初心者にもわかりやすい異世界哲学〜世界最強の職業保持者は相互理解不能です〜

読了目安時間:4分

エピソード:9 / 20

『復讐者達』 彼らは、王都に多数のアジトを作っていた。 なんの変哲も無い商店街にある店の1つ、その地下に極秘に作られた研究室も、そんな彼らの居場所である。 研究室にあるのは、多くの魔物のしたい、人間の死体、亜人種の死体。 数え上げればキリが無い死体の数と、異臭。 そして、実験対象の悲鳴、これがこの研究所にある日常だった。 そんな研究所の奥、復讐者達のリーダーであるガラゾフの部屋には1つの大きく丸い机と、5つの椅子があった。 それは、ある意味円卓にも似ている、主人も含め、ここに座る全ての人間が平等であるという証。 かつてガラゾフが求めた平等の精神を上手く表していると言えよう。 あくまで形だけのもので、その本質はガラゾフを絶対的主人と見て信奉する信者の集団こそが復讐者達の正体なのだが、それはそれとしてこの椅子には確かに意味があった。 そして、そこには既に、4人の悪魔が座っていた。 1人は長身、フランケンシュタインを思わせるように彼の体はツギハギで、かつその手には戦鎚を構えていた。服はボロボロで、浮浪者にも見えるが、その巨大な体が、彼がただの浮浪者では無いということを証明している。 体躯は3メートルを超えており、この部屋のドアが異様に大きいのは、彼の体躯に合わせた証拠とも言われている。 『破壊者』 ドゥルガ 彼はそう呼ばれていた。 2人目は女性、娼婦を生業にしているかのような厚い化粧と肌を露出させすぎなその衣装は、挑戦的に見る男を引きつける。 ブランドの髪と、豪華な宝石を身につけた彼女は、どんな貴族の夫人なのだろうかと思わせるほどの上品な色気を漂わせつつこの場にいた。 『娼婦』ヴェイダ 彼女はそう呼ばれている。 3人目は少年、赤いペストマスクを被ったその子供は、ぶかぶかな上着を楽しそうに弄んでいる。 足をせわしなくぴょこぴょこと動かし、まだ10代であるだろうその未成熟な体は、しかし一眼見て近づき難い雰囲気を体から発していた。 『悪医者(ヤブ医者)』ゾルダ 彼の2つ名はそれだった。 最後は老人、彼女は見た目だけならごく普通の一般人だ。現に普段は商店街におり、名物老婆として子供や街のみんなに慕われている。 年齢は60代ほどだろうが、この時代の寿命から考えると十分に長生きと言える彼女は、それでもまだまだ元気であり、曲がった腰とその笑みは見る者を安心させるのだ。 だが、その本質は血に染まっている。 『???』アルメア この4名こそが、集団の核であった。 「ねぇ、リーダーはまだ来ないの?ボクもう待ちきれないよ。」 「もう少し待ちなさい、リーダーはすぐ来るから。」 そう言うゾルダを、ヴェイダが優しく嗜める。 「あの人はいつも遅れて来る、そういう性分なのさ。わかってあげておくれよ。」 「・・・・」 アルメアがそう言うと、ドゥルガも同意するように頷いた。 「そっかー!リーダーが来たら何しよう〜ボクねぇ、最近良い亜人を見つけちゃってさ!良い泣き声なんだーソイツがさぁ!ボクもう我慢出来なくって出来なくって、みんなにも聞かせてやりたいんだよ!」 「そう?それは楽しみねぇ」 「ムチを打って!背中を焼いて!水に浸して!あぁあの子がキレイになっていく様をみんなに見せたいよ、そして、ボクはキレイになったあの子を見てそれを抱くんだ〜あぁその時が楽しみだよぉ!」 「・・・・」 ゾルダは、狂ったように叫び続ける。 明らかに集団の目的とはズレた行為ではあったが、敢えてそれを止めるような人間もいない。ここにいるのは異常者ばかりだ、人を殺し、人を貪り、人を犯す集団の末路。 リーダーが止まればそれは止まるだろうが、リーダーたるガラゾフはそれを遥かに超える悪逆を行なっているのだ。わざわざそれを止める意味も無いだろう。 そして、そんなリーダーは4名の前に現れた。 骨と皮だけの悪魔の男、彼は、いつもの姿で4人が座っている席に腰かけた。 ゾルダも、空気を読んだのかピタリと発狂を止める。 「お久しぶりでございます、ガラゾフ様。」 「これだけのメンツが揃うのっていつぶりなんだろうなぁ〜あ、ボクは入りたてだから関係ないか!」 「シンアイナルガラゾフサマ、ゴキゲンウルワシュウ」 「どういった要件でしょうか、全ての幹部を集めるなど。」 アルメアも、ヴェイダも、ドゥルダも、彼らにとっては珍しく、自らの主人に恭しい態度をとってそれを迎えていた。 主人からの要件は1つで、それも至ってシンプルなものであった。 『魔術学院を襲撃しろ』 それだけ。 「誰を殺しても構わん、魔術学院の生徒、教師、守るべきものは1つも無い。未来の可能性を潰せ、後々の禍根を絶つのだ。」 そう言うガラゾフの前に、4人は歓喜に満ち溢れたような手でそれを見ている。 「ん〜〜!!良い男がいるかしら!」 「ワレハハカイシャ、ナレバアナタサマニイワレタトオリコワスノミ。」 「ねぇねぇ!魔術学院(そこ)に良い玩具がいたら持って帰って遊んでも良いかなぁ!いいよねぇ!」 「老骨にムチ、打たせて頂きますぞ!」 満足した、そんな顔をしながらガラゾフは面々の顔を見て頷く。 「あそこで起こることは何があったとて不満にする、行くぞ、戦士達よ。我らが悲願の為に!」 「「「「我らが悲願の為に!!!!」」」」 かくて、戦士たちは立ち上がった。 目標は、魔術学院。 目的は、不明。 襲来は、もうすぐ。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界パティスリー~剣と魔法と甘いモノ~【新装開店】

