文芸/純文学 短編 完結済

Happy Mother's Day!

Jy

作者からの一言コメント

 

交通事故で母を、自死により長男を失った家族——父フミヤと次男のユウタ。母の日に交わす親子の会話は、母と長男との死の真相をめぐって、長年のあいだ隠されてきた家族の亀裂を次第に浮き彫りにする。 以前書いた戯曲を小説に書き換えたものです。台詞中心のワンシチュエーション現代ドラマです。 5日連続で分割して投稿しますが区切りは一切ありません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Happy Mother's Day!
作者名 Jy
ジャンル 文芸/純文学
タグ 悲劇 バッドエンド 家族 現代ドラマ ワンシチュエーション
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年3月4日 1時00分
最終投稿日 2021年3月8日 1時00分
完結日 2021年3月8日 9時17分
文字数 21,703文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 満月の夜に

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    3,500

    0


    2021年4月2日更新

    引きこもり児童のとももは高校最後の年も、学級委員の差し入れてくれるノートだけで、まん中くらいのテストの点で出席を誤魔化していた。母が夜間パートと父が遠方に出張中だから、バレずになんとかやってきた。ところが、ある日学級委員が黒猫の子猫を押しつけてきた。里親が見つかるまでと費用は学級委員持ちで、とももは悪戦苦闘しながらも子猫の家族になってゆく。お別れが寂しいねと話していたら、ある満月の夜に「次の満月の晩、最初で最後の結婚」をしようと、子猫ごろにゃぁから生えた男の人の生きす魂に申込まれる。さあどうする?対人恐怖症の、ともも。人間のごろにゃぁと最初で最後の契りをするのか?猫人のごろにゃぁとモフモフするのか? 満月の夜は近い。 そして二人の決めた最初で最後の結婚後、とももは母にごろにゃぁの事をちゃんと話し、健康寿命まで責任もって飼いたいとねだる。母はとももには引きこもりのとももの為に内緒で全て工作していた父から善きにと言われてたので、まんざらいい返事をしてくれた。幸せな未来しか見えないとももとあたたかい家族と学級委員に、とももの引きこもりは長い時間をかければ治るかもしれない?と誰もが思ったその時、とももに何かがおこり、メロウなエンディングにならないと涙する両親。いったい、とももには何がおこったのでしょう?そしてごろにゃぁととももの行く先はどーなるどーなる。 悲痛なごろにゃぁの叫びは、とももとごろにゃぁの縁組みを最後まで保証するのか?

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 届け、あなたへの想い

    三題噺短編コンテスト応募作です♪

    17,200

    50


    2021年3月31日更新

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る