SF 長編 連載中

10連休に遊びに行くなら、たとえばこんな異世界

作者からの一言コメント

ワルコフユニークPV一万人;突破記念作品

10連休に遊びに行くなら、たとえばこんな異世界の表紙

計画してた旅行に大人達が急用で行けなくなった。 ということで子供達だけで行くことになったバスツアー。 「ちょっと、後がつかえてるんだから早くして」 振り返ると巨大な旅行ケースを下げた、見たことも無いような美少女が。 なんか超絶派手な観光バスに、軍服みたいな制服の添乗員達。 出だしから怪しいこんなバスツアーが普通の旅行になるはずも無くて…… ※2019/08/11 17:20から執筆(投稿)を開始しました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 10連休に遊びに行くなら、たとえばこんな異世界
作者名 susanowa
ジャンル SF
タグ コメディ アクション/バトル 現代日本 チート 旅行 美少女 AI 残念美人 火力 バス 科学
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年12月13日 16時00分
最終投稿日 2021年4月10日 20時20分
完結日 -
文字数 300,330文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    30,900

    340


    2021年4月10日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間45分

    この作品を読む

  • ホームレスでしたが、このたび結婚いたしました。

    神様。これはいったいなんの悪戯ですか?

    46,410

    3,940


    2021年4月13日更新

    「じゃあとりあえず、キスしてみる?」 ワケありでホームレスをしていたわたし、七瀬りん子(ななせりんこ)27歳。 成り行き上、なぜかイケメン社長と結婚することに。 そこに愛はなかった……はず、なのに? 「そろそろくれてもいいんじゃない? きみの心と……身体」 そんな大切なもの、そんなに簡単にあげられませんよ、社長!? 「社長……はちみつの味がします」 「社長じゃないでしょ?」 「え?」 「ベッドでは、名前で呼んで? りん子」 甘い甘い、恋物語。 ① 幼馴染にバージンを奪われたと思い込み、幼馴染のいる地元から逃げてきたりん子は、働き先も見つからず、ホームレスになっていた。そこへ大企業の社長があらわれ、「なんでもする?」と聞かれ、就職先のことかと勘違いしたりん子が「なんでもします!」と返事をし、そのまま婚姻届を出されてしまう。事実上、社長である椛と結婚したことになり、新婚生活を送ることになる。また、椛はりん子を自分の秘書のひとりに加える。 ② 翌日から秘書として椛の会社に行ったりん子は、そこで、幼馴染が椛の秘書になっていることを知る。(椛の秘書はりん子を含めてふたりということになります)幼馴染に「社長がおまえがバージンじゃないって知ったらどうするんだろうな」とかいろいろイジメられながら、そして椛に溺愛スキンシップをされながら、りん子は仕事をこなし、新婚生活を送っていく。 ③ りん子はずっと前に好きだった大学の先生のことを時々思い出し、そのことも椛に感づかれて溺愛スキンシップ(嫉妬含み)もされてしまう。幼馴染に「バージンじゃないと知られたくなかったら言うとおりにしろ」と脅され、裸の絵を描かれる。後日幼馴染がその絵を椛とりん子の前に出してみせ、「俺たちはこんな関係です」と言っても、椛はあっさり嘘を見抜き、絵を没収。幼馴染はりん子のことが好きだからこんなことをしていたのだが、それも幼馴染はやっとりん子に告白。 それからいろいろあります🌷 ※乙女チック原作コンテスト参加作品です。 読者さまのペースでお楽しみください🐇💕

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • VRゲームでも運と愛し合おう!

    こんなゲームがあったらいいな

    7,600

    5


    2021年4月13日更新

    演劇型オンラインゲーム『レアスナタ』 このゲームを中学時代からプレイしていた長谷川羽島は、正式版の稼働を楽しみにしていた。 ここまで彼がレアスナタに固執するのは、このゲームが彼を救ったからだ。 中学時代、当時の友人達と人気オンラインゲームをしていた。 それなりに楽しんではいたのだが、事件が起こる。 自分のアイテムを馬鹿にされ、友人達や周りのプレイヤーの会話も、罵倒や下ネタだらけでネットマナーも欠片も無かった。 友人に嫌気が差して縁を切りゲームも辞め、その後親戚からレアスナタを進められる。 レアスナタは個人情報をしっかりと登録しないと出来ないゲームであり、一度アカウント停止されると復帰は出来ない。 そして運営がネットマナーを徹底し、プレイヤーもまたお互いが気を使いゲーム内の空気が凄くいい、こうして彼はのめり込むのだった。 成人してからも仕事をして、休日にはレアスナタをする、そのサイクルが変わる事は無かった。 しかし、一つの出会いがそのサイクルを徐々に変えていく。 同じ職場の荒野原終と意気投合、彼女も中学時代からレアスナタをプレイしていた。 仕事帰りや休日に良く遊ぶ様になり、2人の時間が増えていく。 最高の仲間達と共に最高の舞台を作ろうぜ! 残酷、暴力はゲーム内の演出です。 性描写はキャラクターの設定やセリフ回しで匂わす程度です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間55分

    この作品を読む

  • 巨大女子の惑星

    久しぶりの新作です

    1,100

    0


    2021年4月13日更新

    宇宙のとある惑星。その星は、巨大女子が文明を築いた「ユリ星」と呼ばれていた。このお話は、彼女たちの巨大生物との日々である!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む