エッセイ/評論/コラム 短編集 連載中

はなっち「つぶやき」ノート

作者からの一言コメント

「専業主婦」は暇じゃないとも言い切れない

はなっち「つぶやき」ノートの表紙

お勤めしていた頃 職業欄に「専業主婦」と記することに憧れておりました。あの頃の「憧れ」今何処? 日々の暮らしの中でフツフツと湧き上がる「胸の内」誰かに打ち明けたいけど....真剣に聞いてくれる人なんていません。 ノンフィクションをノートに綴ります(時には赤裸々に?) あ、のんびり更新です...

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 はなっち「つぶやき」ノート
作者名 はなっち
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月11日 5時00分
最終投稿日 2021年1月12日 15時00分
完結日 -
文字数 23,276文字
ブックマーク登録 30件
コメント 146件
スタンプ 127件
ビビッと 8件
応援ポイント 117,892pt
ノベラポイント 150pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 何でもない文字書きの戯れ言

    ♡1,000

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・3話・3,982字 鯖野丹戸見

    2021年1月28日更新

    エッセイやその類を書くというのは、頭蓋に穴を空け溜まりに溜まった澱を注ぐことなのかもしれない。 頭の中がパンクしないように、日々思ったことを書き連ねていけたらと思います。 それ以上に、連載が止まっている中での生存報告という名の言い訳という意味合いが強いです。

  • ネタにどうぞ

    ♡49,380

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・17話・38,131字 kazura

    2021年1月28日更新

    ズヒューン、相手のライフルから発射されたビームが動力源の核融合炉を貫いた。ドカーンという轟音とともにその機体が爆発した。 「野郎!」と仲間の死に激高した彼はその機体を追った。「待て。退け。重力に捕らわれるぞ。」という上官の声は彼の耳には届かなかった。 しばらくすると彼の機体は大気との摩擦で真っ赤に染まった。「しまった。」と彼は思い、引き返そうとしたが強大な重力に逆らうほどの推力は出せない。 機体は崩壊をはじめ、恐怖におののいた彼は「助けてください、少佐!」と叫んだが、通信機能はすでに破壊されていた。 実はこの一文には科学的には正しくない表現が含まれています。 物語だから、フィクションだから、異世界だからで片づけてしまうのはもったいない。 科学的に正しい表現を使うことで、物語に厚みと説得力が出てくるはず。 それに、科学は創作のネタの宝庫と言っても過言ではありません。 「錬金術」など科学そのものです。 科学を知れば物語が生まれてくる。 というわけで、科学オタクのkazura がお送りする科学コラムです。 創作のお役に立てていただけたら幸いです。 とはいえ、科学オタクの私にも得意な分野と不得意な分野があります。 得意…「生物」・「化学」・「地学」・「宇宙」 不得意…「物理(とくに理論物理)」・「数学」 というわけで、数式はほとんど出てきません。数式が苦手な方も安心してお読みください(どうしても必要な時は最低限の数式が出ます)。 ガチ勢の方や専門家の方で間違いや説明不足の点を発見したら、ぜひご指摘ください。 リクエストがある方もどしどしお寄せください。 ただし、分野や内容によってはお応えできないこともあります。 また、難解な言葉や表現は避けて「わかりやすく」を第一にしていますのでどうしても浅くなりがちですが、詳しく知りたいと思った方は各自で調べるか「ここを詳しく」とリクエストをいただければ後にお話しするかもしれません。 ※冒頭の一文は某アニメとは関係がありません。似ているだけです。 ※不定期で気が向いたときに更新