現代/その他ファンタジー 長編 連載中

桜紅初恋(オウコウ・チューリエン)

作者からの一言コメント

中華風ファンタジーです(BL)

読了目安時間:3時間39分

総エピソード数:39話

桜紅初恋(オウコウ・チューリエン)の表紙

   【③お題フリー】  人間が住む下界と鬼族が住む鬼界の狭間に山があり、そこには鬼神と言える強い火鬼が、天上界の父である天上皇によって五百年封印されていた。  しかしある日、その封印した「六枚の神札の効力が弱まっている」との報告を受ける。  特にさしたる問題はない、天上皇が作りし神札は“こういった時のため”に厳重に保管されてある。ただ難点が一つ、天上皇は数年に数回ある深い眠りについていた。天上皇不在に近しい天上界は通常の任務に加え、天上皇の警護や周囲警備に慌ただしく手が足りない状況であった。  そこで神の階級で最も階位が高い上位神、豊かさと開花を司る男神――タリアがその任務を引き受けた。  丁度暇と言う事と下界が好きだったから、との簡単な理由だ。  天上皇に最も近いとされる上位神の彼の受任に、誰も異論はない。  彼は天上皇の作りし神札を手に、地上へと舞い降り立たのだった。  そしてとある村に降りたタリアの元に、若い武官が二名、護衛として降りてきた。  タリアは彼らと共に封印の確認に向かう。  その途中で、村人達が何やら騒いでいるところに遭遇した。  村人達は無抵抗な鬼の子供を襲っていた。  タリアが止めに入り、鬼の子供は無事だったが、何やら村の様子がおかしい。  一週間の雨、一週間で三人の女の子が死んだ。  狐族に目を付けられ、村人は餌にされていたのだ。  タリア達はその事実を知り、放っておけず、狐族と戦うことになった。  裏で糸を引いていたのは驚く事に、狐界で凶悪な三毒狐のひとり電蔵主庵だった。  彼は雷から生まれた雷狐だ。火鬼同様に自然が生んだ渾沌、神の天敵と呼ばれている。  タリアと鬼の少年焔は彼と対峙することとなった。 【『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテストの応募作品】 【表紙絵】てゅーま様 Twitter【https://twitter.com/00tuma00】 ※無断使用、転載はおやめください※

前へ

1-39

次へ

前へ

1-39

次へ

作品情報

作品名 桜紅初恋(オウコウ・チューリエン)
作者名 白師万遊
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 最強主人公 アクション/バトル 中華風ファンタジー BL 初恋 天界 BOYSFANコン お題フリー 恋愛
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年9月27日 5時06分
最終投稿日 2021年11月29日 15時30分
完結日 -
文字数 109,695文字
読了目安時間 3時間39分
総エピソード数 39話
ブックマーク登録 20件
コメント 9件
スタンプ 158件
ビビッと 25件
応援ポイント 246,050pt
ノベラポイント 1,017pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 華夏帝王奇譚【R-15】§チャイニーズ・バンパイア・ファンタジー§ 十八夜 黄玉芝の記憶【連載中】

    死に切れない宿命を持つ一族の少年とは…

    158,100

    0


    2021年11月30日更新

    死に切れない宿命を持つという一族の少年、舜と、その父親だという青年、黄帝。 中国の山奥、雲海を臨む最峰の頂で黄帝と暮らしていた舜は、やっとのことで、街へ降りる許しをもらい、勢い込んで上海へと向かう。 しかし、そこへ現れたのは、炎帝と貴妃という、『同族』の二人であった。 凄まじい炎と、闇の衣を纏う二人に襲われ、舜は《聚首歓宴の盃》と、《朱珠の実》の秘密を渡すように迫られる。 この世の大初から存在しているのではないかと云われる黄帝は、珍しいものや、曰くつきのものをたくさん持っていた。そして、そんなものをたくさん持っている黄帝の被害に遭うのは、その息子たる舜であったのだ。 貴妃に腕を切り落とされた舜は、一旦山へ戻り、腕を取り返すために、《聚首歓宴の盃》と《朱珠の実》を自分に預けて欲しい、と黄帝に頼む。 しかしそれは、自ら血を求めるという、恐ろしい曰くつきの盃であった。 それを欲しがる炎帝とは。 そして、そんなものを持っている黄帝とは。 舜は、自らの腕と、巻き込まれた異国の青年を助けるために敵地へと乗り込むが、炎帝の力は凄まじく、盃と実を奪われたまま窮地に追い込まれる。 だが、黄帝から預かった《聚首歓宴の盃》は偽物で、《朱珠の実》には黄帝しか知らない秘密があった。 すんでのところで《朱珠の実》に助けられた舜は、自らの腕を取り戻して山へ帰るが炎帝に咬まれた傷は消えることなく、再び炎帝に支配される。 それを制したのは、普段はのんびりとした父親、黄帝だった……。 ※2011年3月3日~別PN別タイトルで小説家になろうに掲載していたものです。 ※現在アルファポリス、エブリスタ重複投稿。 ※一部、性描写(必要描写です)があります。苦手な方はお気を付けください。 ※表紙画:フリーイラストの加工です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:22時間25分

    この作品を読む

  • モノクロームナイト

    そう、きっとあの時に世界は反転したのだ…

    142,784

    216


    2021年11月30日更新

    3年前、幼馴染の白露小雪が自殺した。高校3年生の灰島誠は今でも彼女の死を受け止めきれずにいた。 そんなある日のこと、彼は自分の妹である灰島霞からどんな願いも叶えてくれる『魔法の本』の噂を聞く。 当然、彼が願うのは幼馴染である白露小雪の死をなかったことにすること…。 果たして誠は幼馴染のいる日常を、小雪を取り戻すことができるのだろうか? 関西弁監修BLOW(Spoon内に生息している牛さんです)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る