異世界ファンタジー 長編 連載中

Kiss and Trans

作者からの一言コメント

キスしたら炎の大精霊がトランスした話

読了目安時間:1時間2分

精霊から人間が8歳の誕生日に与えられるとされる魔法の力、「ギフテッド」を誰しもが使える世界で、唯一その力を持たず、今に至るまで軽蔑の目で見られてきた少年、フィスト・スカーレット。  だけど魔力量だけは膨大なものだったらしい。それをとある理由で天界から人間界に現界した炎の大精霊である女の子に見初められ、契約を迫られる。  でもね、  その為に彼女が少年に憑依して、  その為にキスをして、  その度体が女の子になるなんて事がなければ、  もう少し喜べたし、滾る展開なんじゃと思ったのは本人だけの話。 ※シリアスの皮被ったコメディです。 以前短編で投稿していた「kiss and trance」という現代ものを異世界ものに再編しました。 「カクヨム」にも同じものを投稿しております

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Kiss and Trans
作者名 次郎マコト
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス コメディ アクション/バトル 男主人公 異世界 大精霊
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月4日 18時05分
最終投稿日 2021年6月13日 20時00分
完結日 -
文字数 30,942文字
読了目安時間 1時間2分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,235,126

    16,045


    2021年7月30日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:37時間49分

    この作品を読む

  • HOLE 穴について

    コズミックメンヘラファンタジー

    100

    0


    2021年7月30日更新

    ”穴”と呼ばれる謎の物体から冒険家《ツギハギ》によって持ち帰られた遺物によって王国の人々は快楽的な生活を享受していた。 だが、穴から噴き出した狂気は人から人へと伝播し全てを狂わせ、王国を伝説上の亡国にしてしまう。 それでも王国は狂気と霧の中で生きている。上流階級は一日中狂ったように薬物と乱交だらけのパーティーを開き、下層の労働者たちは異形の恐怖におびえながら夜を過ごす。王家は財宝と共に穴の中に消え、カルトと快楽殺人者が支配するこの国について語ろうとする者はいない。 だが冒険者たちは違った。ある者は財宝の為に、ある者は名誉の為に、ある者は悔悟の、ある者は人を探してと。彼らは狂気の霧に足を踏み入れるのだった。 そしてまた一人冒険者が現れる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • エレス冒険譚 ~竜騎士物語~

    転生ではない、王道系ファンタジーです

    239,300

    50


    2021年7月29日更新

    考古学者として旅していたカシムだが、誘拐された王女を偶然助けたことで、国王から「竜騎士」を目指すように命令される。 それは、この世界で最も恐ろしい十一柱の創世竜の元を巡らなければならない、「死刑宣告」と同義の命令だった。 この物語は、エレスという世界を舞台に繰り広げられる、カシムやその仲間たち、そして、さらに沢山の冒険者たちの物語である。 ※一応セルフレイティング入ってますが、それが主眼の話しではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29時間58分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    深い闇からも少女を救い出す為に動き出す。

    47,500

    365


    2021年7月16日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む