現代/青春ドラマ 短編 完結済

極彩色の世界

作者からの一言コメント

夢はあなたにとって一番美しい世界

読了目安時間:3分

僕は夢が無い。今も昔も。だから夢のある世界に憧れている。 そんな世界が好き。 そして、僕は僕が嫌い。今も昔も。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 極彩色の世界
作者名 ゆずっこ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ AMG夢コン 現代日本 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月13日 14時22分
最終投稿日 2020年9月1日 6時44分
完結日 2020年9月1日 6時44分
文字数 1,600文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ラピスの再生論

    変わりゆく社会を生きる人々のSF風群像劇

    92,500

    3


    2021年5月14日更新

    ――何かを忘れたように淡々と陽が昇り、月が出る。 七つの都市と七万の人口を抱える街、新都ラピスは今日も平穏だった。そこは、共同体を保つために人間が「生産」され「役割」の名の下に歯車として働く、人と社会の使役関係が逆転した世界。ラピスの最高権力機関・統一機関に所属するリュンヌは、読書家で人との関わりを苦手とするところ以外、ごく一般的な研修生として暮らしていた。19歳の秋、幹部候補生に抜擢される研修生が発表される日の朝に、異言語を話す少年ティアがやってきたときから、彼女の日常は、そしてラピスという世界は、徐々に変化していく。 形を変えゆく世界のなかで、自身を変革してゆく人々の群像劇。 ------ リュンヌ・バレンシア(ルナ)…… 本作の主人公。統一機関の研修生。事なかれ主義で厭世的、消極的でごく少数の人間としか関わりを持とうとしないが物語の中で次第に変化していく。本を読むのが好きで、抜群の記憶力がある。長い三つ編みと月を象ったイヤリングが特徴。 ソレイユ・バレンシア(ソル)…… 統一機関の研修生。ルナの相方で幼馴染。ルナとは対照的に非常に社交的で、人間関係を大切にする。利他的で、時折、身の危険を顧みない行動を取る。明るいオレンジの髪と太陽を象ったイヤリングが特徴。 ------ 全十章。 「小説家になろう」「NOVELDAYS」にも投稿しています。 他2サイトに投稿したものは完結済です。そちらを改稿し、順次投稿していく予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間42分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    2,400

    50


    2021年5月15日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 私はそんなに文章が得意ではなく、書きながら上手くなりたいというところで執筆を始めました。マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については慎重に扱いながら進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 ※すでに「小説家になろう」さんのサイト内でかなり連載しているため、そちらに追いつくまでは一日複数話を更新していく形をとります。(毎日8時台、11時台、14時台、17時台、20時台、23時台、1時台を目安に公開しています。) あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。 挿絵を追加しました。イメージしやすいようにマンドリンを描き、ちょっと文芸本の表紙っぽくしてみました。

    読了目安時間:6時間26分

    この作品を読む

  • 麗しのサブマリン

    女ピッチャーが草野球する話

    1,500

    0


    2021年5月15日更新

    ライバルがいた。 リトルリーグで女の子ピッチャーをつとめた西原ヒカリは周りの男の子は簡単に三振に討ち取れるのに、一度も空振りの三振に討ち取れないライバルがいた。 彼の悔しがる顔を見るのが夢。 だがある日、ライバル石崎隆から放たれた一球が運命を変えた。 2006年発表 Pixivより修正なしで転載

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む