完結済 長編

めるぱん!! 七人の妹

作者からの一言コメント

シス婚可能な世界で7人の妹に囲まれる生活

 魔導を手に入れた人類は、ホウキに乗って空を飛び、積層する都市に住むメルヘンとパンクが入り交じる世界の住人となった。  しかしその人類はあと1000年で滅亡が予言され、徐々に終末に近づきつつあった……。  人間はもちろん、月の住人、宇宙人に神々や幻獣などの幻想生物やらロボットなど、全てのファンタジーを内包する世界で生きる人々の人間模様を描いた物語。  高宮佳弥の家に突如妹を自称する美少女が現れ、騒動が巻き起こる?! それぞれ魅力的な七人の妹を持つ佳弥が新たに現れた妹、遥奈をどうしていくのだろうか?  この作品はハーメルン、小説家になろう、カクヨムとのマルチ投稿となります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 めるぱん!! 七人の妹
作者名 小峰史乃
ジャンル SF
タグ 未来 魔法 ファンタジー パンク ロボット 魔法少女 メルヘン 恋愛
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月21日 23時54分
最終投稿日 2019年8月6日 20時23分
文字数 141,102文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 3件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 嘘を見破れなければ作品を読むのは難しい

    ♡116,331

    〇700

    恋愛/ラブコメ・連載中・65話 桜川凛

    2020年7月11日更新

    大切な妹の春月へ、 あなたが転生者であると聞いて驚いています。 だけども、その事実が智絵里を救うことのためらいをなくしました。 死ぬことが怖くないなんて言わない。 ――ほんとは、生まれてこなかったことになるのだから、 死ぬよりももっと怖いのかも知れないけど。 この世界で智絵里が救われて、みんなが幸せになれば私は消えます。 春瀬美月という人間はいなかったことになります。 それでも、エヴァリーナお嬢様の使用人――不良なルチアはあなたの記憶の中にあります。 私はそれだけで充分です。 誰かの記憶にあるのだから、すなわち生きていると言ってもいいんだ。 ルチアとしての話は語るべくもありませんが、 春瀬美月の話は「ササラ」と名乗っている女の子に聞いてください。 彼女ならばすべて話してくれるでしょう。 繰り返しますが、あなたの記憶の中にわたしがあるのならば、 わたしは生まれてきてよかったと本当に思います。 お母さんとも仲良くしなければ駄目ですよ? 幼なじみの美留ともです。 この世界ではお母さんでもなければ、幼なじみでもないかも知れませんが、 あなたの大好きな智絵里が大好きな二人ですから、きっと仲良くなれるはずです。 マッキーとも、聖歌姉さまとも、仲良くしなければなりませんよ? 一見すると怖いかも知れませんが、聖歌姉さまは7段の掛け算が出来ません、今度いじってあげましょう。 お母さんの妹、パナリィーンもとってもいい子です。 学園長である、アサツキ様もとってもいい人です。 乃絵美とヒナタはついでくらいに仲良くしておけばいいです。 最後に、みんなと仲良くなったあなたは私のことを忘れてしまうことでしょう。 忘れてしまえば、悩むこともありません。 姉はそれを願っています。 ――知ってましたか? このあらすじ、実は全部女神が考えたんですよ? 【警告】 今作品は作品を書くクリエイターに悪影響を与える、思想、ネタ、発言などが多々存在します。 全ては嘘っぱちであり、真実ではありませんので重々承知してくださるように願います。 https://estar.jp/novels/25566259/viewer?page=1 読むのは必須ではないですが、みんな苦労してるんです……

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る