文芸/純文学 長編 連載中

僕らの宝

作者からの一言コメント

読んでくれると有難いです! 

読了目安時間:16分

出産後から始まるヒューマンドラマ。一児の父と一児の母になった二人。名前もこれから考えていこうと奮起する二人。宝と思える存在が出来て嬉しい。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕らの宝
作者名 えんどうりょうじ
ジャンル 文芸/純文学
タグ ヒューマンドラマ 日常 一児の父 一児の母 出産
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月8日 23時06分
最終投稿日 2021年4月4日 18時06分
完結日 -
文字数 8,196文字
読了目安時間 16分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 小槻先生の秘密

    ヒューマンドラマ

    320,200

    8,973


    2021年9月25日更新

    人見知りの中年作家・小槻健司は、年中自宅に引きこもって小説を書くだけの生活を送っている。彼にとって「作家」は職業というより、もはや生き方といえた。 ある日、「たまには......」というほどの気持ちで外に出てカフェに入った彼に大学生の野上萌が声をかける。偶然にも彼女は作家・小槻健司のファンだった。健司は咄嗟に自分の正体を隠すが、「自分の小説を読んでほしい」という萌の強引な頼みを断れずにUSBメモリを受け取る。 萌との関わりを億劫に感じながら、「実は作家・小槻健司である」という秘密を守ろうとするたびに意外な一面を発揮する健司。唯一の親友であり恩人でもある玉置恭介、そしてその息子の幸一など、まわりの人々を「秘密保持」のために巻き込みつつ、彼は人生のターニングポイントを迎える。 ある意味で人生の終局までを見通せてしまっているような男が、一つの出会いをきっかけに新しい境地を切り拓いていく。そして彼の姿が「秘密」に関わる人々にさまざまな力を伝播していく。 互いに影響しあいながらそれぞれの失敗、苦手、弱み、壁、に立ち向かい、答えを探していくヒューマンドラマ。

    読了目安時間:7時間19分

    この作品を読む

  • 六線譜

    完全新作。どこにも出してないものです。

    55,500

    0


    2021年9月25日更新

    ありもしない。あってはならない。あり得ない話。虚像。 しかしながら、近い未来、起こりうる話。

    読了目安時間:2時間17分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • プラトニックキス

    キスで戦う異能ガン・アクション序章

    4,500

    0


    2021年9月15日更新

    二十二世紀を間近に迎えた世紀末2190年。 人間の持つ精神エネルギーを物理的なエネルギー「精気」として利用する技術が誕生したことで、日本国内でも銃器を用いた事件が多発するようになってしまった。 治安維持を目的とした特殊探偵業制度が制定されたことで治安の悪化こそ免れたが、この平和は一般人の知らない裏で悪党と警察や探偵が血を流すことで保たれている。 そんな社会情勢の日本の首都、東京の池袋で特殊探偵業を生業として生活している青年壬生開人とその相棒である美少年病田恭介。 「ブクロの狼」「壬生狼」などの二つ名を持ち、悪魔の末裔とされるカイトは強大な精気であらゆるものを破壊できるのだが弱点が一つ。 それは精気の回復能力が放出量に見合っておらず、一度ガス欠になったら立て直しが難しいということ。 彼の欠点を唯一補うことができるのは、淫魔の末裔とされる少年、恭介ただ一人。 出会いの日、恭介のキスで窮地を救われたカイトも最初は困惑していたのだが、次第に恭介とのキスなしでは満足できなくなっていく。 それはカイトを兄のように慕う恭介もまた同じだった。 二人は情愛と煩悩の間に心を惑わせながら次の戦いのために唇を求めあう。 【応募テーマ】 バディ 【登場人物】 ・壬生開人(みぶ・かいと) フリーの特殊探偵業を営む青年。 割と俺様タイプな性格だがおねだりに弱い。 攻めに見せかけた受け。 ・病田恭介(やまだ・きょうすけ) 淫魔の末裔と呼ばれる条件を満たすことで他者に精気を分け与える能力を狙われている少年。 カイトに救出されてからは彼と同居しているが、意図せずカイトを誘惑している。 誘い受けからおねだりを絡める攻め。 ・壬生圓(みぶ・まどか) カイトの従兄妹で幼馴染。 幼い頃からカイトに片思いをして尽くしているが、彼からは異性として意識されたことがない。 そのため恭介に対してはやや嫉妬気味。 【その他】 ひとまずカイトと恭介が出会うまでの話を書く予定です。 【追記】 スタンプを頂いた冒頭の「序」ですが、その次の「依頼内容」と合体させて再構成した都合で、非表示のボツ原稿送りにしました。 スタンプが消えてしまいすみません。 →ボツ原稿分を最後2つとして再掲載しました

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む

  • サヴァイヴ・アライブ ―殺戮人形の矜持―

    死人に口なし、生き残れ

    254,027

    1,865


    2021年9月18日更新

    現在……過去……そして未来……様々な時間軸を扱ったサバイバル・ストーリーとなります。 ---------------------------------------------------------------------- ・『未来』あらすじ 第二次大革命を引き起こしたとされるテロリスト「キング」は人質と共に高層ビルを占拠。 かつてのキングの仲間の少女とともに出動した英陸軍特殊部隊「SAS」はキングと対峙する。 少女「ミラ・クラーク」を見たキングはあっさりと降伏する。 ミラとキングの間には悔恨と贖罪の記憶があった――。 ・『現在』あらすじ 巨悪にしてカリスマ、と評されたヴィクター・バーンズが未曾有の大暴動「大革命」を決起してから10年余りが経った。 再建した米国「リ・アメリカ」の主要都市の至るところで暴動の余波と疲弊する公安組織があり、国全体が悲鳴を上げているようだった。 バーンズが中東の某国で細菌兵器の取引を行うことをチャッチした軍事情報組織「A.S.F.」はデザイナー・ベイビーの出自を持つ戦闘人形部隊「ドールズ」を現地へ派遣する。 バーンズの打倒が大革命の沈静化につながると睨んだドールズの人形「カイル・カーティス」は仲間の「ジョン・ヒビキ」、「ミラ・クラーク」とともにバーンズと対峙する。 カイルとバーンズの間には浅からぬ因縁があった――。 ・『過去』あらすじ それぞれの人物の動機が明かされる―― 絶体絶命、孤立無援……生き残れ。 キャラクターデザイン(敬称略):ざわ姐、Rida ※「カクヨム」様でも好評連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む