【終末】ドーナツの穴で埋まった世界

 午前の昼下がり。  あの観測者の出来事。  このことから予測をするに、自分を観測者と名乗るロボットは、他にもいるらしい。というか、いてもらわないと困ってしまう。  あのロボットは、何か知っている。    『なぜ、栄華を誇った人類は衰退したのか。』    この何もないビルを突っ切るだけという退屈感から、もう一週間ずっと歩いている気がする。  もっと自然があれば楽しめるんだけど、一面が灰色なせいでこの世界には元々黒と白以外の色なんて無かったんじゃないかとか、そういう発想にまで至ってしまう。    有り体に言って、暇すぎる。  もしこの世に暇を生み出した人間がいるなら殺してやりたい。いや、殺してやりたいは言いすぎたかな...。  まあそれで、弟のミノルはどうかというと、コイツは意外と能天気なやつで岩を蹴って遊んだり、紙をビリビリ破いたり、今なんかは道端で拾ったであろう球をじーっと眺めている。 「それはなんだ。」 「見れば分かるだろ。綺麗な球だよ。」  ミノルは不思議な球を持っていた。  外はガラスなんだけど中に青くて少し黒みがかかってるモヤモヤが入っている。  いや、浮いているという方が正しい。  たしかに珍しいとは思うが、何に使うかはわからない。  多分、人類が遺した何か。 「にしてもよー、あの太陽ってなかなか不気味じゃねえか?」 「そうか?見守ってる感じが良いんだろ。」 「いやぁ...気味悪いじゃん。だってあれ、目だよ?」 ———太陽。  それは人類が昔遺したモノ。  空という一枚の絵に、目を塗られたような、そして常に私たちを見ているような気がする。  これも、人類が遺した何か。 「というかその球、捨てろよ。いつまで持ってんだ。」 「やだ!」 「捨てろ!」  ミノルは球をリュックの中に入れ、突然何をしましたと思えば、俺はリュックの中に捨てたとなんて主張しだす。 「お前を捨ててやろうか。」  そんな茶番の中、一歩先に「異変」へと矛先を向けたのは弟のミノルだった。 「...揺れてね。」 「嘘」 「...いや、たしかに揺れてる。」 「地震かな...何か物陰は...」  周りをキョロキョロと見渡し、半ばミノルにリュックを引っ張られるように瓦礫に隠れるように私たちは屈んだ。  膝を地面につけると、冷たいというのは表現が過ぎているかもしれないがコンクリート独特の感触が皿を通して伝わるのが分かった。  揺れは、ミノルより遥かに鈍感な私でも分かるぐらいに、どんどん強さを増している。  それに呼応するように、私の心臓も鼓動を早めている。  「この揺れ方、地震じゃない。」  明らかに、この強さの増し方は地震ではない。  地震はもっと、揺れるというよりかは、この地球自体が大きい生物によって揺らされているような感じがする。  だけど、今回は違う。  つまるところ、何かがいることは時間と共に明らかに、確認へと変わっていく。  「姉貴、逃げるぜ。さっき倒壊してない建物があったんだよ。」  蜘蛛の子を散らすように、私たちは一目散に来た道を引き返す。  「このリュック重ぇ!」  「余計なもんつっこむからでしょ!」  そんなこと言ってる場合か。  ちょっと走ると、たしかにヒビが目立ち心配ではあるが、天井や壁が崩れた跡はない建物が見受けられた。建物というか、廃墟?  ついでに、ミノルが破ったままと思われる紙もあった。こんなところで暇が恋しくなるなんて、思いもしなかった。  リュックを廃墟の中へと投げ込み、走っていて気づくはずもないのだが揺れが私たちを蝕むことはなくなっていた。  だけど、心臓の鼓動は先ほどよりも強くなっているのは確かだった。  後ろを振り返ると、大きな生物がビルの隙間から覗いていた。覗いていたのは太陽だった。  前を見ると、すっかり空はカラスのように暗く、私はちょうど夕方と夜の境目を生きているのだと悟った。  星が見える。  太陽にも私たちは覗かれているが、そういう考え方をすると、星達にも覗かれているような気がしてきた。  星から目線を感じるというのも可笑しな話だな。苦笑。 ♦︎♦︎  廃墟の正体は、図書館だった。  不幸中の幸いなのだろうか、この廃墟は最近まで使われていたことが分かった。つまり、この近くに人間がいる可能性が高い。  そもそも、本というのは今のご時世とても珍しく、というのもある時代に大抵の本は燃やされてしまったのだ。  なので、今ある本というのはそれ以降に刷新されたものとなる。  「やべ〜なんも分からん。姉貴本当にこんなの読めるの?」  そんな中、私は実に興味深い本を見つけた。  『歴史 著: ユキノ』  この歴史という二文字は、私が求めていたものそのものだった。  なぜ人類は衰退したのか。  たまに生きている人と出会うが、これは誰もが疑問に思っていることだった。  これを知るためだけに一生を費やす人さえいる。  というよりそれ以外にすることが無いというのもあるが。  まあ、ミノルはあまり興味が無さそうだけど。  この本の薄さを見るに、そして本という存在そのものから、最近作られ、自分の知識を実体として残して起きたかったのだろうということが想像できる。    いざ、胸をドキドキさせながら最初の一ページを開く。だが、私の目には白しか映らなかった。    次のページを開く。開く。開く。開く。開く。開く。開く。開く。開く。開く。開く。  全て白紙。  最後のページを開く。   —————『人類は衰退などしていない。』

