魔法薬師と魔王の今日これから

読了目安時間:6分

魔素の花

 山を登り、中腹地点のなだらかな平地へと辿り着く。周りは人が入った気配がなくて、木も草も生い茂っている。  もちろん人が歩ける道なんてものは出来ていなくて、掻き分けるようにして進んでいく。でも今日はそれをしなくていいらしい。  目の前には生い茂る草――ではなくて、ゲラルドの背中。もし魔獣が出てきた時に自分の対応が遅るという理由だ。ありがたく厚意にあやかって、今日はいつも以上にサクサクと進めている。 「おい娘。こっちであっているのか」 「うん、合ってる。あの大きな木の側」  ゲラルドの背中について行くようにして歩いていけば、青々とした大樹の横をあっという間に抜けられた。根元の垣根を越えれば――。 「やっぱり。あった」  生えているのは細長い青緑の葉をつけた一メートルくらいの高さのもの。葉は一つの根っこから何十枚もの葉が一メートルほどの長さで生えている。その群生がポツリポツリと点在していた。  試しに一つの群生から葉をちぎって匂いを嗅ぐ。サッパリとした柑橘系。  やっぱりチエリの情報は間違えてなかった。 「これは……僕が食べた葉と似ているな」 「似ているんじゃなくて、同じだよ」 「なに? 僕が食べたのはこんな大きくなかったぞ」 「ゲラルドが食べてたのは山の麓だからね。人が入りやすいから誰かが採取した事があったんだと思う。これはね、リモングラス。暖かくて湿気が多いところを好むの。ここはちょうど湿気が溜まりやすいし、日の辺りもいい」 「……なるほどな。ミターニアは山に囲まれていることで夏は暑くなりやすい」 「そういうこと。ゲラルド倒れた後の部屋にそれっぽいなぁ、ってものがあったの。立地的にもあり得なくもない、と思って」  腰のポーチからハサミを取り出して、リモングラスの根元を切る。乾燥している時とは違って、匂いが少し若いものだ。 「これは乾燥させたものを茶葉にして飲むととても美味しいの。夏になると、よく行商にも回ってくるよ」 「あれは食べるものじゃないのか」 「あー……、スープにいれたり魚料理とかにも使われる」  群生しているリモングラスの根元をチョキチョキと切っては、持ってきたカゴの中に入れていく。  香辛料として使われることもあると聞く。料理についてはよく分からない。チエリも時折使うとか言っていた。 「これ自体の魔力はそんな強くはない。気持ちがスッキリする、くらいのリフレッシュ効果。あとはエキスが特定の魔法を当てると光る。ちなみにゲラルドの口の中はそれで光ってたよ」 「……要らない情報までありがとう」 「いいえ。これも欲しかったんだけど、私の本命はこれ」  リモングラスの根元。隠れるように咲いているのはピンクと紫が混じった色の小さな花。キラキラと淡い光を帯びている。 「これはまだ研究中なんだけど、どこの文献にも載っていない花なの。つまりは魔法が発生してから出来た花かもしれない」 「すごいな。魔素が溢れている」 「私は今のところ魔素の花、って呼んでる」 「いい得ているな」  そう。普通はどの生物であっても、魔素を取り込める量は決まっている。身体の中に魔素が貯めておけるコップがあるみたいに。コップの大きさは人それぞれ。  ただしコップの容量以上の魔素を取り込むと、普通は異常状態になる。魔法具であるなら暴発や暴走。植物は毒を放ったり、枯れたり、崩壊したり。生物については探究することを禁止されているから、人については分からない。  でもこの植物は今の造形を保っている。更には毒を発している様子もない。これは大きな発見なんだ。 「この花は常に魔素を吸い込んで、こうやって光ることで発散させている。今のところはね。リモングラスとかの側に咲いてることが多いの。でね、この植物の研究をしたい」  ゲラルドはしゃがみ込んで私の隣でその花を見つめる。とても綺麗な淡い光。ゲラルドの瞳に映る花の光は本当に素敵だ。 「そこでゲラルド、あなたに手伝ってほしいの」 「なんだ」 「これは常に魔素を取り込んでないと、翌日には消えてしまう」 「消える?」 「うん。私が持ち帰った次の日の朝、目の前で消えていったから。だからゲラルド、あなたの魔力を継続的に与えながら持ち帰ることは出来ない?」  魔力というのは限度がある。魔力を使い過ぎれば、魔素不足になって魔法が使えない。また一定期間貯まるのを待つか、誰かの白魔法で回復してもらうしかない。  でも魔力を使えば身体の疲労はたまる。取り込める魔力が少なければ少ないほど、燃費だって悪い。白魔法は怪我や状態異常は治せても、疲労となれば別である。永遠に疲れないなんてあり得ない。 「なるほどな。たしかにあの従者に頼むには荷が重すぎる」 「チエリは私の弟子であって、一緒に危ない橋を渡るようなものじゃないの。難しいなら魔法具とかを作って――」 「そんなわけないだろう。見てろ」  ゲラルドが花の前に右手をかざすと、花の周りの土ごとふわりと浮く。そしてポンッと、突然手のひらサイズの鉢植えがゲラルドの左手に出てきて、その中に花は綺麗に収まった。  鉢植えに収まった花をゲラルドは見て、満足そうに頷くと私の手のひらに乗せた。 「この鉢植えに僕の魔力を微量に転送するようにした。世話は他の草花と同じようにすれば問題ない」 「転送って結構大きな魔法じゃない? また倒れたりすると困るんだけど……」 「僕はゲラルド・ヴァインセンだ。それくらいでへばるわけがない」  得意げに笑みを浮かべて立ち上がるゲラルド。リモングラスのもう一つの群生地帯の前でしゃがみ込んで、リモングラスを根元から切っていく。  それを私が持ってきたカゴに入れた後、さっきと同じようにリモングラスの根元に咲いている花を鉢植えの中に入れた。 「こんなもの造作もない」 「すごい……。すごいよ! ゲラルド! こんな細かいコントロールにずっと魔力を与えられるなんて! まだ余裕はあるの?」 「あぁもちろんだ」  魔力とか魔法とかの体感は全く分からない。でもゲラルドの言っていることは嘘ではなそうだ。心なしかさっきより機嫌が良さそうにも見える。 「どうだ? 僕の凄さが分かったか」 「うん! じゃあこのまま後十個頑張ろ!」 「……な、なんだと?」  私を見て、ゲラルドは目を丸くして固まる。  十個はやっぱりゲラルドでも無理があるのだろうか。無理をさせてまた倒れちゃったら、それはちょっと困る。まだゲラルドに協力してもらいたい研究は沢山あるし。 「この鉢植えって何度も再利用出来る? さすがにゲラルドでも鉢植えを何個も維持するのは無理だよね。そしたらその都度取りに――」 「無理だなんて言ってないだろう! やれるさ! 侮るな! 十個と言わず二十個くれてやる!」 「え? なんでそんな怒ってるの?」 「怒ってなどいない!」  いやいや怒ってるよ。  ゲラルドが何故か私を睨みながら、右手の指を小指から親指にかけて順に指を折り畳んでいく。すると鉢植えが二十個どこからともなく現れて、ゲラルドの周りをふよふよと漂い始めた。 「そこで見てろ! 僕がリモングラスとやらも、この花も全て採取してやるからな!」  まるで捨てゼリフのように私に言うと、大股でリモングラスの群生地帯に向かっていく。 「また森に謝罪しないといけないかなぁ」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 旅は竜連れ世は情け

