完結済 長編

【emergency】魔法使いは、喋る伝説の聖剣を拾って旅に出る……魔術書も買わずに。(改稿中)

作者からの一言コメント

魔法使いと聖剣の友情を描いた冒険物語です

2020.06.01 現在、【18】Volcanic island~魔王教徒・アジト決戦~ の改稿を行っております。ご迷惑をおかけします。 モンスター討伐の冒険者「バスター」を目指す魔法少年シークは、ある日、森で立派な剣を見つけた。 けれど、魔法使いになるのに剣はちょっと……。 と、元の場所に置いて帰ろうとしたら。 「よし、見なかった事にしよう。俺にはどうしようもない」 「はい!? ちょっと、ちょっと、まさか置いていくつもりかい?」 えっ? 今、剣が喋った!? しかも元の持ち主は300年前の伝説の勇者だったと言いだして……!? ああでもない、こうでもないとおだやかな掛け合いを見せつつ、 拾ってしまったが為に聖剣バルドルに言われるがまま剣術で戦うシーク。 色んな人と出会い、色んな場所を巡り、モンスターとの死闘を繰り広げ、 少し他人よりお人好し過ぎるだけで普通の田舎の純朴少年だったシークは、 いつしか仲間と共に英雄と呼ばれるようになっていた……。 魔法を使いたい魔法使いと、剣術で戦わせたい喋る伝説の聖剣が共に旅をする、 ギャグあり、シリアスありの冒険バトルファンタジー! 白熱の戦闘シーンや、シークとバルドルのアメリカのコメディドラマのような、リズミカルで愉快な会話を是非お楽しみ下さい。 2019.11.22 本編完結。 2019.12.29 表紙絵変更、および以前の表紙絵に背景を加え、エピローグに掲載。 2019.12.29 chit-chatの一部を【encore】へ移動し、新話を追加。 2020.05.27 番外編【Reunion】―あの夏の日、英雄に憧れた者たちへ― 連載開始。 * * * * * * * * * * * * * * * * * * ※小説家になろう、カクヨムでも公開中です。  小説家になろう版の方が若干進んでいますが、内容は同じです。 小説家になろうにて、2020年5月時点で135万PV達成。 第8回ネット小説大賞(なろうコン)一次選考通過。 第1回、第2回ノベプラ大賞一次選考通過。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 【emergency】魔法使いは、喋る伝説の聖剣を拾って旅に出る……魔術書も買わずに。(改稿中)
作者名 KATE
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 笑いあり 男主人公 現地主人公 魔法 ほのぼの&シリアス 冒険 モンスター 友情 成長 王道 アクション/バトル 聖剣 第2回ノベプラ大賞 成り上がり 努力してコンビで最強
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月14日 19時45分
最終投稿日 2020年6月6日 7時21分
文字数 1,140,815文字
ブックマーク登録 176件
コメント/スタンプ 1,011件
応援ポイント 277,300pt
ノベラポイント 6,735pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • なろう、アルファポリス、カクヨムも投稿中

    ♡12,300

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・325話 龍央

    2020年6月7日更新

    助けた女の子が神様? しかもその神様に俺が助けられたの? 助かったのはいいけど、異世界に行く事になったって? これが話に聞く異世界転移ってやつなの? 異世界生活……なんとか、なるのかなあ……? なんとか異世界で生活してたら、今度は犬を助けたと思ったらドラゴン? 契約したらチート能力? 異世界で俺は何かをしたいとは思っていたけど、色々と盛り過ぎじゃないかな? ちょっと待って、このドラゴン凄いモフモフじゃない? 平凡で何となく生きていたモフモフ好きな学生が異世界転移でドラゴンや神様とあれやこれやしていくお話し。 基本シリアス少な目、モフモフ成分有りで書いていこうと思います。 1話2800文字~3500文字以内で投稿させていただきます。 この作品は小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、マグネットマクロリンクにも投稿しています。

  • 暗黒神に生まれ変わってしまった僕の物語。

    ♡159,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・96話 EDA

    2020年6月7日更新

    目を覚ますと、僕は暗黒神に生まれ変わっていた。 暗黒神は、すべての魔物を統べる最強最悪の存在であるという。 そして現在、この世界は魔物と人間によって存亡を懸けた戦いが繰り広げられていた。 僕は暗黒神として、人間を滅ぼすべきであるのか。 それとも、共存共栄の道を探すべきであるのか。 数々の魔物に取り囲まれながら、僕は僕なりに自分の進むべき道を模索することにした。 *当作は、「ノベルアップ+」「小説家になろう」「カクヨム」にて同時更新していきます。