完結済 短編

落ちる

作者からの一言コメント

能力者同士のバトル

私は人間の体の一部を「落とせる」。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 落ちる
作者名 ツヨシ
ジャンル ホラー
タグ シリアス 現代日本 異能 バトル 少女
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月18日 20時00分
最終投稿日 2019年11月19日 19時13分
文字数 5,445文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡47,100

    〇50

    SF・連載中・78話 K1.M-Waki

    2020年8月9日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • 10年の時を経て、帰郷した主人公の物語

    ♡58,350

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話 月丘ちひろ

    2020年8月8日更新

    人間の脳にチップを埋め込むことで、魔力を知覚・使用できる技術が開発された時代。 野原暁は魔力の源である物質(新物質)のアレルギーを発症し、魔力が除外された街(保護区)に隔離され汚れ仕事をしていた。 そんなある日、暁は魔力開発の第一人者である宮内記から、新物質アレルギーの症状を劇的に改善する試験薬を条件つきで渡される。 その条件とは魔術開発特区に常駐し、宮内記の娘を護衛することだった。 ※画像はしゃみせん先生に書いて頂いた、清水神輿です(二章にて登場)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ジャンルが謎なのでホラーにしといたよ。

    ♡4,500

    〇0

    ホラー・連載中・3話 志岐

    2020年8月9日更新

    読みやすいよう、なるべく短文で投稿。 短い創作話です。

  • 電撃一次落ちた。

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・11話 あぼのん

    2020年8月9日更新

    猟奇殺人事件の犯人逮捕に立ち会った新米刑事の四条彩加はその日、ある少女と運命的な出会いを果たす。 それはまるで剣のような銀色の腕を持つ少女、ハリエット・プリムエッダ。 彼女は東京都庁魔女対策課に所属する、魔女と呼ばれる超能力者を狩るハンターだった。 思いもよらない魔女案件で、先輩刑事達が次々と殉職していく中、生き延びた彩加は警視庁本部からの命令で魔女狩りの専門チームに出向させられてしまうのであった。 そして舞台は女子高等学校。 聖マリアンヌ女学園で次なる魔女事件が発生すると言う予言を受けて、潜入捜査を開始するハリエットと彩加の即席コンビ。 そこはローズガーデンと呼ばれる、特権階級を持った生徒達が支配する秘密の花園であった。 白薔薇と呼ばれる絶対的女王と、それに従うローズガーデンのメンバー達。 潜入捜査を始めた直後、殉教者(マーターズ)と呼ばれる次期白薔薇候補を巡る儀式の中で、女性教諭が謎の死を遂げた。 ハリエットと彩加はそれが、魔女に繋がる凄惨な事件の幕開けであることを予感するのであった。 殺戮者・魔女と、それを追う者達の闘いを描いたアクションホラーサスペンス。