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 現世を追放された時代遅れのヤクザは、異世界の闇で成り上がっていく

    武闘派ヤクザが異世界で成り上がる第一歩

    11,600

    110


    2021年4月9日更新

    広域指定暴力団「麗王会」の二次団体、黒木山組。 その構成員であるリュウジは単独行動で他の組との抗争を引き起こしてしまった結果、弟分のマサ、ノブイチとともに国外追放処分となる。 空港に向かう高速道路で3人は突如として強い光に包まれる。 目を覚ますとそこは深い森の中。 そこで出会った女によると、ここは異世界なのだという。 ありあまる暴力性で一般社会からもヤクザ社会からも弾き出された挙げ句、外国どころかとうとうこんなわけのわからない中世ヨーロッパのような世界にまで追いやられてしまった。 これはその異世界の闇を成り上がっていく、時代遅れのヤクザたちの物語の序章である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • ホームレスでしたが、このたび結婚いたしました。

    神様。これはいったいなんの悪戯ですか?

    46,410

    3,940


    2021年4月13日更新

    「じゃあとりあえず、キスしてみる?」 ワケありでホームレスをしていたわたし、七瀬りん子(ななせりんこ)27歳。 成り行き上、なぜかイケメン社長と結婚することに。 そこに愛はなかった……はず、なのに? 「そろそろくれてもいいんじゃない? きみの心と……身体」 そんな大切なもの、そんなに簡単にあげられませんよ、社長!? 「社長……はちみつの味がします」 「社長じゃないでしょ?」 「え?」 「ベッドでは、名前で呼んで? りん子」 甘い甘い、恋物語。 ① 幼馴染にバージンを奪われたと思い込み、幼馴染のいる地元から逃げてきたりん子は、働き先も見つからず、ホームレスになっていた。そこへ大企業の社長があらわれ、「なんでもする?」と聞かれ、就職先のことかと勘違いしたりん子が「なんでもします!」と返事をし、そのまま婚姻届を出されてしまう。事実上、社長である椛と結婚したことになり、新婚生活を送ることになる。また、椛はりん子を自分の秘書のひとりに加える。 ② 翌日から秘書として椛の会社に行ったりん子は、そこで、幼馴染が椛の秘書になっていることを知る。(椛の秘書はりん子を含めてふたりということになります)幼馴染に「社長がおまえがバージンじゃないって知ったらどうするんだろうな」とかいろいろイジメられながら、そして椛に溺愛スキンシップをされながら、りん子は仕事をこなし、新婚生活を送っていく。 ③ りん子はずっと前に好きだった大学の先生のことを時々思い出し、そのことも椛に感づかれて溺愛スキンシップ(嫉妬含み)もされてしまう。幼馴染に「バージンじゃないと知られたくなかったら言うとおりにしろ」と脅され、裸の絵を描かれる。後日幼馴染がその絵を椛とりん子の前に出してみせ、「俺たちはこんな関係です」と言っても、椛はあっさり嘘を見抜き、絵を没収。幼馴染はりん子のことが好きだからこんなことをしていたのだが、それも幼馴染はやっとりん子に告白。 それからいろいろあります🌷 ※乙女チック原作コンテスト参加作品です。 読者さまのペースでお楽しみください🐇💕

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • VRゲームでも運と愛し合おう!

    こんなゲームがあったらいいな

    7,600

    5


    2021年4月13日更新

    演劇型オンラインゲーム『レアスナタ』 このゲームを中学時代からプレイしていた長谷川羽島は、正式版の稼働を楽しみにしていた。 ここまで彼がレアスナタに固執するのは、このゲームが彼を救ったからだ。 中学時代、当時の友人達と人気オンラインゲームをしていた。 それなりに楽しんではいたのだが、事件が起こる。 自分のアイテムを馬鹿にされ、友人達や周りのプレイヤーの会話も、罵倒や下ネタだらけでネットマナーも欠片も無かった。 友人に嫌気が差して縁を切りゲームも辞め、その後親戚からレアスナタを進められる。 レアスナタは個人情報をしっかりと登録しないと出来ないゲームであり、一度アカウント停止されると復帰は出来ない。 そして運営がネットマナーを徹底し、プレイヤーもまたお互いが気を使いゲーム内の空気が凄くいい、こうして彼はのめり込むのだった。 成人してからも仕事をして、休日にはレアスナタをする、そのサイクルが変わる事は無かった。 しかし、一つの出会いがそのサイクルを徐々に変えていく。 同じ職場の荒野原終と意気投合、彼女も中学時代からレアスナタをプレイしていた。 仕事帰りや休日に良く遊ぶ様になり、2人の時間が増えていく。 最高の仲間達と共に最高の舞台を作ろうぜ! 残酷、暴力はゲーム内の演出です。 性描写はキャラクターの設定やセリフ回しで匂わす程度です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間55分

    この作品を読む

  • 巨大女子の惑星

    久しぶりの新作です

    1,100

    0


    2021年4月13日更新

    宇宙のとある惑星。その星は、巨大女子が文明を築いた「ユリ星」と呼ばれていた。このお話は、彼女たちの巨大生物との日々である!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む