    Re:現役パティシエによるファンタジー

    600

    0


    2023年2月7日更新

    ※この作品は以前投稿していた物を修正、変更したものです。以前よりも読みやすく、パワーアップしている筈なので、是非お読み頂ければ幸いです。 パティシエ歴4年の長谷川類(24)は義務感によって毎日機械的に仕事をしていた。ある日いつもの改札を通ると、その先は異世界で―――― 過去に存在した異世界人。己を稀人と名乗り王へと至った。 偉大なる建国王が讃えられる国、カムヤ王国。 同じ稀人として、どんな偉業を成し、何を異世界に残すのか……。 剣と魔法のファンタジーな異世界で、果たしてパティシエとして生きて行く事ができるのか。 【創造魔法】そんな力を手にし、無双状態。 しなし、パティシエとして生きていきたい彼。 だけど彼の異端な魔法を周囲が放っておく訳もなく――――そんな物語です。 なんだかんだ言ってお菓子作りになると熱中しちゃう、どこにでもいるパティシエのお話。 魔法など出しますが、割とガバガバ設定。 主人公の能力は最序盤で出来上がります。 お菓子作りがメインなので悪しからず。 作者がパティシエです。 あくまで自分が通ってきたパティシエとしての目線で書くため、他のルセットやらなんやらと違うとは思いますが、そういう作り方もあるんかなぁと思って読んでください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • 僕の嫁はオークの酋長!

    追放系の物語ではなくて家出系で御座います

    207,251

    2,513


    2023年2月8日更新

    GA文庫の公募の一次審査を通った作品の改修版で、第6回カクヨムコンテスト中間選考作品で御座います 本当に何もできない普通の少年健太は、ある日、ある夜に、突然異世界へと強引な誘いにより転位、転生。ついた先は、自身が初めて見る光景……。 そう、彼が本や雑誌、SNSの写真や動画でしか見たこともないような世界である。アフリカや東南アジアの熱帯雨林の原生林が覆い茂るジャングルへと彼は、意識が無いままで強引に召喚されてしまう。 でっ、強引召喚された少年健太なのだが。彼が徐々に意識を回復すればね。彼の口の中で何やら違和感。得体の知れない物、大変に柔らかい物が、健太の口の中で暴れ、動き回るのだ。だから彼は驚愕! 慌てて自身の瞼を開ければそこには、紅の長い髪と緑色の肌を持つ女性の姿があるのだ。 だから健太は更に驚愕しながら彼女、緑色の肌を持つ麗しいお姉様へと「あなたはだれなのですか?」と、問えば。 彼女はニコリと【お坊ちゃま】のように可愛く、愛らしい健太に微笑みかけながら。 「私はアイカ! 今から君の妻であり。妃となる者だよ!」と。 緑色の肌を持つ麗しく、美しいアイカお姉様は、自身の御自慢の爆乳で胸を張りながら彼、健太へと。自分は君のお妃様だと説明をしたところから始まる。未だ幼さも残る16歳の少年健太の異世界ジャングルファンタジー物語なのだが。 この少年健太は幸か不幸か、彼の幸が低いため。運がないためね。彼が召喚された世界、国、町、集落で、婿養子で漢酋長にはなるのだが。1度ならず? 2度も3度も冥府へと旅立ち他界……だけではなく。 最後には自分の嫁、妃であるアイカもNTRまでされてしまう何とも不幸な少年……。 まあ、最後にはこんな大どんでん返しまである追放系の物語ではなく家出をする物語で御座います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 九龍懐古

    香港ほのぼの日常系グルメ犯罪アクション

    47,587

    100


    2023年2月7日更新

    ジャンル日間1位 ウァーッ⁉マジカー!!!! 皆様のおかげ過ぎて五体投地_(:3」∠)_ 香港に巣食う東洋の魔窟、九龍城砦。 犯罪が蔓延る無法地帯でちょっとダークな日常をのんびり暮らす何でも屋の少年と、周りを取りまく住人たち。 今日の依頼は猫探し…のはずだった。 散乱するドラッグと転がる死体を見つけるまでは。 香港ほのぼの日常系グルメ犯罪バトルアクションです、話は繋がっていますが章ごとでも読めるのでお暇なときにごゆるりとどうぞ_(:3」∠)_ イメージを崩したらどうしようとビクビクしながらUPしている蛇足の絵 pixiv タグ #九龍懐古

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

  • Giftbiene

    負けたらエラいことなチェスで勝負する話。

    72,900

    1,000


    2023年2月7日更新

    ドイツ、ベルリンはノイケルン区。 ケーニギンクローネ女学院に通うシシー・リーフェンシュタールは、才色兼備な全生徒の模範。 しかし、彼女にはもうひとつの裏の顔がある。 それは違法な「賭けチェス」に興じていること。 そして「リスクを負う」ことに生を感じること。 底の見えない彼女の欲望は、大金のみならず、自らの身体、そして命までも賭けの対象として、生を貪る。 その先に待ち受けるものは、喝采か、破滅か。 堕ちていく、ひとりの少女のカタストロフィ。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む