ブログ/活動報告 設定・プロット 連載中

自主企画:秋の夜長コンテスト

作者からの一言コメント

自主企画第二弾となります

あの夏コンに続いて、自主企画第二弾:秋の夜長コンテスト! テーマは『秋』! 参加者は随時募集中です! 少しでも興味がある方はご参加or覗いてみてください!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 自主企画:秋の夜長コンテスト
作者名 ののあ
ジャンル ブログ/活動報告
タグ ノベプラオンリー 自主企画 秋の夜長コンテスト 秋よなコン 募集
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月30日 9時36分
最終投稿日 2020年11月12日 9時45分
文字数 27,354文字
ブックマーク登録 58件
コメント 181件
スタンプ 231件
ビビッと 1件
応援ポイント 83,955pt
ノベラポイント 940pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年11月26日更新

    「あの絶海孤島の領地を治めろなんて、僕に死ねということですか!?」 「それを成すまで相続権は認められん」 後見人となった叔父の言葉に、僕は耳を疑った。 「体のいい厄介払いではないですか!」 「黙れ!」 領主の息子アレンは母を早くに亡くしたものの温かい家族に囲まれ幸せに暮らしていた。 しかし父が病死するとその領地を叔父に奪われてしまう。 なにもかもを失って絶海孤島の青い海を前にアレンは決意する。 「この領地を繁栄させて、僕を認めさせてみせる」 手つかずの自然を前に、あるのは『修復』という謎のスキルだけ。 そんなある日、ジャングルの中で遭難しかけたアレンは、先住民の少女に救われる。 それは気の遠くなるような開拓生活を大きく変えるきっかけになるのだった。 彼女と遺跡を発見したアレンは『修復』のスキルを使い、島を発展させるが やがてそれは本国へと伝わり利益を嗅ぎつけた海賊や貴族たちを巻き込んでいく。 これは仲間と共に最高に幸福な楽園【リゾート】を実現する為に奮闘する少年の物語。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡202,500

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・80話・386,409字 普門院 ひかる

    2020年11月27日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る