現代/青春ドラマ 短編 連載中

雨とコーヒーと、酒と本

作者からの一言コメント

疲れるのは、生きている証拠です

街の隅にぽつんと建つ本屋。 小さな店で、大きな本棚が2つとカウンター、レジ、椅子が2脚あるだけ。 開いていたり、閉まってたりして、噂の存在でしかない本屋。 ある日、田舎から都会に出てきた女子大生が、人間関係に悩んでいるところ、細い雨が降りしきるなかその本屋を発見して・・・

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 雨とコーヒーと、酒と本
作者名 nagiyooo
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 現代日本 和風 恋愛 人間関係 コーヒー 本屋 大学生
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月11日 11時31分
最終投稿日 2020年9月12日 17時44分
完結日 -
文字数 4,316文字
ブックマーク登録 5件
コメント 1件
スタンプ 6件
ビビッと 1件
応援ポイント 3,200pt
ノベラポイント 205pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 正義なんてモノは存在しない

    ♡988,949

    〇36,152

    現代/その他ファンタジー・連載中・88話・180,698字 ほしのななか

    2020年12月1日更新

    【本作はディストピア小説に属する近未来ファンタジー作品です】 貧困により苗字を売られた少年『創』は幼い頃大切な友達を殺された。 『ペスト』に侵されたネズミを喰い死んでいった友の仇をとる為、この腐った世の中に復讐する為、メスの刃を世界へ向ける。 メスを向けた相手が『化け物』だということを『創』はまだ知らない。 中途半端な正義へのアンチテーゼ。 子供たちの無垢な想いが汚い大人を、悪を淘汰する瞬間。どうか見逃さないでください! (表紙は『魅羅ちぇ555』様に、挿絵は『真琴』様と『魅羅ちぇ555』様に描いていただいており全て許可を得たものとなります)

  • どうか、この夢を壊してほしい

    ♡261,800

    〇850

    現代/青春ドラマ・完結済・53話・197,442字 木村竜史

    2020年11月24日更新

    某県内にある、私立陣内大学。 そこに通う大学4年生『畑中賢治』が所属するのは、とある事情で変人揃いのレッテルを貼られたオカルト研究会。 そこで変人代表である部長の三倉邑兎が語った、夢のお告げを信じた者たちが引き起こしたと言われる『お告げ事件』と呼ばれる不思議な事件の数々を知り、新入部員の藍原未央も交えて調査を進めることになる。 調べていくうちに明らかになる「夢」の世界へ誘う『鍵』の存在。 その存在により穏やかであった日常は急速に音を立てて崩れていく。 崩れ落ちた日常は愛情を、友情を―――世界を壊していく。 壊れてしまった世界の中で人々は壊れた愛を求め、裏切り、夢の世界を彷徨っていく。 壊れた愛で、何を求めるのか。 友を裏切ることで、何を掴むのか。 現を侵す夢の世界で、何を見つけるのか。 誰が『鍵』を開いているのか。誰が『鍵』を配っているのか。そもそも『鍵』とは一体何なのか。 総てが解った瞬間、世界は裏返る。 『神様はこんなにも平等に―――誰にも興味が無い。』

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • そして家族は星に成った!

    ♡2,400

    〇9

    現代/青春ドラマ・連載中・39話・210,548字 ヨーイチロ―

    2020年12月2日更新

    グローバリゼーション、ダイバーシティ、ワークライフバランス、セカンドキャリア、外国人社長、現代企業を取り巻く様々な難問を、企業で一番暇な男が取り組む。 星野慎一は日本屈指の総合電機企業TECGの社史編纂室長。35才と脂の乗り切った辣腕営業マンが、亡き妻が残した二人の娘を育てるために、敢えて閑職に身を落とす。だがその異動には秘書室長梅川の企業改革に向けた思惑が秘められていた。 次々に降りかかる難題を、才媛長池遥香の助けを借りながら、なんとか解決していく。 時がたち娘が成長していく中で、慎一は自身の人生をもう一度考え直す機会に直面する。

  • 高校のヨット部を舞台にした青春ドラマです

    ♡7,100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・63話・269,481字 赤葉小緑

    2020年12月2日更新

    いつかは、ディンギーのレースを物語にしたいと思っていました。オリンピックの種目にも入っているヨット(セーリング)ですが、細かい描写や専門用語を説明するのがとても難しいです。明らかに漫画やアニメで表現した方がわかりやすいのですが、絵が下手くそなので、がんばって小説で挑戦しています。本格的にヨットをされている方にはお叱りを受けるところも多々あるとは思いますが、海上陸上を通してはつらつと生きていく主人公たちの青春ドラマを中心に読んでいただければと思います。 あらすじ 平成9年4月、只々,海が好きな主人公柴田千恵は、『海が近い高校』という志望動機で、南薩摩高校へ入学した。海に関する部活動を探していた千恵は、3年生の南條冴子に勧誘されヨット部に入部する。 千恵は、FJ級と呼ばれる2人乗りヨットに乗り、時に爽快に,また、時に激しく荒れる海の中で行われるヨットレースの中で、特殊な能力を覚醒していく。それは,千恵にとって驚きと喜びの連続だった。 南薩摩高校は,常勝のヨット強豪校だったが、昨年の全国高校総体は、他校に優勝を奪われてしまった。しかも優勝したのは、同県の錦江院学園1年生の操船するヨットだった。冴子と千恵はペアを組み今年の優勝を目指す。 ヨットハーバーで知り合った画家志望の神妙な青年と冴子との淡い恋愛やライバルとの確執などに心を動かされながらも、刻々と状況を変える海の上を舞台に、ヨット部の部員たちに明るく励まされ、高校総体優勝を目指し、日々頑張る千恵だった。 ※タイトルの後半を変更しました。