現代/その他ファンタジー 長編 完結済

吸血少女はハニーブラッドをご所望です

作者からの一言コメント

彼がいなくなれば私は死んでしまう…

吸血少女はハニーブラッドをご所望ですの表紙

 残酷な吸血鬼伝承を信じるならば、私は恋を知ってはいけない。  "恋は身を滅ぼす"  それなのに、未知なる感情は、私に多大なる期待とトキメキをもたらした。  "恋した相手の血は極上"  世にも甘い血を吸うために、私は今日も想いを馳せる。  運命のハニーブラッドを求めて、異性から吸血する。 《あらすじ》 生まれてから半世紀。何度も女子高生を繰り返している朝比奈 深緋(あさひな みあか)は不老長寿の女吸血鬼。 毎日24時間以内に異性から血を貰う事で、変わらない外見を維持して生きていた。 人間ではないため、"他人とは深く関わらない"をモットーにしていたが、深緋にやたらと好意的な男子、大路 白翔(おおじ はくと)が深緋の考えを根底から覆してしまう。 女吸血鬼に古くから語り継がれる伝承通りなら、恋愛は禁忌らしいが、その実を深緋は知らない。 白翔との両思いを自覚したあと。 恋した相手の血を三度飲めば、他からは永遠に吸血できなくなる事と、 相手の異性が死んでしまえば、自然と自分も後を追う事を知る。 抗えない運命を受け入れるしか無かった時。 共に暮らす祖母から"人間になる方法"がある事を知らされる。 大好きな白翔と一生を添い遂げるために、深緋は人間になる方法を探しに吸血鬼発祥の地へと赴く。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 吸血少女はハニーブラッドをご所望です
作者名 斉川春妃
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 女主人公 HJ大賞2020後期 吸血鬼 切ない 溺愛 サイコパス ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月2日 13時08分
最終投稿日 2021年2月8日 12時38分
完結日 2021年2月8日 12時39分
文字数 152,414文字
ブックマーク登録 6件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,800pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • Evasion 〜その運命を逸らすために〜 蒼炎の少年鬼と覚悟過剰の闇従者。……不憫天使もいるよ。

    炎と刀の和洋折衷ファンタジーです。

    6,700

    0


    2021年4月21日更新

    その運命を逸らすために……。 泣き虫の天然ぽわぽわ少年(鬼と妖精のハーフ)が、 主人のためなら何でもやりかねない思い詰め系従者と、 何かと不憫な恋する弄られイケメン天使と共に、世界に巻き込まれていく。 剣と魔法ならぬ、刀と炎の和洋折衷ファンタジー。 生きている事が許されない、この世界をなんとかしたい。 そんな焦り気味の敵達と、戦ったり戦わなかったりします。 第一部(1〜8話)は恋愛色強め、出血そこそこ、死亡あり。 第二部(9話〜36話)は恋愛色弱め、出血そこそこ、ちょっとだけ大量虐殺。 (37話〜41話)一部キャラがストーリー復帰して、恋愛色出てきます。 第三部(42話〜58話(完))ええと……レイが不憫です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間56分

    この作品を読む

  • たとえば永久に

    君と一緒に、天の川を見たいんだ。

    1,900

    0


    2021年4月21日更新

    「たとえば永久に生きられるとして――」 大学の同期、庵野ルミさんはとても美しい人だった。ある日僕はいつものバス停で待っていた彼女に、勇気を振り絞って声をかけた。その日をきっかけに僕らは距離を縮め、そしてなだれ込むようにして付き合うことになった。 その一番最初の時に、彼女はこんな事を言ったんだ。 「たとえば永久に生きられるとしてね。その中でたったの四年間だけ自由に過ごしていいよって言われたら。君だったら何をする?」 正直、僕にはなんと答えたら良いか、わからなかった。今でもその正解はわからない。もしあの時違う事を答えていれば。もっと気の利いたことを言えていれば、あるいは今は違ったのかも知れない。それが良いか悪いかは別の話としても。 「君の四年間、私に分けてくれないかな?」 彼女はそうとも言った。僕には断る理由も、手段もなかったんだ。 そして僕は知る。 「たとえば永久に生きられるとして」――その言葉の意味を。 花の咲いたようなその笑顔を、僕は永久に忘れないだろう。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む