ミステリー 短編 完結済

vivid gray ―ギシの羣―

作者からの一言コメント

グレーゾーンの出来事を解決、その10。

読了目安時間:49分

vivid gray ―ギシの羣―の表紙

インターネット上に密やかに存在するそれは「灰色のページ」と呼ばれていた。 特殊な状況、問題、現象、事件に困った人間が検索を繰り返すとある時、たった一ページだけがヒットする。 「灰色の問題でお困りですか?」 そのページをクリックすると進むのは真っ白なページに一文。 「誰にも理解されない問題でお困りでしたらその内容をご記入し、送信ください。当方の範疇に当てはまるものである場合、あなたをお助け致します」 そうして状況を送信すると返信が返ってくる。そうして、理解不能な出来事を解決してくれる者が現れると。 ※ 「灰色」を生業とする日昏マチと纐纈ヒムラは依頼を受けた。待ち合わせ場所に現れたのは小さな子供と、その母親。 母親はある頃から自分の子供に〝違和感〟を感じるようになったと言う。それはほんの些細なはじまりましから、まるで誤差のような違いだった。 けれど、けして知るはずのない言葉を喋り、それまで大切にしていたものに一切の興味をなくし、興味のなかったものを好む。母親にはそれが成長故のものとは思い切れなかった。 そしてある日、息子の宝物入れの中に奇妙なものを見つける。それは以前、川へ遊びに行った際に息子が持ち帰った石だった。 思えばその石を持ち帰ってからだった。 息子の様子がおかしく感じ始めたのは――…… ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。

前へ

次へ

  • 投稿日2021/1/5 16:01 文字数140文字

  • 投稿日2021/1/5 16:01 文字数1,619文字

  • 投稿日2021/1/6 16:00 文字数2,302文字

  • 投稿日2021/1/7 16:05 文字数3,614文字

  • 投稿日2021/1/8 16:22 文字数2,452文字

  • 投稿日2021/1/10 16:00 文字数4,088文字

  • 投稿日2021/1/11 16:05 文字数1,839文字

  • 投稿日2021/1/12 16:01 文字数1,589文字

  • 投稿日2021/1/13 16:01 文字数3,277文字

  • 投稿日2021/1/14 16:01 文字数1,977文字

  • 投稿日2021/1/15 16:03 文字数1,728文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 vivid gray ―ギシの羣―
作者名 御 一
ジャンル ミステリー
タグ 怪奇系ミステリー ミステリー 不思議な出来事 vividgray
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月5日 16時01分
最終投稿日 2021年1月15日 16時04分
完結日 2021年1月15日 16時04分
文字数 24,625文字
読了目安時間 49分
ブックマーク登録 4件
コメント 4件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 24,300pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 学級密葬

    初投稿。青春ミステリです。

    200

    0


    2021年6月23日更新

    久剣朔夜は、歴史の授業中 窓の外に´それ´を見た――。 眩しいほどの晴天の中、それはクラスに影をつくる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    9,400

    0


    2021年6月23日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間10分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 飼ってなきゃダメとは言われてない

    野生でも構わんのだろう?

    11,100

    0


    2021年6月23日更新

    「今日は雨だからカモシカ撮るか」「晴れてるからシカでも撮るかぁ」 そんなノリで生きてた時代が、テラさんにもありました。 撮るだけ撮ってお蔵入りさせていた写真とエピソードをいくつか紹介します。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む