異世界ファンタジー 短編 完結済

下っ端盗賊娘が奴隷市場で女の子を買って育てる物語

作者からの一言コメント

主人と奴隷から、かけがえのない存在へ

一年に一度、地図にも乗っていない小さな島で奴隷市場が開かれている。 盗賊団の中で一番の下っ端『ラティ』は、大富豪の家を襲撃した際に偶然手に入れた大金を持って、奴隷市場へと足を運んだ。 だが、手持ちの大金だけでは買える奴隷も限られてくる。 もう帰ろうかと考えるラティの目に、やせ細った少女が安く売られているのが目に入った。 ――そして2人はかけがえのない存在になる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 下っ端盗賊娘が奴隷市場で女の子を買って育てる物語
作者名 桐山一茶
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル シリアス 女主人公 異能 百合 盗賊 奴隷
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年11月10日 16時11分
最終投稿日 2020年12月1日 17時22分
完結日 2020年12月2日 10時28分
文字数 9,894文字
ブックマーク登録 9件
コメント 5件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 12,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年3月9日更新

    小学1年生が椅子でモンスターと戦い、椅子で暮らし、椅子で移動する。椅子テントは最強の防御! 防災頭巾の床も完備! 椅子トイレと椅子風呂も至れり尽くせり……だけど電源と排水がどうなってるかは全く謎!! 「待って!? 学校の椅子ってこんな使い方するもんだったっけ!?」 「椅子は投げる物」と幼稚園時代から擦り込まれている子供たちがモンスターを倒せば、ドロップする黄色いコンテナには、お弁当から毛布まで必要な物が詰め込まれていて。 「何このシステム! 至れり尽くせりで気持ち悪っ!!」 担任教師は理不尽と不条理に今日も頭を悩ませる……。 新白梅小学校1年1組の児童34人と担任の茂木美佳子は、遠足の途中で気がついたら異世界にいた――。 襲い来るモンスター。密かに撃退実績のある子供たち。 「椅子があればいいのに!!」――そう誰かが叫んだとき、その手には椅子が現れていた。 児童の発想に頭ぐらんぐらんしながら、ひとりだけ「椅子召喚」できないみかこ先生は、今日もひとり理不尽と戦い、モンスターから子供を守るために指揮を執る。 子供たちが異世界に召喚された理由は何なのか。元の世界に無事帰ることが出来るのか。……考え始めると担任教師は胃痛が治まらない。 この小説は他の投稿サイトにも掲載しております。

  • 一夫多妻ドタバタホームコメディー!

    ♡1,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・13,979字 高橋一歌

    2021年3月9日更新

    スナキア家。 チート級の魔力を持つ魔導師一族。 その力は一国の国防・経済を支えており、スナキア家を失えば国も滅亡する。 全国民がスナキア家の繁栄を願い、ヴァン・スナキアには一夫多妻が認められた。 ヴァンは八人の麗しい妻を迎える。熱烈に愛し、猛烈に愛され、幸せに暮らしていた。 だが、妻たちは異種族。ヴァンとは子どもが望めない。 彼は国中から「話が違う」と激しい批判を受けていた。 ……ヴァンには誰にも言えない深い事情があるのだ。 どれだけ非難されてもこの結婚を続けなければ、世界は破滅に向かう……。 一人の孤独な魔導師と八人の○○な妻が、世界を敵に回して繰り広げるドタバタホームコメディー。 (小説家になろうにて先行公開中)