはそれほど強くない。 ・君達の世界と同様の兵器が登場するけど、改良され別ものとなっている事が多い。 ・軽いグロと胸糞展開があるかも? まぁ、君たちの世界も似たようなものさ。 最後に 誤字や分かり辛い所は指摘していただきたい。 意図的に説明していないところなど以外、直せるところは直していきたいからね。 何分、我々の世界では小説を読む機会が少なくてね? 書く事に至っては一部の人間を除き、そういった環境がないんだ。 君たちの世界には無い物、違った進化をした物や違った意味を持つ物、違った歴史、人物……わからない事が多くあるだろう。 それらは[TIPS]という形でまとめ、状況に合わせて更新していこうと思う。 気になることが有ればそちらを確認していただきたい。 我々の世界を覗く覚悟はできたかな?