連載中 短編集

頂いた絵ギャラリー

作者からの一言コメント

見て見てー、こんな絵を貰ったの!

すあまが読者様から頂いた絵を紹介する場所です。 ご厚意で描いていただいた素敵な無償依頼絵と、突然投げられて歓喜の涙で溺れそうになったFA(ファンアート)の二通りあります。 有償依頼絵はここでは紹介しません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 頂いた絵ギャラリー
作者名 寿甘(すあま)
ジャンル ブログ/活動報告
タグ イラスト ファンアート
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月29日 23時10分
最終投稿日 2020年6月29日 23時32分
文字数 646文字
ブックマーク登録 12件
コメント/スタンプ 29件
応援ポイント 7,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • じんわりと心温まる余韻を味わいたい方へ

    ♡135,210

    〇1,800

    恋愛/ラブコメ・連載中・130話 九条 蓮

    2020年7月9日更新

    【※恋愛/ラブコメ部門で日間・週間・月間1位達成※】 高校2年の秋、麻宮伊織が転校してきてから「俺」の人生は⋯⋯。切なくピュアなラブ・ストーリー。 学校に馴染めず、周囲から疎まれる存在だった麻生真樹。 そんな彼の前に、美少女転校生・麻宮伊織が現れてから、周囲の環境が一変する。 伊織と毎日接しているうちに、真樹は彼女が深い悲しみを背負っている事に気付いてしまう。彼女から垣間見得える寂しそうな表情を見て、麻生は彼女を救いたいと考えるようになる。彼女を支えたい――そんな想いから、真樹は迷い、葛藤しながらも少しずつ成長していく。 ピュアで真摯な恋の行方は⋯⋯? 【作者コメント】 恋愛だけでなく、友情と挫折、主人公『麻生真樹』とヒロイン『麻宮伊織』の成長を描く物語です。大切な人や友人の絆を深める事で、彼らの成長の様を見届けるような気持ちで読めます。 読んだ後にはじんわりと心に響くような余韻を味わえると思っています。中高生だけでなく、大人の読者様にも、過去の青春時代を思い出しながら読んで頂ければ幸いです。 〝あの頃〟の気持ちを思い出せると思います。 ※前半の伏線や疑問点は、細かいものも含めて徐々に回収していきます。そのため、読み飛ばすと意図がわからない等の問題が起きる可能性があるので、注意してください。 ※前半では「なんで?」と思う展開もあるかと思いますが、しっかりとその疑問は回収していきますので、そのまま読み進めて下さい。 ※縦読みがおすすめです。 【こんな方にオススメの小説です】 ■Web小説にありがちな安っぽい描写の恋愛小説に飽きた ■現実に近い本格的な恋愛小説が読みたい ■一途な恋が好き ■暖かい気持ちになれる小説を探している ■『誰かを好きになる』という気持ちを忘れてしまっている ■心を鷲掴みにされたい

  • 私達はこころがあればどこまでも強くなれる

    ♡26,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・59話 水野ぴえろ

    2020年7月9日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・紙の本のように地の文が読みたい人 ・金色のガッシュのように純粋でまっすぐな人に憧れている人 ・日常に疎外感を感じている人 ・わんこのラッキーすけべを見たい人 ・魅力的なキャラに会いたい人 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金・土曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る