    毎日更新中!少女と竜のハイファンタジー

    5,000

    0


    2021年7月25日更新

    竜が棲む大陸に暮らす少女・アイシャは、片腕を失った夜に、片目を失った竜・ジーヴと共に旅する契約を交わす。少女は生き別れた兄を探すため、竜は一族の生き残りを探すために。 噛み合わないまま旅を続ける二人は、やがて大陸を揺るがす陰謀の渦中へと飛び込んでいく。 (たぶん)王道ファンタジー。 ※ストーリー上、多少暴力的な描写を含みます。 「外伝 竜の踊るときは踊れ」は音楽をテーマにした合同誌に寄稿したものです。単品でも読むことができます。 この作品は、カクヨムやエブリスタ、小説家になろう、個人サイト(https://nanos.jp/nebel/)にも掲載しています。 以下読まなくても問題ない人物紹介 ◇アイシャ 肝が据わっている人間の少女。左腕の肩から先を失っている。行方不明になった兄を探し、黒竜のジーヴとともに旅をしている。 好き:料理、兄、体を動かすこと 嫌い・苦手:絵、上から目線、じっとしていること ◇ジーヴ 滅んだ黒竜の一族の元族長。常に尊大な態度。右目の視力を失っている。黒竜の生き残りを探してアイシャとともに旅をしている。 好き:肉、酒、愉快なこと 嫌い・苦手:強い匂い、不愉快なこと ◇エイミール 海洋学者であり竜の研究者でもあるアイシャの兄。現在行方不明。のほほんとして鈍くさいところがあるが芯は強い。 好き:研究、妹、本 嫌い・苦手:船、血、激しい運動

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 追放され傲慢SSランク勇者は1人じゃ何もできません

    悪い子には旅をさせたいお話です。

    0

    0


    2021年7月25日更新

    父親を殺され、仲間に裏切られ、領地から追放された勇者は復習を誓って旅に出る。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 操竜姫戦記~青い瞳の少女と赤い双眸の黒い竜~

    愛ゆえに人は狂気に染まる

    7,400

    0


    2021年7月25日更新

    エルシアン大陸、アルノリア王国。 そこは人類の残された唯一の大地。だが、古の時代より亡者と呼ばれる怪物の侵攻をたびたび受けている。それに対抗する力、竜を操る者たちがいる。 彼らは操竜者と呼ばれ、騎士団を形成し国と人々を守り続けている。 そして、操竜者になるべく一人の少女、ステラが儀式を受ける。 だが、そのれは失敗に終わる。 騎士団長であり父であるレグルスから騎士団長室へと呼ばれる。 そして言い渡されたのは、竜の墓場に行って来いという任務だった。 逆らうこともできず、ステラは竜の墓場へと向かった。 そこで、運命の邂逅を果たす。 そして、物語の歯車は動き出すのだった……。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • 新米!?転生領主さん、領地運営がんばりますっ!

    王道的なファンタジーに転生もの要素。

    12,100

    500


    2021年3月15日更新

    よくある“異世界転生”。 一応、加護としてあるのは“補助関係”と“錬金術”。 そして、“様々なゲームの知識”。 とある世界(ゲーム)に最前線にある“崖っぷち”(不真面目な兄に変わって)領地運営をしないとアカンという始まり。 領地争いや様々な“闇”を解決させながらも、“世界一の領地”を目指せ。 ※暴力・残酷な表現あり。 ※軽めな性的な表現あり。 ※のんびり更新ですが、よろしくお願いいたします。 ※アルファポリスにて、先行更新でやっております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む